買主から値引き(値下げ)交渉があった場合の対応

内覧などを済ませた方が物件を気に入れば、仲介を依頼してる不動産業者に購入の意思があることを伝えることになり、それを書面化して売主に報告されます。
この書面のことを業界用語で「購入申込書」や「買付申込書」といいます。

この買付申込書には、購入予定者が希望している価格や引渡し時期などが記載されていますが、あくまでも買い手側の希望ですので、条件面が合わなければ個々に交渉していくことになります。

この時点で買い手側の希望購入価格を知ることができるのですが、ほとんどの場合は売り出し価格よりも低い金額を希望しているのが一般的です。
例えば3200万円で売りに出しているマンションであれば、買い手側は3000万円ほどの購入希望価格を提示してくるでしょう。

値引き交渉に応じる姿勢は見せておく

3200万円を3000万円まで値引きするのか?という決断は売主それぞれの考えなので、私が口を挟む問題ではありませんが、「1円たりとも値引きに応じない」という姿勢はせっかくのお客さんを逃してしまう可能性もありますのでオススメではありません。

金額については言えませんが、多少は値引き交渉に応じる姿勢があることを見せておくのも大事だと思います。
ただし可能な限りは自分から値引き額を提示するのではなく、相手側に値段を提示させるような交渉をしてください。
つまり「いくらまで値引きできますか?」と相手に言わせるのではなく、「いくらまでなら出せますか?」という交渉がベストです。

値引き交渉で注意する点

購入者側が自分たちが住むマンションとして購入を検討しているのであれば、値引き交渉は多少強気に出ても問題ありません。
たいていの場合は、そのマンション(地域や間取り)を気に入って購入を検討しているのですから簡単には諦めたりはしません。

しかし、マンションを賃貸(収益物件)として貸し出そうと考えている投資家が購入しようとする場合もあります。このように購入希望者が投資家であるなら話は別です。
投資家は自分たちが住むための物件ではありませんので、事業性を最優先してきます。
つまり、自分が考えているだけの収益(利回り)を確保できないと判断すれば、簡単に他の物件へと矛先を変えてしまいます。

購入希望者が投資家である場合、値引き交渉で長々と駆け引きをするのは危険です。
1発勝負で交渉成立させるくらいの気持ちで挑むことをオススメします。

例えば3200万円のマンションだった場合、投資家が2900万円までの値引きを持ちかけてきたとします。その場合、「どう譲歩しても3020万円が限界です」というように、明確に金額を提示してください。
後は投資家側が収益性などをトータル的に考えて判断してくれます。

〜まとめポイント〜

  • 値引き交渉には応じる姿勢をみせる
  • 値引き価格などは買主側から提示させるようにする
  • 居住用であれば、値引き交渉は強気でもOK
  • 投資用であれば値引き交渉は短期決戦が望ましい
高く売りたい人必見!仲介業者選びの2大ポイント

賃貸でマンションを貸すのと売るのはどちらが得か?

不動産業者による「買取」は損か得か?

あなたの売却理由に合わせた達人のアドバイスをチェック!

  • 住み替えのために売りたい
  • 資産整理のために売りたい
  • 住宅ローンが支払えないから売りたい
  • 引っ越し、転勤のために売りたい
  • 離婚のために売りたい
  • 相続したが不要なので売りたい
ページトップ