三菱UFJ不動産販売株式会社のサービス内容と口コミ評判

三菱UFJ不動産販売株式会社のサービス内容と口コミ評判

三菱UFJ不動産販売は、三菱UFJフィナンシャルグループの不動産会社で、グループの総合力と信頼性で、質の高いさまざまなサービスを行っています。

このページでは、

  • 三菱UFJ不動産販売のグループネットワークの強みとは?
  • 三菱UFJ不動産販売の信頼性は?
  • 三菱UFJ不動産販売はどんな人におすすめなの?

という点について詳しく解説します。

なお、当サイトではマンションを売却する際の業者の選び方について、ケース別にポイントを解説しています。

自分に合う最適な業者を見つけたい人は、ぜひこちらもチェックしてみてください。

自分にとって最適な仲介業者の選び方はこちら

三菱UFJ不動産販売の企業情報

会社名 三菱UFJ不動産販売株式会社
本社 東京都千代田区神田神保町2-1 岩波神保町ビル
本店 東京都千代田区丸の内1-2-1 東京海上日動ビルディング本館地下1階
代表者 取締役社長 森 聡彦
資本金 3億円
設立 昭和63年6月14日 (昭和62年2月創業)
従業員数 1,023人(令和2年3月31日現在)
事業内容 不動産の売買・交換の媒介・代理およびこれに付帯・関連する業務
宅建業免許 国土交通大臣 (8)第3890号
第二種金融商品取引業登録 関東財務局長(金商)第1515号
取引金融機関 三菱UFJ信託銀行、三菱UFJ銀行
主な加盟団体 (一社)不動産協会
(一社)不動産流通経営協会
(公社)首都圏不動産公正取引協議会
(一社)第二種金融商品取引業協会
公式HP https://www.sumai1.com/

三菱UFJ不動産販売は、昭和62年に銀行系の不動産仲介専業会社として創業しました。

三菱UFJ不動産販売が属する三菱UFJフィナンシャルグループは、三菱UFJ銀行、三菱UFJ信託銀行、三菱UFJモルガン・スタンレー証券から構成されています。

グループで連携することにより、個人や法人の様々な案件に対応しています。

MUFGグループの連携体制

出典:https://www.sumai1.com/company/

三菱UFJ不動産販売の対応地域・支店情報

三菱UFJ不動産販売は、首都圏、名古屋、関西のエリアに対応しています。

しかし店舗数は、圧倒的に首都圏に多くあります。センターと法人営業室を合わせると、営業所は首都圏に29箇所、名古屋に4箇所、関西に8箇所になります。

首都圏を中心に、主要都市に展開していることがわかります。

三菱UFJ不動産販売の信頼性は?

三菱UFJ不動産販売は、大手三菱UFJフィナンシャルグループの不動産会社であることから、信頼性と安心感は十分にあります。

実績も十分で、不動産流通推進センターの2020不動産業統計集によると、取引高が全体の6位となっています。

三菱UFJ不動産販売の宅建士資格保有率は、2020年3月時点で99.8%となっており、厳しい研修を行った不動産のプロが数多く在籍しています。

2020年6月現在、東急リバブルでは約98%、三井住友トラスト不動産では約98%が宅建士の資格を持っているため、比較すると保有率が高さが分かります。

また住宅ローンの提案、相続・遺言の相談、空き家相談など、様々なサービスを一度に行える会社でもあります。

三菱UFJ不動産販売と同じ銀行系の不動産会社には、「みずほ不動産販売」が挙げられます。

三菱UFJ不動産販売の事業内容

三菱UFJ不動産販売は、信託銀行系の強みを生かした様々な事業を展開していて、以下のような強みがあります。

三菱UFJ不動産販売業務内容

不動産の売却

三菱UFJ不動産販売は、マンションや一戸建て、土地の売却を行っています。

三菱UFJ不動産販売のホームページから売却する際のおおよその相場や、売却時の税金や経費を引いた手取り金額を調べることができます。

また三菱UFJ不動産販売は、不動産の売却時に様々なサポートを用意しています。

  • VRホームステージング
  • 建物[検査・補修・保証]トータルサポート
  • 土地現況測量サービス

VRホームステージング

ホームステージングとは、売却予定物件に家具や小物を用いてインテリアコーディネートをし、モデルルームのように室内を魅力的に演出する方法です。

実際に部屋の中に本物の家具や小物を入れて撮影するやり方と、CG(コンピューターグラフィック)を使う方法があります。

CGを使った方法には、居住中の部屋家具を消したり、インテリアタイプを購入依頼者の好みに変更することができます。

物件をVRホームステージングで演出すると、購入意欲がアップし早期売却につながると思います。

三菱UFJ不動産販売VRホームステージング

建物[検査・補修・保証]トータルサポート

三菱UFJ不動産販売では、建物検査・不適合時補修・瑕疵保証をトータルサポートしてくれます。

三菱UFJ不動産販売建物[検査・補修・保証]トータルサポート

建物検査サービス

売主が物件を売却する際に、建物に精通したプロが建物の状況を検査する無料のサービスです。外壁や土台のひび割れや劣化、床の著しい沈みや傾斜などについて検査します。

不適合時補修サービス

建物検査をして保証不適合になった場合は、検査会社による保証を受ける為の補修費用5万円までを、三菱UFJ不動産販売が負担するサービスです。

瑕疵保証サービス

検査会社による瑕疵保証要件を満たした物件についてのサービスで、売主から買主に物件引渡し後、保証対象部分について不具合が生じた場合、検査会社が修理費用などを補償します。

