最上階の部屋は売れやすい。でも高く売れるとは限らない

最上階の部屋は売れやすい。でも高く売れるとは限らない

マンションは、新築であっても中古であっても、一般的に上の階になるほど値段が高くなります。マンションを売却する時のことを考えて、最上階の購入を希望する人もいるようです。また、最上階ならではの魅力もいろいろありますよね。

でも、人気の高いマンションの最上階であっても、常にすぐに売れたり高値で売れたりするわけではありません。それはなぜでしょうか?ここではマンション最上階のメリット、デメリットについてまとめてみました。

マンションの最上階のメリット

ペントハウスと呼ばれることもある、高級なイメージが強いマンション最上階。では、マンションの最上階には、どのようなメリットがあるのでしょうか?

眺望が良い

何と言っても、マンションの最上階の魅力は眺望の良さです。周囲に遮るものが少ないので、いつでも開放的な気分が味わえます。広々とした景色が好きな人には、たまりませんよね。さらに、最上階はバルコニーが広かったり、ルーフバルコニーがついていたりする場合も多く、日当たりが抜群なのも人気の理由の一つです。

物音の心配がない

マンションのトラブルの一つが、他の部屋からの物音。隣人との関係が悪くなるなど、深刻なケースになる場合もありますよね。その点、最上階は上の部屋からの物音の心配がありません。また、最上階に1部屋という場合だと、隣の部屋からの音も気にすることがないため、音を気にする人は最上階を選ぶことが多いようです。

天井が高い場合がある

マンションの天井の高さは、戸建などと比べて低めのことが多いのですが、最上階だけ天井を高くしていることがあります。これは、マンションの屋根からの熱を避けるためなのですが、高い天井を好む人にとっては、魅力のあるポイントになっています。

最上階のデメリット

次に、人気の高いマンションの最上階には、どのようなデメリットがあるのでしょうか?

夏場に暑くなる

最上階の天井を高くしていることからもわかるように、マンションの最上階の部屋は、屋根からの熱の影響をかなり受けます。特に、夏場の最上階の部屋はかなり暑くなりますので、クーラーを使うことが多くなり光熱費が通常よりかかることも。

風の影響を受けやすい

周囲に遮るものがないので、風通しがよいのは最上階のメリットなのですが、台風の時などは四方八方から風や雨が吹き付けるので、かなりしっかりとした防風対策が必要になります。また、強い風がふくと、高層マンションの最上階では揺れを感じることもあります。

最上階なのに騒音?

屋上をマンションの居住者に開放している場合、屋上を歩く足音などが通常の居室よりも響いてうるさいことがあります。また、夏場にマンションの躯体である鉄骨が、熱によって膨張するときに音が響くこともあるようです。

マンションの最上階の人気が高いのは確かですが、デメリットもあることも事実。最上階だからといって強気な価格で売りに出すと、なかなか売れなくて結局値下げした…ということにもなりかねません。不動産業者や専門家にきちんと相談して、適正な価格をつけるようにしましょう。

マンションを高く売るなら仲介業者選びが超重要!おすすめはどこ?

分譲マンションを賃貸で貸すのと売るのはどちらがお得?

マンション買取ならどの業者がおすすめ?

あなたの売却理由に合わせた達人のアドバイスをチェック!

  • 住み替えのために売りたい
  • 資産整理のために売りたい
  • 住宅ローンが支払えないから売りたい
  • 引っ越し、転勤のために売りたい
  • 離婚のために売りたい
  • 相続したが不要なので売りたい
ページトップ