売却活動に大きく影響する「レインズ」とは

インターネットがなかった時代、一般の人々が不動産の情報を知ろうと思ったら、不動産業者に出向くしか方法はありませんでした。しかし、インターネットの普及に伴い、今や誰でも簡単に不動産情報を見ることができます。

情報については、一般の人でも不動産業者と同じだけ得ることができるようになった…と言いたいところですが、やはり不動産の専門業者しか見ることができない情報があります。
それが不動産流通機構の「REINS(レインズ)」です。

「レインズ」って何?

レインズとは、不動産流通機構が運営している「Real Estate Information Network System(不動産流通標準情報システム)」の略称です。会員登録している不動産業者しか利用できないシステムで、レインズ通して不動産業者同士が情報のやり取りを行っているのです。

「不動産業者専門のシステムなら素人の自分には関係ない」と思っている人もいるかもしれませんが、レインズの仕組みを知っていると、売却活動が有利になる場合があります。私たちが知っておいた方がよいレインズの仕組みを見ていきましょう。

「レインズ」の仕組みについて

マンションを売ろうとしている人が、知っておいた方がよいレインズの仕組みをまとめてみました。

レインズのルール

専属専任売買契約(1社の不動産業者にのみ依頼する売買契約)と専任売買契約(自分で見つけた買い手とは、その不動産業者を通すことなく契約することができる)で売却を依頼した場合、業者はその情報を、決められた期間内に必ずレインズに掲載しないといけません。また、売買が成約した場合も、成約価格を掲載することが義務付けられています。

レインズの情報をチェック

レインズの情報は、不動産業者の専売特許のようなものですから、一般の人々になかなか教えてくれなくて当然です。しかし、売買契約を結んでいるにも関わらず、レインズの情報を見せてくれない不動産業者は、売却活動がきちんと行われていない恐れもありますので、一度きちんと確認することをおすすめします。

販売用図面を掲載しているか?

レインズには、細かな登録用のフォーマットがありますが、その一つに販売用図面を登録する項目があります。この販売用図面の登録は任意なのですが、登録しておいた方が売れやすくなることはいうまでもありません。

売却活動をしっかりと行っている不動産業者は、この販売用図面をしっかりと作りこんでいます。レインズにどのような販売用図面を掲載しているか、売買契約を結んでいる不動産業者に見せてもらう方がよいでしょう。

レインズに情報を載せたくない?

不動産業者の中には、レインズに売却情報を載せる前に、買い手を見つけようとすることがあります。それはなぜでしょうか?

「両手仲介」ができなくなる

不動産業者にとって一番利益が上がるのは、売り手も買い手も自分で見つけて仲介し、両者から仲介料をもらうという「両手仲介」です。

しかし、レインズに情報を載せると、他の不動産業者によって買い手が見つかる可能性があります。すると「両手仲介」ができなくなるため、レインズに掲載する前に何とかして買い手を見つけようとする業者がいるのです。

レインズに掲載する前に買い手を見つけようとする業者は、売り出し価格を安く設定して早く買い手を見つけようとします。大切なマンションを安く売られてしまわないためにも、十分に注意してください。

レインズは不動産業者専門のシステムですが、マンションを売ろうとしている人にとって大切な情報です。仕組みをしっかりと理解して、マンション売却を成功させてくださいね。

高く売りたい人必見!仲介業者選びの2大ポイント

賃貸でマンションを貸すのと売るのはどちらが得か?

不動産業者による「買取」は損か得か?

あなたの売却理由に合わせた達人のアドバイスをチェック!

  • 住み替えのために売りたい
  • 資産整理のために売りたい
  • 住宅ローンが支払えないから売りたい
  • 引っ越し、転勤のために売りたい
  • 離婚のために売りたい
  • 相続したが不要なので売りたい
ページトップ