マンション買取ならどの業者がおすすめ?不動産の売却相場

マンションの買い手がなかなか見つからない場合や、急いで現金化したい時には、一般の個人ではなく「マンションの買取業者(再販業者)」に直接買い取ってもらう方法があります。

一般の個人へ売却する場合に比べて、買取金額が7割程度と安くなってしまうのがデメリットですが、それ以外のメリットが複数あります。

特に「築古マンション」や「訳ありマンション」などを売却する場合には適した方法なので、メリット・デメリットを理解した上で上手に活用しましょう。

※今回解説するのは「マンションの買取」に関してです。一戸建ての場合は少し条件が異なってくるので、「一戸建ての買取」のページをご覧ください。

マンション買取業者の比較

一般的な売却と業者買取の違いは?

マンション買取ならどの業者がおすすめ?

最初に、「一般的なマンションの売却」と、直接業者に買い取ってもらう「マンションの業者買取」の違いを説明します。

一般的なマンションの売却では、

  • 不動産業者の仲介を通して一般の個人へ売却
  • 売却価格の約3%程度を仲介手数料として業者へ支払う
  • 不動産業者はマンションをより高く売った方が儲かる

このような流れになるので、仲介する不動産業者としては、より高くマンションを売る方が自社のメリットになります。

そのため、売主であるあなたと不動産業者は、同じ目標に向かった「パートナー」と言える存在です。

一方で、マンションの業者買取を利用する場合には、

  • 不動産業者に対して直接マンションを売却
  • 業者側はマンションをリフォームしてから転売する
  • 不動産業者はより安くマンションを買い叩いた方が儲かる

上記の流れになるので、先ほどとはまったく逆に、できる限りマンションを安く買いたいと考えています。

したがって業者買取を利用する場合には、売主と不動産業者の関係は、パートナーではなく「商売相手」ということになります。

この点を理解しておかないと、口が上手い不動産業者の言いなりになって、マンションを安く買い叩かれてしまう可能性があるので注意しましょう。

マンション買取再販業者の人気ランキング

では、業者買取のメリット・デメリットなどを解説する前に、マンションの買取・再販を行っている専門業者を紹介します。

過去の再販戸数などのデータをもとに、人気が高い業者をまとめたので、参考にして下さい。

なお注意してほしい点は、必ずしも「上位の業者=買取金額が高い業者ではない」という点です。

どの業者が高く買い取ってくれるかは、実際に査定額を比較してみないと分からないので、必ずこちらの買取業者比較サイトを使ってから決めましょう。

ベストランド

ベストランド

業者名 株式会社ベストランド
住所 東京都港区六本木1丁目6番1号 泉ガーデンタワー
電話番号 03-3588-7710
再販戸数 2,220戸
ウェブサイト http://www.best-land.co.jp/

ベストランドは「マイランド」という中古マンションブランドで知られる中古住宅再生事業者です。

2018年度における再販戸数は2,000戸を超えており、2年連続で業界2位の実績。1位のカチタスは地方の戸建て住宅の再販がメインなので、中古マンションの再販では実質1位です。

ベストランドは平均販売価格が1,000万を切っており、広さも40㎡くらいの物件がメインなので、投資用のシングル向けマンションに強い再販業者と思われがちですが、実際には投資用と居住用の販売数はほぼ同じ比率です。

口コミ評判

30代/男性/埼玉県

シングル向けマンションを主に扱っているという評判を聞き、売却査定をしてもらった。再販後のターゲット層をかなり明確に設定しているためか、売却価格もそれなりに高く、有意義な交渉ができた。

50代/男性/東京都

子供も自立し、もう少し生活環境が良いマンションに買い替え希望。当初は一般の不動産売却を希望していたが、新居の条件にぴったりの物件がみつかったことで早急にまとまった現金が必要になり買取りへとシフトチェンジ。周辺環境はかなりいい物件でしたが、築25年という点を突かれ、こちらの希望額には届きませんでした。