保証は引渡しから1年間、最大金額が1000万、保証料は三菱UFJ不動産販売が負担します。

サービスに関しては適用要件があるので、詳しくは公式ホームページで確認してください。

土地現況測量サービス

三菱UFJ不動産販売が費用負担をし、利用条件が当てはまる売主に対して、土地現況測量を無料で提供するサービスです。

売却予定物件の状況を把握することで、より売却しやすくなり、更に引渡し後のトラブル発生を抑制することができます。

このサービスでは、5つの項目について調査を行います。

  • 境界線の確認
  • 現況確認
  • 越境の確認
  • セットバック面積の確認
  • 敷地内高低差の測定

三菱UFJ不動産販売土地現況測量サービス

不動産の購入

三菱UFJ不動産販売では、住居として住むマンションや戸建て、土地の他に、投資用物件や事業用物件購入することができます。

三菱UFJ不動産販売のホームページでは、エリアや駅名などのキーワードから物件検索をすることができます。気軽に物件検索をしたい方におすすめです。

もちろん実際の店舗で、購入相談することもできます。担当がついて接客するため、細かい疑問点をすぐ聞くことができます。

店舗には、インターネットに載っていない新着情報があるかもしれません。

三菱UFJ不動産販売のホームページには、探している物件を見つけやすくするためのサービスがあります。

360°パノラマ掲載物件一覧 バーチャルオープンハウス

24時間いつでも360°の画像でバーチャル内見ができるため、希望物件が遠方にある方や忙しくて物件見学に行けない方におすすめです。

AIによりおすすめ物件の紹介

三菱UFJ不動産販売のホームページ「住まい1」サイトで検索した履歴を元に、AIがおすすめ物件をピックアップします。

三菱UFJ不動産販売のホームページには、「駅徒歩10分以内の土地特集」や「タワーマンション特集」、「角地の一戸建て」など、注目の物件特集があるので興味のある人はチェックしてみてください。

空き家管理サービス

三菱UFJ不動産販売空き家管理サービス

2015年5月に全面施行された空き家対策特別措置法により、空き家に対する対策をする必要が出てきました。

三菱UFJ不動産販売では、業界ナンバーワンのセコムとのパック商品を提供しています。

実家を相続したが誰も住んでいなく、近隣に配慮したい場合などに有効活用したいサービスです。

セコムの空き家管理サービスは、下記の内容をすることにより、住環境の維持に努めます。

  • 空き家の定期的な空気の入れ替え
  • 赤さび発生予防に水周りの通水を一分間行う
  • ポスト投函物の場所指定保管

オプションサービスもあるので、自分に合った内容を選んでみてください。

信託監修コンテンツの充実

三菱UFJ不動産販売のホームページは、三菱UFJ信託銀行監修したコンテンツが大変充実しています。

信託銀行系不動産会社の強みを生かした、独自のサービスといえます。

三菱UFJ信託銀行監修したコンテンツは、「シングル」「ファミリー」「シニア」の3つのカテゴリーに分けられています。それぞれの時期に、基本となる考え方があります。

シングル 許容できる範囲のリスクを取り、期待リターンを高めできる限り大きな資産の形成を狙う時期
ファミリー 現役でいられる時期に適切はリスクを取り、資産需要にも対応できるようにしつつ、資産の増大を狙う時期
シニア リスクは徹底的にコントロールし、必要に応じて資産運用も取り入れる時期

それに沿った賢い資産形成と防衛術を紹介しています。

三菱UFJ不動産販売のホームページには、その他にも不動産と資産形成についてのコンテンツが紹介されています。

三菱UFJ不動産販売のグループネットワークの強みとは?

三菱UFJ不動産販売は、三菱UFJフィナンシャルグループの不動産会社です。

売却物件の販売方法には、国内の有力ポータルサイトへの物件掲載や折り込みチラシの配布、現地販売会の開催などがあります。

その他にも、三菱UFJフィナンシャルグループ独自の販売方法があります。

三菱UFJ不動産販売は、売却物件を三菱UFJフィナンシャルグループ各社の社員及び、提携企業の職員に紹介して、購入希望者を探してくれます。

2019年3月時点で業務提供企業は200社を超えており、売却できるチャンスがさらに広がります。

その他にも、三菱UFJ信託銀行のロビーやウィンドウにある物件紹介パネルへ展示や、購入希望のお客様への紹介、三菱UFJ不動産販売のホームページ「住まい1」への掲載などが行われます。

三菱UFJ不動産販売のデメリットは?

