持ち回りってなに?

マンションなどの不動産を売買する時、一般的には、売主と買主、そして仲介業者が立ち会った場で契約書を交わして記名、押印する、という流れで行われます。

しかし、売主と買主の住んでいる場所が非常に離れていたり、お互いにとても忙しかったりして、なかなか同じ日に都合をつけることができないこともあります。そのような場合に、仲介業者が、売主と買主の双方に出向いて記名、押印してもらい、契約を完了させる、または、売主と買主それぞれが別の日に来て記名、押印することを「持ち回り」または「持ち回り契約」と呼んでいます。

「持ち回り」の流れ

基本的な持ち回りの方法は、まず仲介業者が売主と買主の双方に、売買契約書と現状確認報告書、付帯設備表などの書類一式を渡してチェックしてもらいます。郵送の場合もあります。その後、それぞれから記名、押印をもらいます。

買主が先に記名、押印する

買主のところに仲介業者が出向き、諸書類に記名、押印してもらいます。そして、それを持って、次に売主のところに行きます。売主は、買主からの手付金が、決められた日に振り込まれているかを確認してから、契約書に記名、押印をします。

売主が先に記名、押印する

まず、売主に契約書を確認してもらった後で、記名、押印してもらいます。次に、買主に記名、押印してもらい、仲介業者は預り証を買主に渡して手付金を預かります。仲介業者は、売主に手付金を持っていき、手付金領収証を受け取ります。その手付領収証を買主に渡して、先に渡していた預り証を返してもらうと完了です。

これで、持ち回り契約が完了したことになるのですが、売主と買主の事情によって手続の流れが変わる場合もあります。

「持ち回り」のメリット、デメリット

一般的には、売主と買主のスケジュールが合わない場合や、遠方である場合に行われることが多い持ち回りですが、そのようなことがなくても行われる場合があります。

それは、双方が顔を合わせたくないような場合です。値段の交渉でもめた場合や、売買契約以外での関係が悪い(離婚した夫婦など)の場合、同席せずに契約を行うことができるので、あえて持ち回りにすることがあります。

ただし、記名、押印のタイミングが異なるため、トラブルが起きることもあります。契約は双方が記名、押印した時点で効力を発しますが、片方が記名、押印してから、もう片方の気が変わるということもあります。

いずれにしても、持ち回りは仲介業者に契約を任せることになりますので、信頼できる仲介業者をしっかりと選ぶことが大切です。

高く売りたい人必見!仲介業者選びの2大ポイント

賃貸でマンションを貸すのと売るのはどちらが得か?

不動産業者による「買取」は損か得か?

あなたの売却理由に合わせた達人のアドバイスをチェック!

  • 住み替えのために売りたい
  • 資産整理のために売りたい
  • 住宅ローンが支払えないから売りたい
  • 引っ越し、転勤のために売りたい
  • 離婚のために売りたい
  • 相続したが不要なので売りたい
ページトップ