人気の中古ブランドマンションはいくらで売れるのか?

人気ブランドの中古マンションはいくらで売れるのか?

マンションの中でも価格が落ちにくく、売却時に有利といわれるのがブランドマンションです。デベロッパー各社で展開しているブランドには、それぞれ個性や特徴があり、その分価値にも違いがでます。

今回は、人気ブランドの都内中古マンションはどのぐらいの価格で売却できるのか、それぞれの特徴もあわせて解説します。(売却価格相場は執筆時の情報です)

人気ブランドのマンションは価値が落ちにくいと言われていますが、今後東京オリンピックを過ぎると下落が予想されていますので、売却する場合はタイミングをよく考える必要があります。

【目次】ブランドマンションの売却価格相場
  1. 三井不動産のブランドマンション
    1. パークマンションシリーズ
    2. パークコートシリーズ
    3. パークホームズシリーズ
    4. パークタワーシリーズ
  2. 住友不動産のブランドマンション
    1. シティハウスシリーズ
    2. シティタワーシリーズ
    3. グランドヒルズシリーズ
  3. その他の人気ブランドマンション
    1. プラウドシリーズ(野村不動産)
    2. ブリリアシリーズ(東京建物)
    3. ザ・パークハウスグランシリーズ(三菱地所)

三井不動産のブランドマンション

三井不動産で人気のブランドマンションは以下のとおりです。

パークマンションシリーズ

パークマンションシリーズは、三井不動産レジデンシャルが手掛ける最高級のブランドマンションです。立地から空間デザイン、室内からの眺めまですべてにおいて計算されたハイセンスなマンションとなっており、建物は六本木、赤坂、田園調布などの高級住宅街にあります。

建材にもこだわり、常により良いものを求めているパークシリーズ。供給開始30年を記念し建設された麻布霞町パークマンションはグッドデザイン賞も受賞しています。年代を問わず好まれるシリーズです。

価格が高いためので買い手を選ぶ面もありますが、評価が落ちず高値で売却しやすいマンションです。

人気マンションの売却価格相場

  • 麻布霞町パークマンション:2億~2億5000万(2LDK、約200㎡)
  • 南青山高樹町パークマンション:1億6,000万~2億(3LDK、約200m²)
  • パークマンション六本木:2億6,000万~2億8,000万(2LDK、約120㎡)
  • パークマンション白金台サンク:2億1,000万~2億3,000万(3LDK、約140㎡)

パークコートシリーズ

本格邸宅を都市マンションで叶えてくれる三井不動産のパークコートは、数あるブランドマンションの中でも人気が高いシリーズです。

住民のプライバシーに配慮した内廊下や防音壁を備えており、落ち着いた雰囲気も人気ですが、その分価格も高めです。

人気マンションの売却価格相場

  • パークコート虎ノ門愛宕タワー:1億6,000万~1億9,000万(2LDK、約100㎡)
  • パークコート麻布十番ザ・タワー:9,000万~1億3,000万(1LDK、約60㎡)
  • パークコート六本木ヒルトップ:1億3,000万~2億(2LDK、約70㎡)
  • パークコート赤坂ザ・タワー:1億7,000万~2億(2LDK、約100㎡)
  • パークコート高輪ヒルトップレジデンス:1億~1億2,000万(2LDK、約80㎡)

パークホームズシリーズ

ブランドマンションの中ではお手頃価格、なのに上質な住まいを叶えてくれるのがパークホームズです。三井不動産の展開するブランドマンションの中では、スタンダードクラスといえるでしょう。

購入しやすい価格帯のため、相場での売買なら買い手が付きやすい物件といえるでしょう。

人気マンションの売却価格相場

  • パークホームズセントラルシティ中央区湊:5,500万~6,500万(2LDK、約70㎡)
  • パークホームズ築地グリーンサイド:7,500~1億(2LDK、約70㎡)
  • パークホームズ押上:5,000万~6,000万(3LDK:約70㎡)

パークタワーシリーズ

都市に馴染む三井不動産のパークタワーシリーズには、ラウンジやキッズルーム、ゲストルームなどのコミュニティスペースが充実しています。

敷地内には緑あふれる遊歩道があったり、周辺に商業施設を誘致したりと、ファミリー層に嬉しいマンションです。先進的な技術を取り入れ、防災にも力を入れているため、これから長く住めるマンションを探している人におすすめです。

人気マンションの売却価格相場

  • 東京パークタワー:6,000万(1LDK、約50㎡)
  • パークタワー品川ベイワード:8,000万~9,000万(2LDK、約90㎡)
  • センチュリーパークタワー:9,000万~1億(2LDK、約80㎡)
  • パークタワー東雲:6,000万~7,000万(2LDK、約80㎡)
  • 青山パークタワー:2億9,000万~3億2,000万(3LDK、約140㎡)

