マンションの売値は工夫次第で大きく変わる!

マンションの売却を考えている人へ

マンションを売却しようと思っても、何から始めていいのか迷ってしまう人も多いと思います。

このサイトでは、まず何から始めればいいのか?どんなことに気をつけておけばいいのか?などの基本的な情報はもちろん、万が一、なかなか売れないときの見直し箇所や対策まで、わかりやすく解説しています。

売出し価格の決め方や、仲介業者の選び方など、マンションを売却する際には知っておきたいことがたくさんあります。マンションには「定価」はありませんので、適切な売り方をしないと、百万円単位で損をしてしまうことすらあります。

このサイトでは、まず最初に知っておきたい「マンションを売るまでの大まかな流れ」から説明した上で、より高くマンション売るためのコツや注意点などを詳しく解説しています。

これからマンションを売却する予定の人は、ぜひこのサイトを参考に、大切な資産であるマンションを高値で売却して下さい。

無料の一括査定はこちら

マンションを売却するまでの全体的な流れ

マンション売却に限ったことではありませんが、不動産の売買を考えているのであれば、まず全体的な流れを把握することから始めましょう。

どのような流れで売却が進んでいくのかを把握することで、自分が次に取らなければならない行動がわかりますし、値下げや仲介業者の変更など、重要な決断をするタイミングも理解できるようになります。

かなり大きな金額が動く決断なので、行き当たりばったりではなく、先のことを考えてスケジュールを立てておく必要があります。

ステップ1:マンションの相場価格を知る

まず最初に始めなければならないのが、自分が売却を考えているマンションの価値を知ることです。

不動産業者に見積もりを依頼すれば、自分のマンションの査定価格を算出してくれますが、その金額が本当に平均的な相場なのか多少不安が残りますよね。

業者が出した査定価格が適正なのかを判断するためにも、一社だけではなく、なるべく複数の業者に見積もりを頼むのがベターです。

そうすることで、わざと高額な査定額を提示して媒介契約を取ろうとしたり、逆に低い査定額で買取を狙うような悪質な業者に騙される可能性が低くなります。

相場価格は、実際に自分が住んでいるマンションや、近隣のマンションが売りに出ていないかを自分で調べてもいいですし、インターネットの一括見積もりサイトなどを使って、複数の業者から見積もりを取りよせれば把握できます。

ステップ2:業者を選ぶ

おおよその相場を把握することができたら、いよいよ実際に査定の依頼をしてみましょう。先程も書きましたが、査定は1社だけでなく、最低でも3社くらいは比較するようにしてください。

不動産業者によって査定基準が異なる場合があるので、少しでも多くの意見を聞けるように、複数の業者に査定依頼を出すのが鉄則です。

その中から正式に売買の仲介を依頼する不動産会社を選びます。物件の売却〜引き渡しまで、不動産業者とは長い付き合いになるので、査定額だけではなく、実際の応対なども見た上で信頼できる会社を選びましょう。

自分の売却希望価格に近いかどうかも重要なポイントですが、「物件をどのように評価して見積もりを出したか?」など、査定方法や根拠などをきちんと説明できるかどうかも重要なチェックポイントです。

詳しくはこちらの「高く売りたい人必見!仲介業者選びの2大ポイント」で詳しく解説していますのでご覧ください。

ステップ3:売買契約を結び、売出し価格を決める

不動産業者を選んだら、マンションを売却するために必要な契約(媒介契約)を結びます。

媒介契約の形態は、「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3つがあり、結ぶ契約によって売却の方法が違います。それぞれの違いについては、こちらの「媒介契約の種類と、それぞれのメリット・デメリット」で紹介しているのでご覧下さい。

この媒介契約を正式に締結したら、いよいよマンションの売出しが開始されますが、その前に売り出し価格を決めなければなりません。物件の売り出し価格は、不動産業者の査定価格に従わなければいけないわけではなく、最終的には自分の意志で決められます。

しかし、あまりにも相場を無視した価格をつけていたら、当然いつまで経っても売れませんので、自分の意見だけではなく、不動産業者とよく話し合って決めましょう。また、値下げのタイミングや値引き時の下げ幅も同時に決めておくと良いでしょう。

