すまいValueの口コミ、大手6社の査定評判は信頼できる?

すまいValue

「すまいValue」は、不動産大手6社(三井不動産リアルティ、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産アーバンネット、三菱地所ハウスネット、小田急不動産)が共同で運営している一括査定サイトです。

このページでは、

  • すまいValueはどんなサービスを行っているのか?
  • すまいValueは信頼できるサイトなのか?
  • すまいValueはどんな人におすすめなのか?

について詳しく解説します。

一括査定サイトの中でも大手6社を比較できるのは「すまいValue」だけなので、マンション売却を検討している場合は必ずチェックしておきたいサイトです。

すまいValueの公式サイトはこちら

すまいValueの運営会社情報

「すまいValue」は特定の会社ではなく、不動産業界大手6社が協同で運営している特殊なサービスです。

  • 住友不動産販売株式会社
  • 三菱地所ハウスネット株式会社
  • 東急リバブル株式会社
  • 野村不動産アーバンネット株式会社
  • 小田急不動産株式会社
  • 三井不動産リアリティ株式会社

この6社は、1984年に「オープンマーケット」という団体をつくったのをきっかけに、業界全体をよくしようと、会社の垣根を越えて協力し合っています。

会社名 住友不動産販売、野村の仲介+、東急リバブル、小田急不動産、三井のリハウス、三菱地所ハウスネット
サービス名 すまいValue
本社所在地 各不動産業者に準ずる
代表者 各不動産業者に準ずる
電話番号 0120-087-301(すまいValueサポート窓口)
資本金 各不動産業者に準ずる
サービス歴 2016年10月開始

すまいValueの信頼性は?

すまいValueの信頼性は、「大手6社が協同で運営している」という点につきます。

他の一括査定サイトと違い、不動産会社自体が運営していて、しかも業界の最大手だけが参加しているサービスなので、悪質業者が入り混む可能性はゼロです。

サービス名 提携業者数
すまいValue 6社
マンションnavi 2500社
イエウール 1700社
HOME4U 1300社

一括査定サイトの多くは、「こんなにたくさんの仲介業者と提携していますよ!」という点をアピールしていますが、すまいValueはまったくの逆です。

大手6社のみによる、「数より質」を重視したサービスとなっているので、信頼性という点では一括査定サイトの中でもトップだと思います。

テレビCM動画

すまいvalueはテレビCMも放送しています。

名の通った芸能人が出演している訳ではありませんが、毎回コミュカルな内容のCMになっています。

現在放送されているのは「家を売りたい男」篇で、サスペンスドラマを連想させるような内容になっています。

すまいValueのサービス内容

すまいValueは不動産の売却査定に特化したサービスです。

マンション、一戸建て、土地、ビル、アパートなどの売却査定を、大手6社に一括で依頼することができます。

すまいValue利用方法

必要な項目を選択・入力し、送信するだけなので、スマホやパソコンから簡単に申し込むことができます。

対象が大手6社だけなので、しつこい営業トラブルの心配もありませんし、クレームや苦情にも真摯に対応してくれます。

利用者数 100万人(推定)
年間査定依頼数 360,000件(※2016年10月~2020年1月時点までの累計)
加盟不動産会社 6社
最大査定数 6社
対応エリア 全国870店舗
ランキング調査 年間仲介件数1位

不動産流通推進センターの調べによると、すまいValueの運営6社だけで、国内全体の不動産流通の約40%を占めており、取扱高に関しては60%を超えていることがわかります。

大手業者なので本査定の物件確認も安心ですし、過去の売買事例などのデータが豊富に揃っているのも頼りになります。

売却活動のサポート

すまいValueが他の一括査定サイトと違うところは、売却前から売却後までしっかりサポートしてくれる点です。

すまいValueサポート体制

他の一括査定サイトでは、仲介業者とのマッチングだけを目的としていますが、すまいValueはマッチングだけで終わるのではなく、売却活動中や売却後まで、トータルサポートしてくれるシステムになっています。