大京穴吹不動産

大京穴吹不動産

業者名 株式会社大京穴吹不動産
住所 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-19-18 オリックス千駄ヶ谷ビル
電話番号 03-6367-0500
再販戸数 1,471戸
ウェブサイト http://www.daikyo-anabuki.co.jp/

非常に有名なマンションデベロッパーで、「ライオンズ」や「サーパス」というブランドマンションを持っている大京穴吹不動産。近年はマンションの買取再販事業にもチカラを入れており、2018年度の再販戸数は1,471戸で第4位です。

注目すべき点は、再販戸数は第4位なのに対して、再販売上高ではカチタスに次ぐ業界2位である点。これは1戸あたりの販売額が高いことを表しており、高値での買取りも期待できます。

自社ブランドのマンション買取再販はもちろん、最近では他社中古マンションの買取再販事業にも力を入れています。

口コミ評判

40代/女性/京都府

ネームバリューもありますし、社員の質も高いと思いました。他の業者の中には態度が悪いところもありましたが、大京穴吹さんは安心して任せられました。

40代/男性/東京都

大手だけあってサポートやサービス、対応は良いです。ただ買取額についてはシビアという印象があるので、他と比較してから決めた方がいいと思いました。

SRE不動産(旧ソニー不動産)

SRE不動産

業者名 SRE不動産
住所 東京都港区北青山3丁目1-2 青山セント・シオンビル2F
電話番号 0120-213-919
再販戸数 不明
ウェブサイト https://sre-realestate.com/

SRE不動産(旧ソニー不動産)は、マンション売却の仲介業者として非常に優秀で注目を集めている業者です。

詳細なサービス内容については、「SRE不動産の詳細ページ」で解説していますが、仲介とは別に買取事業も行っています。

仲介で売却する時と同様に、買取を行う際でもなるべく高値で買い取ることをモットーとしていて、買取業でも高い評価を得ています。

ただし、対応地域が東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫に限定されているのが弱点です。

この地域の物件であれば、仲介経由でもすぐに売却できる可能性が高いので、まずはこちらのページから売却の相談をした方がよいかもしれません。

口コミ評判

50代/女性/東京都

買取業者の中で大手と言われる数社に査定を出してもらいましたが、いまいちの金額ばかりだったので、セカンドオピニオンがOKというソニー不動産にも買取査定をしてもらいました。その結果、大幅にとは言えませんが、他の業者より高値の査定だったのでソニー不動産にしました。

30代/男性/東京都

投資用として購入した分譲マンションだったけど、思ったように入居者が入らず売却することになってしまった。東京の物件だったので、ソニー不動産にお願いしたけど、さすがにローン全額返済には届かなかった。

インテリックス

インテリックス

業者名 株式会社インテリックス住宅販売
住所 東京都渋谷区渋谷2-9-11 インテリックス青山通ビル4F
電話番号 0120-66-3705
再販戸数 1,472戸
ウェブサイト http://www.intellex.co.jp/

インテリックスは、創業20年ちょっとの若い企業ですが、マンションの買取再販事業に関しては老舗といえます。

いち早く中古マンションの再販事業に目を向け、買取再販数1,000戸も早々に達成。それから10年以上にわたり、再販数1,000戸以上を維持し続けています。

これまで首都圏を中心にした取引がメインでしたが、近年は関西、東海、札幌、福岡などの地方都市にも活動拠点を広げるなど、急成長し続けている買取再販業者です。

口コミ評判

30代/女性/東京都

親から相続したマンションを買い取ってもらいました。最終的にインテリックスさんに直接買取してもらいましたが、マンションの状態によっては、、リノベーション前提の売却仲介もやってもらえるそうです。対応も明るくて相談しやすい雰囲気でした。

50代/男性/神奈川県

買取査定をお願いしましたが、首都圏から外れると少し弱いのでしょうか。さほど魅力を感じませんでした。

長谷工リアルエステート

長谷工リアルエステート

業者名 株式会社長谷工リアルエステート
住所 東京都港区芝二丁目6番1号
電話番号 03-5440-5808
再販戸数 490戸
ウェブサイト http://www.haseko.co.jp/hre/