住友不動産のブランドマンション

住友不動産で人気のブランドマンションは以下のとおりです。

シティハウスシリーズ

シティハウスシリーズは、住友不動産が手掛ける都市型マンションです。駅周辺や商業施設近くの繁華街にあり、利便性の高さで人気を得ています。

人の多い都市部の駅近のマンションは売却時にも有利です。1室あたりの面積が小さめなため、価格もお手頃で売却しやすいでしょう。

人気マンションの売却価格相場

  • 恵比寿シティハウス:5,000万~7,000万(2LDK、約60㎡)
  • シティハウス武蔵小杉:6,000万~7,000万(3LDK、約75㎡)
  • シティハウス世田谷桜丘:5,500万~7,000万(2LDK、約60㎡)

シティタワーシリーズ

住友不動産のシティハウスシリーズをタワー型にしたのが、こちらのシティタワーシリーズです。シティハウス同様洗練された外観を持ちながら、タワーならではの眺望が強みといえるでしょう。

一帯を見渡せるパノラマウインドウの特徴を生かすべく、都心部や湾岸エリアに建てられています。価格は部屋のある階によって大きく変わるのもシティタワーシリーズの特徴です。

人気マンションの売却価格相場

  • シティタワーズ豊洲ザ・シンボル:5,500万~1億(2LDK、60~80㎡)
  • シティタワー品川:6,500万~7,000万(3LDK、約90㎡)
  • ワールドシティタワーズアクアタワー:7,000万~8,000万(3LDK、約80㎡)

グランドヒルズシリーズ

「人生のシーンをつくる」をコンセプトに造られる、住友不動産の最高品質マンションがグランドヒルズシリーズです。

住宅というよりはホテルのように住みよいつくりになっており、売却時には「購入後はいくつになっても快適に過ごせる」という部分をプッシュしてみると良いでしょう。

人気マンションの売却価格相場

  • グランドヒルズ三軒茶屋ヒルトップガーデン:8,000万~1億(2LDK、約80㎡)
  • グランドヒルズ白金台:3億~3億5,000万(3LDK、約190㎡)

※参考URL:http://www.sumitomo-rd-mansion.jp/

その他の人気ブランドマンション

その他の人気ブランドマンションは以下のとおりです。

プラウドシリーズ(野村不動産)

「世界一の時間へ」をキャッチフレーズに、野村不動産が展開しているブランドがプラウドシリーズです。

住む人が世界一の時間を過ごしていると感じられるよう、マンションは細部にまでこだわった造りとなっています。ブランドながらお手頃な価格のため、買い手も見つかりやすいでしょう。

人気マンションの売却価格相場

  • プラウドタワー千代田富士見:1億~1億2,000万(2LDK、約70㎡)
  • プラウドタワー二子玉川:9,000万~1億2,000万(2LDK、約80㎡)
  • プラウドシティ池袋本町:5,000万~6,000万(2LDK、約60㎡)
  • プラウドタワー東雲キャナルコート:5,000万~6,000万(2LDK、約80㎡)

※参考URL:https://www.proud-web.jp/

ブリリアシリーズ(東京建物)

洗練された都会的なデザインで人気を誇るのが、東京建物のブリリアシリーズです。シンプルかつ高級感あふれる外観は、築年数を重ねても色あせません。

セキュリティ体制やアフターサービスも充実していますので、売却時には総合的にサービスが良い点をプッシュしてみましょう。

人気マンションの売却価格相場

  • ブリリア有明スカイタワー:4,900万~5,200万(2LDK、約60㎡)
  • ブリリア代官山プレステージ:約1億3,000万(2LDK、約65㎡)
  • ブリリアタワー東京:8,000万~9,000万(3LDK、約80㎡)

※参考URL:http://library.goodnews.jp/

ザ・パークハウスグランシリーズ(三菱地所)

三菱地所レジデンスの最高峰シリーズであるザ・パークハウスグランは、都心のみに建てられたラグジュアリーなマンションです。

とにかくハイクラスでハイクオリティ。ブランドマンションの中でも最高水準の品質といわれています。その分価格は高くなってしまいますので、売却先は富裕層に限られるという難点もあります。

人気マンションの売却価格相場

  • ザ・パークハウスグラン三番町:1億~1億3,000万(2LDK、60~70㎡)
  • ザ・パークハウスグラン千鳥ヶ淵:約4億(3LDK、約110㎡)

※参考URL:http://www.mecsumai.com/

まとめ

同じ都内のマンションでも、立地だけではなくブランドによって価格に差があることがわかります。人気のブランドマンションはいつ売却しても難しくないことが予想されますが、現在売却を考えているのであれば早めに話を進めたほうがいいでしょう。

東京オリンピック後の価格下落が予想されていますので、売却価格が高い今のうちに売却することをおすすめします。

マンションを高く売るなら仲介業者選びが超重要!おすすめはどこ?