「都心部の物件」を売るならすまいValueが強い

すまいValueを運営している大手6社は、全国の主要都市に店舗を構えていますが、やはり大手だけあって「都心部の物件」に対しては圧倒的な影響力を持っています。

不動産流通の約40%をこの6社で占めており、抱えている顧客の数も非常に多いです。

そのため、「マンションを高く売りたい」はもちろん、「早く売りたい人」、「なかなか買い手がみつからない」という悪評がついてしまった物件にも効果的です。

下記は2019年の仲介件数ランキングです。

順位 業者名 仲介件数
1位 三井不動産リアリティグループ 41,533
2位 住友不動産販売 37,643
3位 センチュリー21 26,787
4位 東急リバブル 25,570
5位 野村不動産グループ 8,922
6位 三井住友トラスト不動産 7,935
7位 イエステーション 7,728
8位 大京グループ 6,580
9位 三菱UFJ不動産販売 5,569
10位 東宝ハウスグループ 4,708
三菱地所ハウスネット 1,394
小田急不動産 1,328

すまいValueを運営している6社のうち、4社がトップ10にランクインしています。

しかもフランチャイズ系のセンチュリー21を除けば、実質トップ4を全てすまいValueの運営会社が占めていることになります。

特に人口の多い都市ほど大手が占める割合が高くなるので、都心部に住んでいるならすまいValueは絶対に外せません。

マンション.navi」や「HOME4U」など、他の一括査定サイトでも大手が参加しているところはありますが、6社すべてに対応しているのはすまいValueのみとなります。

担当営業マンの質が高い

すまいValueを運営している不動産業者の店舗数合計は、全国で870ケ所になります。

つまり全国規模のネットワークを持っており、そこには膨大な物件情報と顧客データがあることを意味します。

6社の担当営業マンの宅建保有率は96.5%という驚きの数値です。

大手の不動産業者が集まる集合体なので、当然新人営業マンもたくさんいるはずです。それでいてこの宅建保有率は本当にすごいと言えます。

専門知識のある宅建資格者が多いということは、それだけ安心して相談できる環境が整っているという信頼性にもつながります。

すまいValue宅建保有率

すまいValueのデメリットは?

すまいValueを運営している6社の不動産店舗は全国各地にあります。そのため、一括査定サービスも全国に対応しています。

しかしメガバンク系列などでもそうであるように、主要都市から離れてしまうと、サポートが弱くなるという側面もあります。

※物件がサポート対象エリアなのかどうかは、「物件種別」「都道府県」「市区郡」「町名」の4項目を選択するだけで、簡単に調べることができます。

すまいValue入力項目>

地方にある物件の場合は、中小の「地元密着型業者」の方が強いこともあるので、そこをカバーできないのがすまいValueのデメリットです。

そのため地方物件の査定を依頼する場合は、全国対応で提携業者数の多い「マンション.navi」などを併用するのがおすすめです。

地方物件の場合は買い手も少なくなるため、大手6社対応のすまいValueと、中小業者を幅広くカバーしたマンション.naviの両方を使って、少しでも売れる確率が高めましょう。

マンション.naviの公式サイトはこちら

キャンセルする場合はどうすればいいの?

すまいValueを使って査定依頼をした後に、もしキャンセルしたい場合には、こちらのお問い合わせフォームから連絡をすればOKです。

お問い合わせ種別で「ご依頼済みの内容について」を選択すると、「査定依頼ID」を入力できるようになります。

そこに査定依頼完了メールに記載されているIDを入力し、キャンセルしたい旨を記入して送信すれば手続きは完了です。

すまいValueの口コミ評判(5件)

東京都/39歳/男性

一括査定サイトの中でも一番安心できるかな、と思って利用してみました。普通の一括査定サイトを利用したとしても、いずれにせよ大手に頼もうと思っていたので。

自分の持っている物件では、査定は3社にしか出せなかったけど、返事は早く、査定依頼をしたらその日のうちに連絡が来ました。レスポンスの早さはかなりスピーディーだと思います。

査定で依頼した3社ともに訪問で査定をしてもらうことになり、そのうち一番しっかり親身に対応してくださった営業の方にお願いすることに。ちなみに査定額は数十万程度の違いこそあれ、どこもある程度変わらなかったように思います。

どちらかと言えば高く売ることよりも、早く売ることに念頭をおいて業者さんを選びました。その後、値下げする必要もなく、1ヵ月半ほどで物件が成約。かなり満足の行く取引ができました。