分譲マンションの累計販売数61万戸を誇る、長谷川工務店のグループ企業です。

2012年から中古マンションの再販事業を展開、初年度120戸程度だった再販戸数も順調に業績を延ばし、2018年度は490戸と4倍近くの実績があります。

主に親会社である長谷川工務店が販売したマンションの買取りに力を入れていますが、他社の分譲マンションも買取対象として相談できます。

口コミ評判

60代/男性/神奈川県

早くに妻を亡くし一人身だったのですが、息子夫婦が同居しようと言ってくれました。新居の足しになればと思い、今回マンションを手放すことにしました。長谷工のマンションだったので真っ先に相談し、事情を話すとプラスαの買取価格を提示してくれたのでお願いすることにしました。

40代/男性/神奈川県

長谷工さんの買取保証に魅力を感じマンション売却の相談にいきました。ただよく話しを聞くと、買取保証の対象は「長谷工で買い替えをする場合」限定と言われパスしました。


 

以上がマンションの買取を行っている不動産業者のランキングです。

このランキングは随時更新していくので業者選びの参考にしてください。

なおくり返しになりますが、「人気がある業者=買取額が高い業者」というわけではないので、勘違いしないように注意してください。

どの業者が高く買い取ってくれるかは、実際に査定を取ってみないとわからないので、次のブロックで紹介する査定サイトなどを利用して、十分に比較してから決めましょう。

買取査定額を比較する際に役立つサイト

買取業者にマンションを売る場合には、複数の業者の査定を比較することが最重要です。

なぜなら「査定額=買取金額」なので、少しでも査定が高い業者を見つけないと損をするからです。

多少手間に感じるかもしれませんが、最低でも3社、できれば5社程度の査定を比較してから選んだ方がよいです。

ちゃんと業者を比較したかどうかで、売却価格に100万~300万円くらいの差が出ることもあるからです。

買取業者を比較できるサイトはあまり多くありませんが、下記の「マンション.navi」は対応しているので、業者選びの際には役に立ちます。

マンション.navi

マンション.navi

マンション.naviは、その名の通りマンションの仲介に特化しているサイトで、業界内では老舗のサービスとしてかなり有名です。

「売却」だけではなく、業者による「買取」の査定金額や、一時的に「賃貸」として貸したい場合の相談もできるのが特徴です。

運営歴が長いので、住友不動産販売、野村の仲介+、ピタットハウス、三井のリハウス、みずほ不動産販売など、大手の不動産業者と提携しているのはもちろんのこと、地元密着型の小さいな不動産業者にも強いのが特徴です。

全国すみずみまで網羅しているので、とにかくたくさんの業者を比較したい時には絶対に外せないサイトです。

公式サイトはこちら

 