賃貸でマンションを貸すのと売るのはどちらが得か?

不動産業者による「買取」は損か得か?

あなたの売却理由に合わせた達人のアドバイスをチェック!

  • 住み替えのために売りたい
  • 資産整理のために売りたい
  • 住宅ローンが支払えないから売りたい
  • 引っ越し、転勤のために売りたい
  • 離婚のために売りたい
  • 相続したが不要なので売りたい

関連するページ

家やマンションを買うときの35年ローンって損なの?得なの?
対応が良いA社と査定額が高いB社、どちらにする?
マンションの査定日は不動産業者を査定するつもりでチェックを
マンションの査定額は担当者次第で変わるって本当?
最上階の部屋は売れやすい。でも高く売れるとは限らない
都市と地方の二極化に見る昨今の不動産事情
売りたいのに売却できないという事情
「あなたのマンションを買いたい人がいます」というチラシの裏事情
インターネット経由の申し込みの方が高く売れやすいって本当?
買い手のタイミングと売り手のタイミングで良し悪しが変わる
震災後の価値観の変化について
賃貸派に比べてマンション購入派が減っている理由
中古マンションが売れにくくなってきているって本当?
マンションは増税前に買った方がお得なのか?
【2016年8月】中古マンションの相場や今後の動向
【2016年8月度】首都圏中古マンションの売買状況分析
平成28年8月よりマンションの売却査定方法がリニューアル!査定額への影響は?
東京都だけ売り出し価格と成約価格に大きな差が出る理由
東京オリンピック後に価格が暴落する?マンションの2020年問題
節税効果は抜群!しかし思わぬ落とし穴も?変わるタワーマンション節税について
ホームインスペクション(住宅診断)義務化で中古物件の探し方が変わる?
首都圏のマンションは異常な高値?新築よりも中古マンションが選ばれる理由
中古マンションは今が売り時?首都圏のマンション価格がいよいよ下落に転じた
意外な人気?中古マンション販売では築31年以上の物件購入が一番多い
携帯・スマホ料金の遅延や滞納が原因で住宅ローン審査に落ちる人が急増している
世田谷区のマンション売買事情に異変!?
首都圏でも500万円以下で売り出されている中古マンションはたくさんある
住宅ローン審査で「不可」と判断される理由トップ5は?
いま東京都で城東・城北地区が注目されている理由
首都圏で中古マンションがよく売れる人気駅ベスト10
マンションの管理情報の開示項目が強化されることによる影響は?
つなぎ融資不要と注目される「すまいとマネープラン」の金利、デメリットについて
家族信託で相続税はどう変わる?メリットや注意点、かかる費用について
日本の出生率は低下してるのに新築マンションが増えるのはなぜ?
【不動産鑑定士インタビュー】不動産の評価額と売却のコツについて
ホームステージングで中古マンションの売り方が大きく変わる
アパートの相続問題!賃貸経営は難しくデメリットも多い
ヤマダ電機が低金利で住宅ローンの貸付を開始
戦争によるミサイルで家が破壊・火災になった場合保険は適用されるの?
中国人による都内マンションの爆買いはストップ。今後の中古マンション市場に影響は?
地域別にみるマンション購入時の住宅ローン借入金額
コンパクトシティ構想の問題点と事例、今後の課題
電力自由化から1年が経過、実際に乗り換えた人はどれくらい?
売る側も買う側も知っておきたいマイホームのクーリングオフ制度
雑誌などで目にする「不動産テック」って何?
2台目駐車場問題の解決策になるか?駐車場シェアサービスに大手企業が続々参戦
住宅ローンの審査否認となっても「住宅ローン特約があるから大丈夫!」と勘違いしてる人が8割以上?
【住宅診断士インタビュー】ホームインスペクションの重要性とチェックポイント
住宅ローンのオーバーローンは違法?家を買う際の注意点
賃貸経営における専任媒介と一般媒介契約の違い
【2017年10月】首都圏マンションの契約率の推移
安心R住宅制度とは?不動産業者の囲い込みに注意が必要か?
住んだまま買取サービスは得か損か?サービス内容と注意点
ビットコイン(仮想通貨)で不動産売買する際の問題点
住宅選びのポイントが職住近接から育住近接に変化している
ページトップ