兵庫県/46歳/男性

これまでにも何度か不動産業者を介して物件を売買したことがあるのですが、実は居住中の物件を売却するのが初めてで、売却プランに不安があったのが一点、また首都圏内の売却に強い不動産業者を探していたということもあり、行き着きました。

相談してみた結果、業者さんから内見時のサポートなどもしてもらったおかげで見事に物件売却と相成りました。感謝しています。

自分は口下手で他人にアピールするというのが苦手なので、その点を上手くフォローしてくれたM社のFさんには頭が上がりません。やはりこういう時に頼りになるのは大手だなというのが率直な感想です。

山口県/43歳/男性

いくつかの一括査定サイトを見回り、大手6社に査定をしてもらえる思ったので、すまいValueに査定を依頼しました。ですが、査定をお願いできる企業が2社しかなく、これでは最初の印象と違うな、というのが率直な感想です。

それでも査定をお願いしてみたところ、想定よりもかなり安い査定を出されてしまい、ここでもちょっと印象がマイナスです。

ただこれは営業さんに説明を求めたところ、納得の行く理由があったので問題ありませんでしたが。なんでもこのすまいValueでは、3ヵ月で売却が見込める価格設定を基準にしているらしいので、そのために市場価格よりも安く査定することがあるそうです。

説明を聞いて納得はしましたが、残念ながら早期売却を見込んでいなかったので、結局売買契約を結ぶには至りませんでした。早期売却を目指している人は話が合うと思いますので、条件に合う人には良いと思います。

千葉県/33歳/男性

結婚することになり、28歳のときに購入した単身用の新築分譲マンション(1LDK)からの住み買えを考えていました。新居を購入する資金のこともあるので、少しでも高値での売却が希望です。

新居も探すところからなので、売却と購入を同時進行してもらえるように、大手不動産仲介業者が揃っている「すまいValue」に査定をお願いすることにしました。

査定依頼する段階で、新居の購入も検討していることを「要望欄」で伝えました。そのほうが査定も良い金額を出してくれそうだと思ったからです。

その作戦が功を奏したのか、4社とも自分が想定している以上の査定額を出してもらうことができましたので、最後は新居候補を素早く探してくれた三井さんにお願いすることにしました。

新潟県/38歳/女性

東京・中野のマンション売却をお手伝いしてもらいました。

離婚を機に実家がある新潟へもどることに決まっていましたので、少しでも早く売却してスッキリしたかったというのが本音です。

ですので、すまいValue以外の一括査定サイトは利用していませんが、査定見積もりを頂いた業者はすべて親切・丁寧で良かったと思います。

ただ私たちが売り急いでいたこともあり、希望していた価格よりも1割ほど安くなってしまったのが残念です。

それでも売却後の手続きまで、しっかりとサポートしてくれましたので、そこはサイトに書いてある通りだったと満足しています。

すまいValueはどんな人におすすめか?

すまいValueは大手6社から一括査定を取れる唯一のサイトなので、人口が多い都市に住んでいる人は必ず利用した方が良いサービスです。

先ほど説明したように、国内全体の不動産流通の約40%をこの6社で占めているので、もし売却査定を取らないと、大きなチャンスを逃すことになりかねません。

したがって、

  • 人口の多い都市に住んでいる人
  • なるべく早く買い手を見つけたい人
  • 特に信頼できる業者を探している人
  • 現在の仲介業者に不満がある人

上記に当てはまる人は、一度すまいValueで査定を取ってみるのがおすすめです。

他の一括査定サイトと違い、不動産業者自体が運営するサービスなので、査定して終わりではなく、売却活動中から売却後までトータルサポートしてくれるという点も大きな魅力です。

すまいValueの公式サイトはこちら


※なお、住んでいる地域が「東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、京都、奈良」の方は、こちらのページで紹介している「SRE不動産(旧ソニー不動産)」もあわせて利用するのがおすすめです。

理由は上記ページで解説していますが、明らかに「売主に有利なサービス」になっているためです。該当地域の人はぜひ確認してみてください。

目的に合わせた仲介業者選びまとめ

  • できる限り高く売りたい
  • 急いで売って現金化したい
  • なかなか売れなくて困っている
  • 賃貸にしようか迷っている
  • 買取専門の業者を探している
  • ローン残債があるけど売りたい
ページトップ