査定を申し込む際に、備考欄に「不動産業者の買取を希望します」と書けばOKです。

注意点ですが、買取業者を探す場合、通常の売却よりも対応している業者数がかなり少なくなります。

時期によって買取業者側の忙しさも違うので、数が少なかったからといって諦めずに探し続けましょう。

査定を取るだけならたいした手間ではないので、売ることが決まったらなるべく早めに行動した方がよいです。

買取業者を使うことのメリット・デメリット

続いては、買取業者を使うことのメリット・デメリット、業者選びのコツなどを解説します。

買取業者を利用してマンションを売る場合、一般の個人に売るよりもかなりの部分で手間が省けます。

特に「現金化が早い」という点と、「売却後の瑕疵担保責任が免除される」という点は、売主にとって大きなメリットです。

一方で、「買取金額が安い」という最大のデメリットもありますので、どちらが得なのか冷静に判断しましょう。

買取には8つのメリットがある

即買取が可能なので、数日で現金化できる

業者に買取を依頼する場合、いちいち購入希望者を探してくる必要がないので、価格面の折り合いさえつけばすぐに売却が完了します。

平均で3日から7日ほどで売買契約が成立し、手元に現金が入ってくるので、急いでマンションを売却したい人には適しています。

売却後の瑕疵担保責任が免除される

一般的な流れで個人にマンションを売却した場合、売主は「瑕疵担保」という責任を負わなければなりません。

この瑕疵担保責任とは、売却後であっても隠れた箇所(雨漏りや配管設備など)に不具合が発覚した場合、「一定の期間内はその修繕の義務は売主にある」とするものです。

この期間内に物件にトラブルが見つかった場合、最悪のケースだと、売主は修繕費として数百万円もの出費を強いられる可能性があります。

しかし、買取業者に売った場合は瑕疵担保責任が免除されるので、万が一という心配がなくなります。

築古物件、訳あり物件でも売却できる

この後の項目でも詳しく解説しますが、築古物件や訳あり物件など、通常の売却では買い手が見つからないマンションでも、業者なら買い取ってくれる可能性があります。

その分、買取価格は安くなってしまいますが、どうしてもマンションが売れないと悩んでいる人には適しています。

購入希望者の内覧を受ける必要がない

マンションの売却にあたって、かなりの手間を取られるのが「購入希望者の内覧」です。

内覧希望が入るたびに、毎回部屋の掃除をしなければなりませんし、見知らぬ他人を自宅にあげなければならず、精神的にも負担になります。

その点、業者買取であればあまり気を使う必要はありませんし、一度見せればよいだけなので手間がかかりません。

近隣や会社の同僚に知られることなく売却できる

マンションを売却する場合、当然ですが不動産業者のホームページや雑誌などに物件の情報が掲載されます。場合によっては、今住んでいる地域の折り込みチラシにも載るかもしれません。

こうなると、自宅の売却がご近所や会社の同僚に知られてしまう可能性が高くなります。

しかし直接業者に買い取ってもらう場合はこの必要がないので、誰にも知られずにマンションを売ることができます。

スケジュールに合わせた売却ができる

一般個人への売却では、あくまで買主があって話が進むので、狙った通りの時期に売却できるというケースはほぼありません。

その点業者買取なら、自分の都合で買取時期を決められるので、引っ越しや転勤などの事情でマンションを手放す人には適しています。

住宅ローン残債務などを金融機関に交渉してくれる

マンションを売却しても住宅ローンの債務が残ってしまう場合、銀行が任意売却に応じてくれない場合があります。このような場合でも、買取業者側が売主の代わり金融機関と交渉してくれます。

また業者によっては任意売却の相談にも乗ってくれるケースがあるので、万一住宅ローンの滞納で競売にかけられそうという場合は、競売が確定する前に、業者に買い取ってもらった方が確実にお得です。

売却のためのクリーニング費用などを使わずに済む

マンション売却する際には、壁紙の張り替えや畳の入れ替え、専門業者によるハウスクリーニングなどの費用が先出しでかかってしまいます。

一方で業者買取であれば、これらのクリーニングを行わずに、そのままの状態で買い取ってもらえます。

デメリットは買取査定額が下がること

上記で解説したように、業者に買取を依頼することで売却時の面倒な手間が大きく省けます。

その一方で、「普通にマンションを売るよりも買取金額が安くなってしまう」という大きなデメリットがあります。

どれくらい安くなってしまうのかが気にりますが、一般的な感覚としては、「通常の売却価格の65%~80%程度」になると言われています。

具体的な金額でイメージすると、

  • 売却相場3,000万円 →買取相場1,950~2,400万円
  • 売却相場2,000万円 →買取相場1,300~1,600万円
  • 売却相場1,000万円 →買取相場650~800万円

このような差が出ます。

デメリットと言えるのはたった1つだけですが、金額で考えると数百万円という大きな差になるので、これを許容できるかどうかが判断の分かれ目です。

売主にとって一番大事なのはお金だと思うので、「急いで売りたい」「訳あり物件を売りたい」などの事情がない限りは、まずは一般の流れで売却を検討した方がお得だと言えます。

できるだけ高く買い取ってもらうコツは?

