知人や友人の紹介で不動産業者を決めるのは絶対にダメ

わたしは過去に地元不動産会社で店長をしていた経験もありますし、某ハウスメーカーで注文住宅の営業や新築分譲マンションの営業をしていた経験があります。

そのため、不動産業界を退いた今でも知人や友人などから「良い賃貸物件を紹介して欲しい」「家を建てたいけど、どこの業者が良いか教えて欲しい」「マンションを売りたいけど、どこの不動産業者に頼めばいいのか解らない」という依頼や相談を受けることがあります。

今年2013年だけでも良い賃貸物件を紹介して欲しいという依頼が10件ほど、中古不動産の売買が4件、新築マイホームの相談が3件ありました。
ちょっと相談したいだけというケースも当然ありますが、なかには謝礼を払うので中古物件を一緒に探して欲しいという依頼もあります。

しかし、わたしは不動産業界で働いているときから一貫して言っていることがあります。
それは「知り合いや知人に相談するのは良いが、紹介は絶対にしてもらわない」ということです。
これは賃貸でも売買でも一緒です。

賃貸を知り合いに紹介してもらう

知り合いに賃貸物件の紹介を依頼した場合、家主を直接紹介してくれる場合と不動産業者を紹介してくれる場合があります。

家主を直接紹介してもらえれば仲介手数料を払わなくて良いというメリットがあるのは事実です。しかし、交渉の窓口が全て家主になってしまいます。
「隣の住人がうるさい」「エアコンが壊れた」など、通常であれば管理している不動産会社に言えば対処してくれることでも、直接家主に言わなければなりません。

家主が相手なので言いたいことをいえない場合もあるでしょうし、思い切って言ったとしても家主側から「この入居者面倒だな」と悪い印象を与えてしまう可能性もあります。
そうなると段々と不仲になり、退去する際に多額の補修費用などを請求されることもあります。

もっと初歩的なことをいえば、知り合いがわざわざ紹介してくれた家主だから気を使って借りたくもない物件を借りてしまうケースもあります。

知り合いに売買をお願いした場合

不動産に詳しい知り合いがいたり、現在不動産業者で働いている友人がいるからといって、その人に相談する人がいます。
これもあまりオススメではありません。

友人が不動産業者で働いている場合、当然その友人は「だったら俺にまかせてよ」と言ってくるでしょう。きっと親切心もあるのでしょうが、それ以外にもお金の問題もあるのです。
不動産会社の営業マンの多くが、売り上げによる歩合給をもらえるようになっています。
わたしが以前勤めていた不動産業者もそうでした。

確実に売却してくれるのであれば、その友人にお願いしても良いでしょう。
しかし、その不動産業者で働いている友人が必ずしも売買の知識を十分に持っているとは限りません。
売買にはそれなりの知識と経験がいるので、入社して数年は賃貸ばかりを任せる会社は少なくありません。
もっと最悪のケースを考えれば、その友人が働いている不動産業者自体が賃貸に特化しているお店という場合もあります。

さらに最悪のケースが不動産業者で働いているわけでもないのに、少しばかり不動産に詳しいという友人や知人に相談してしまった場合です。
皆さんも名前くらい聞いたことがあるでしょうが、俗に言うブローカーと呼ばれている人たちのことです。

不動産ブローカーや自動車ブローカーなどが有名だと思います。
このブローカーと呼ばれる人たちは、業者にお客さんを紹介して、そのお客さんとの売買が成立することで、業者側から謝礼をもらう約束をしています。

つまり、あたかも親切心で相談に乗っているようにみせかけ、実は裏で業者側と結託しているのです。
当然売買が成立しなければ、このブローカーと呼ばれる人たちにもお金は入りませんので、早期契約を後押ししてくるのが目にみえています。

〜まとめポイント〜

最初に書いていますが、わたしにも相当な数の相談や依頼が来ます。
しかし、わたしは相談やアドバイスはしてあげますが、紹介は絶対にしません。

これは過去に苦い経験をしたことがあるからです。
わたしも当初は相談してくる友人や知人に不動産業者や家主を紹介していたことがありますし、売買が成功してバックマージンを頂いたこともあります。

しかし、多かれ少なかれ不動産にはトラブルがつきものです。
土地の売買を紹介してあげれば、地盤が緩く地盤改良するのに多額の費用が掛かった場合もあります。
中古マンションを紹介してあげたときは、瑕疵担保があるにも関わらず売主と買主が後々トラブルになったケースもあります。

もちろんわたしは、お金をもらうことが目的ではなく本当に親切心で紹介していたのですが、それでも最終的にはその友人から「お前も業者から謝礼をもらっているから無関係ではない」と言われたこともありました。

そのような経験を踏まえ、わたしは友人や知人に不動産を紹介することを辞めましたし、友人や知人を介して不動産の賃貸や売買をしないように忠告しています。

高く売りたい人必見!仲介業者選びの2大ポイント

賃貸でマンションを貸すのと売るのはどちらが得か?

不動産業者による「買取」は損か得か?

あなたの売却理由に合わせた達人のアドバイスをチェック!

  • 住み替えのために売りたい
  • 資産整理のために売りたい
  • 住宅ローンが支払えないから売りたい
  • 引っ越し、転勤のために売りたい
  • 離婚のために売りたい
  • 相続したが不要なので売りたい
ページトップ