三菱UFJ不動産販売は、銀行系の不動産会社の為とても安心感がありますが、デメリットもあります。

三菱UFJ不動産販売は、対応エリアが首都圏、名古屋、関西のみとなっており、その多くが首都圏に集中しています。

対応エリアが限られているのは、デメリットと言わざるとえません。もし対象エリア外に住んでいる場合は、他の大手業者にも声をかけてみましょう。

三菱地所ハウスネット以外の不動産大手といえば、三井不動産リアルティ、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産ソリューションズが挙げられます。

実はこの4社に三菱地所ハウスネット、小田急不動産を加えた計6社で、「すまいValue」という独自の不動産売却見積もりサイトを運営してします。

「すまいValue」は大手6社が直接運営しているので、三菱UFJ不動産販売と同様に信頼性の高いサービスになります。

対象エリア外の人は、安心・無料で見積もりできる「すまいValue」を利用すると便利です。

すまいValueの詳細はこちら

三菱UFJ不動産販売株式会社の口コミ評判(3件)

シロヤマさん/50代女性

最初に媒介契約を結んだのは地元の不動産会社でしたが媒介契約の期間でもある3ヶ月で1人も内覧に来ませんでした。

でもその後その不動産会社とは契約更新せず三菱UFJ不動産に売却依頼をお願いしました。そしたら売却開始から2週間で二組も内覧に来てもらえました。

やっぱり売り出し方だったり、不動産会社の知名度ってのが大事なんだと痛感させられました。

匿名さん/40代男性

マンションの売却を開始して8ヶ月が過ぎた頃、一向に買い手が見つからないこともあり三菱UFJ不動産に相談しました。

営業担当の話を聞いてるうちに良いと思う部分が多分にあったので売却の依頼をお願いすることに決めたのですが、一番気に入ったサービス(住宅修理設備サポート)を利用するには三菱UFJ不動産と専属媒介契約もしくは専属専任媒介契約を締結することが条件だと言われて悩みました。

これまで自由がきく一般媒介契約を主体に売却活動をしてきたので専属の媒介契約を結ぶことに戸惑いましたが、悩んだ末に三菱UFJ不動産一社にお願いすることを決心しました。

そこで初めて解ったことなんですが、一般媒介契約と専属媒介契約では、こんなにも宣伝してくれる姿勢が違うのか?と驚きました。

三菱UFJ不動産の宣伝方法や売り出し方は、これまで依頼してきた不動産会社とは別格でした。

きっとこれまではすべて一般媒介契約だったからだと思います。やっぱり信頼できる不動産会社を探して、そこに全ておまかせするのが不動産売却では一番効率的だと思いました。

一般媒介と専属媒介で悩んでる人も多いと思いますので、この書き込みが少しでも参考になれば幸いです。

匿名さん/30代男性

離婚に伴う売却だったからどうしても早期売却を希望してました。

しかも住宅ローン残高もあったからヤバかったんですけど、なんとか三菱UFJ不動産に頑張ってもらい任意売却や競売という最悪の結果になることは免れました。

そもそも三菱UFJ不動産を選んだのはHPを見たときに「売却時の手取り金額」などを自動計算してくれるツールがあったことです。

これで売却したときの手取り金額だったり、売却したときの税金などがどれくらい掛かるのかを具体的に知ることができたので、住宅ローンの残債を具体化することができました。

やっぱりこういうネットサービスは大手不動産が強いですね。すごくためになるツールが多数準備されていました。

マンション売却業者の口コミ投稿はこちら

三菱UFJ不動産販売はどんな人におすすめか?

三菱UFJ不動産販売の事業内容や特徴について、詳しくまとめてきました。

エリア対応が少ないことや、スピーディーさのデメリットはありますが、対応エリア内に住んでいる人には、選択肢に入れたい会社です。

したがって、三菱UFJ不動産販売の対象エリアに住んでいる人で、

  • 銀行系の信頼できる会社に任せたい型
  • 三菱UFJ銀行に口座があるなど、付き合いがある型
  • サポートサービスが充実した会社に任せたい方
  • 資金計画や住宅ローンの相談をしたい方

もし上記に当てはまるなら、三菱UFJ不動産販売がおすすめです。

【地域別】おすすめの不動産査定比較サイト

大都市に住んでいる場合

サイト名 特徴
SRE不動産(旧ソニー不動産) 東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、京都、奈良しか使えないのが弱点だが、片手仲介のみを宣言している不動産業者。対象地域なら一番有利な不動産業者。
すまいValue 業界大手6社のみ参加、ここでしか査定できない業者もあるので、大手業者を探す場合は必須。大都市や都心部の物件に強い。

地方に住んでいる場合

サイト名 特徴
マンション.navi 査定サイトの中でも老舗のサービスの1つで、大手から中小業者まで幅広くカバー。地方にある物件を売却したいなら第一候補。
HOME4U NTTデータが運営。提携業者数が多く、運営元の信頼性もあり。なるべくたくさんの業者を比較する場合におすすめ。

目的別の仲介業者選びまとめ

  • できる限り高く売りたい
  • 急いで売って現金化したい
  • なかなか売れなくて困っている
  • 賃貸にしようか迷っている
  • 買取専門の業者を探している
  • ローン残債があるけど売りたい