先ほど説明した通り、買取業者に直接マンションを売る場合は、どうしても売値が安くなってしまいます。

それでも少しでも高く売りたいと思うなら、なるべくたくさんの業者を比較して、一番高く買い取ってくれるところ探すしかありません。

急いで売りたい人は面倒に思うかもしれませんが、最低でも3社以上、できれば5社程度は査定を比較して、高く買い取ってくれるところを探しましょう。

これをやるからやらないかで、100万~300万円くらいは買取額が違ってくると思います。

また査定を取る際には、「マンション.navi」のようなポータルサイトを使った方が話が有利に進められます。

買取業者はその道の「プロ」なので、買取額の値上げ交渉をしようと思ってもなかなか応じてくれませんが、ポータルサイト経由で査定を取っている場合、

「他のライバル業者も同時に査定をしているから、高値をつけないと買えないかも…」

という心理が働き、値上げ交渉がやりやすくなるからです。

またマンション.naviの場合、「一般個人への売却査定額」と「買取業者の査定額」の両方を調べることができるので、買取業者にうまく言いくるめられて激安で買い叩かれる可能性も減ります。

一般の売却相場を知っておくことは、売主にとって大きなメリットになるので、買取業者に会う前に必ず調べておきましょう。

業者買取に適している物件は?

前の項目でも解説した通り、単純な金額面だけで言えば、買取業者ではなく一般の個人に売却した方がお得です。

しかし中には、「業者買取じゃないとなかなか買い手が見つからない」という物件もあります。

このような場合は割り切って買取業者を探した方がよいので、それに該当するケースを紹介します。

築年数が古い物件

築年数が古いといっても、感じ方は人それぞれだと思いますが、一般的には「築30年を超えるマンション」であれば、買取を検討してもよいかなと思います。

築年数が30年を超えていても、キレイな中古マンションはたくさんありますが、それはあくまでも目に見える表面的な部分の話で、壁の奥に隠れている部分の老朽化は避けられません。

例えば水道などの給水管や、トイレ・バスの排水管の寿命は、25年から30年だといわれています。

もし売却後に配管などの欠陥が見つかった場合は、先ほど説明した瑕疵担保責任で売主に修繕の義務が発生します。

マンションの配管設備類は複雑なので、構造によっては修繕に数百万円以上かることも珍しくありません。これは売主にとって非常に大きなリスクです。

このようなリスクを避けるための手段として、業者に買い取ってもらうという選択はありでしょう。

過去に事件・事故があった訳あり物件

ストレートな言い方で申し訳ありませんが、過去に自殺や火災などのトラブルがあった部屋は、なかなか買い手がみつからないと思います。

例え見つかったとしても、相場よりかなり低い価格での取引となってしまうでしょう。

このような訳あり物件の場合、がんばって購入希望者を探そうと思っても、事件や事故の説明などが上手くいかずに、時間だけが過ぎてしまうケースが多いです。

それであれば、多少金額は安くなってしまいますが、最初から業者買取を選んだ方が売主の負担も少なくてすみます。

物件の状態がかなり悪い

例えば、親からマンションを相続したけど、内装や設備品の状態がかなり悪く、そのままでは売ることも貸すこともできない…そんな状態の物件なら、業者に買いってもらった方がお得です。

もし通常の流れで売ろうと思ったら、先に部屋の状態を回復させるためのリフォームが必要になります。

しかしリフォームに500万円かけたとしても、その500万円を売却価格にまるまる上乗せすることはまず不可能ですし、リフォームしたからといって必ず売れる保証もありません。