売却スタート 〜 引渡しまで

ここまでのステップは、いわば前半戦です。この先の後半戦では、内覧希望者を自宅へ迎え、値下げや引渡し日などの交渉を行い、最終的に売買契約を交わして、実際に物件の引渡しをしなければなりません。

購入希望者への応対や、書類上の手続きなども多く時間がかかりますが、焦らずに一つずつ確実に進めていきましょう。

内覧者を迎える心構え

マンションを早期に売却するためには、内覧者を迎える準備が必要です。内覧者に好印象を持ってもらえるように、できる限りの準備はしておきましょう。物件を良く見せるためのコツなどもこちらのページで解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

また、内覧時には突然値下げの交渉などを持ち出してこられる場合もあります。このような場合に備えて、事前に値下げの限度額などを話し合っておくと、突発的な値下げ交渉などにも動じることなく臨機応変に対応することができます。

ちなみに内覧者の中には、交渉ごとが苦手な女性(奥様)だけが対応する時間をわざわざ狙ってくる人もいます。平日の日中などに内覧を受ける場合には少し意識しておきましょう。

購入希望者が現れたときの対応

内覧者の中から、実際に購入を希望する人が現れたら、売却条件の交渉を行います。物件の価格だけではなく、代金の支払い方法や物件の引き渡し日など、こちらの希望をしっかり伝えましょう。

後のトラブルを防ぐためにも、物件の状態を正確に伝えることも忘れてはいけません。双方が納得できる条件が整ったら、日程の調整を行い、売買契約を交わします。

このタイミングでは色々な契約書などを書くことになりますが、書き方などは仲介してくれる不動産業者がサポートしてくれるので、特に心配する必要はありません。

売買契約から引渡しまで

売買契約が無事終了しても、実はまだ終わりではありません。むしろ、ここまでは仲介業者のがんばりという部分が大きいのですが、ここから先は売主自身ががんばる部分になります。

まずは、約束の期日までに物件を引き渡せるように、荷物の整理をはじめ、次の引っ越し先を決める必要があります。

また、引渡し後のトラブルが発生しないように、出来る限りの清掃や補修も終わらせて、万全の態勢で引渡しの日を迎えるように努力しましょう。

売買契約と同時に引っ越しの準備を進めるのは大変ですが、家族みんなで協力して、期日までに部屋を空けられるように準備を進めていきましょう。

まとめ

以上がマンション売却までの主な流れとなります。

少し極論のように思われるかもしれませんが、売主ががんばる部分というのは、最初の「仲介業者選び」と、「契約後の引渡しまでの期間」のみです。それ以外の部分に関しては、基本的に仲介業者が先導してくれますので、売主は業者を信頼して言われたとおりに準備を進めることが役割となります。

つまり、売却に直結するであろう集客や内覧後の交渉などは、売主ではなく、仲介業者ががんばる部分ということになります。

そう考えると、自分のマンションが高く売れるかどうかの大部分は、良い仲介業者が見つけられるかどうかにかかっている・・・といっても、決して大げさではないということがわかります。

たまに、「知り合いに不動産業者がいるからその人に頼もう」といって、深く考えずに業者を選んでしまう人もいますが、これは絶対にやめた方がよいです。不動産業者と一口に言っても、得意な分野と苦手な分野がありますので、縁故を理由に仲介業者を選ぶのはやめましょう。

業者を選ぶ際に必ず抑えておきたいポイントは、こちらの「高く売りたい人必見!仲介業者選びの2大ポイント」で紹介していますので、ぜひ事前にチェックしてみて下さい。

最初にがんばって信頼できる業者を見つけておけば、その後の流れが非常に楽になるので、きっと満足のゆく売却ができると思います。

高く売りたい人必見!仲介業者選びの2大ポイント

賃貸で一時的に貸すのは損か得か?

不動産業者による「買取」は損か得か?

あなたの売却理由に合わせた達人のアドバイスをチェック!

  • 住み替えのために売りたい
  • 資産整理のために売りたい
  • 住宅ローンが支払えないから売りたい
  • 引っ越し、転勤のために売りたい
  • 離婚のために売りたい
  • 相続したが不要なので売りたい
ページトップ