それなら、もともとリフォーム前提で買取を行っている買取専門業者に売った方が、売主にとってのリスクは小さいはずです。

買取保証に対応したサービスを利用するのもあり

買取業者を利用しようか迷った場合、もう一つの選択肢として「買取保証」という選択肢があります。

簡単に言えば、「売却」と「買取」の中間をとった方法です。

まずは業者側に、「直接買い取った場合の査定額」を出してもらった上で、一定期間は通常の売却を目指して個人の買主を探してもらいます。

そのまま買主が見つかれば高値で売却できますし、もし期間内で買い手が見つからなかった場合でも、最初に査定した額で業者側が買い取るという制度です。

売主にとっては安心感があって有利な制度だと思います。

ただし欠点もあって、今のところまだ対応している業者が多くありません。特に地方だと探すのが難しいかもしれません。

先ほど紹介したマンション.naviなどを使って探すのがおすすめです。

まとめ

というわけで、マンションの買取業者を利用した場合のメリット・デメリットについて詳しく解説しました。

くり返しになりますが、何か特別な理由がない限りは、「業者に買い取ってもらうのは損」ということになります。

もし築古物件を売るような場合でも、時間に余裕があるならば、一旦は個人への売却を目指して、仲介業者に相談する方がよいでしょう。

(※仲介業者の選び方については「マンション売却のおすすめはどこ?高く売るなら仲介業者選びが超重要!」のページで解説しているので参考にしてください)

また、すでに買取業者を利用することを決めている場合でも、一般個人への売却相場を知っていた方が、悪質な業者に買い叩かれずにすみます。

査定額を調べられるサイトは色々ありますが、「マンション.navi」であれば一般の売却相場も、業者買取の相場も両方調べられるので便利です。

あとは地域限定となりますが、東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫に住んでいる人の場合は、一般売却にも業者買取にも対応した「SRE不動産」もおすすめです。

買取業者としての実績は多くありませんが、SRE不動産は「両手仲介をしない」と宣言している業者なので、一般個人への売却なら高値が期待できます。

対象地域に住んでいるなら、まずはSRE不動産に売却の相談をしてみて、それでもダメそうなら買取を検討する…といった流れがよいでしょう。

どの方法で売却するにせよ、「業者選び」が一番大事なポイントなので、インターネットの口コミや評判だけで判断するのではなく、しっかりと査定をとって比較することをおすすめします。

マンション.navi

マンションナビ

マンション.naviは、その名の通りマンションの仲介に特化しているサイトで、業界内では老舗のサービスとしてかなり有名です。

運営歴が長いので、住友不動産販売、野村の仲介+、ピタットハウス、三井のリハウス、みずほ不動産販売など、大手の不動産業者と提携しているのはもちろんのこと、地元密着型の小さいな不動産業者にも強いのが特徴です。

全国すみずみまで網羅しているので、とにかくたくさんの業者を比較したい時には絶対に外せないサイトです。

またマンション.naviの場合、「売却」だけではなく、業者による「買取」の査定金額や、一時的に「賃貸」として貸したい場合の相談などもできます。

大手に比べると知名度は落ちますが、訳あり物件の売却や、マンションを貸すのか売るのかで悩んだ場合には、ぜひ利用したいサイトです。

詳細はこちらのページへ

SRE不動産(旧ソニー不動産)

SRE不動産

SRE不動産は、ソニーグループが運営する不動産サービスの一つです。一括査定とは違って、SRE不動産自体が直接売却などの相談に乗ってくれます。

最大の特徴は、「同一物件では片側だけしか仲介しない」という点です。売主にとって不利な両手仲介が発生しないので、今非常に大きな注目を集めています。(両手仲介が発生すると、百万円単位で売り主が損をする可能性があります)

今のところ東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県でしか利用できないのがネックですが、この地域に住んでいる売主にはかなり大きなメリットがあります。

運営元もソニーグループということで安心感があるので、都心に住んでいるなら第一候補として使いたいサービスです。

詳細はこちらのページへ

マンション売却のおすすめはどこ?高く売るなら仲介業者選びが超重要!

分譲マンションを賃貸で貸すのと売るのはどちらがお得?

マンション買取ならどの業者がおすすめ?
ページトップ