東急住宅リースの売却査定の信頼性は?口コミ評判まとめ

東急住宅リース

「東急住宅リース」は、東急不動産ホールディングスグループに属していて、主に賃貸住宅事業を行っている会社です。

「マンションの売却」と、「賃貸の仲介」の両方を相談をすることができます。

このページでは、

  • 東急住宅リースはどんなサービスを行っているのか?
  • 東急住宅リースは信頼できるのか?
  • 東急住宅リースはどんな人におすすめなのか?

について詳しく解説します。

所有しているマンションを「売却」しようか、それとも「賃貸」にしようかで悩んでいるなら、相談してみる価値がある会社です。

東急住宅リースの公式サイトはこちら

東急住宅リース株式会社の企業情報

東急住宅リースは、東京の青山に本社を置く東急不動産ホールディングスグループの会社です。

東急コミュニティー、東急リバブル、東急リロケーションの3社の不動産事業の一部を統合し、2015年に誕生しました。

統合した会社の中には、賃貸管理会社として30年以上の企業もあり、新しい会社ですが経験と実績はしっかりしています。

その証拠に2020年3月時点での賃貸管理戸数は、わずか設立から6年で92,000戸を超えています。

会社名 東急住宅リース株式会社
所在地 東京都新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリス16階
設立日 2014年4月1日
電話番号 0800-1001-109
代表者 三木 克志
資本金 100,000,000円
従業員数 1,037名(2019年3月末)
宅地建物取引業者免許 国土交通大臣(2)第8740号
ホームページ https://www.tokyu-housing-lease.co.jp/

東急住宅リースの対応地域・支店情報

東急住宅リースの営業所は、執筆時点で以下のようになっています。

営業所 住所 電話番号
本社 東京都新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリス16階 03-6901-6200
都心営業センター 東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル15階 03-6861-9651
勝どきセンター 東京都中央区勝どき1-13-6 プラザタワー勝どき1階 03-5548-7109
東雲センター 東京都江東区東雲1-9-17 東雲キャナルコートCODAN管理サービス事務所 03-5547-0180
横浜センター 神奈川県横浜市青葉区あざみ野1-7-1 ゴールドワンあざみ野2階B 045-902-4601
名古屋センター 愛知県名古屋市中区新栄町2-13 栄第一生命ビルディング 2階 052-857-1090
関西支店 大阪府大阪市北区芝田1-14-8 梅田北プレイス10階 06-6486-8190
福岡センター 福岡県福岡市中央区天神2-14-2 福岡証券ビル6階 092-687-5320

対応エリアは東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県がメインになります。

それ以外のエリアは個別相談になるので、最寄りの営業所に問い合わせしてみてください。

東急住宅リースの信頼性は?

東急住宅リースは、東急不動産ホールディングスグループに属する会社なので、会社の経歴に関しては何ら問題はないと判断できます。

その上で、「賃貸」と「売却」を並行募集できるという点に注目です。

並行募集とは、賃貸と売却の両方を同時に募集することで、反応を見ながら最終的にどちらで話を進めるか決めることができるというやり方です。

他の会社の場合、仲介手数料による収益性が高い「売却」を優先する方が多いのですが、東急住宅リースは並行募集を推奨しており、この点から「利用者寄りのビジネスをしている」と言えるでしょう。

東急住宅リースの事業内容

賃貸経営や建物管理までトータルサポートしてもらえるシステムが用意されていて、不動産売却の仲介も相談することができます。

賃貸経営

東急住宅リースの賃貸経営はケース別に3つのプランがあります。

  • アパートマンションマン1棟
  • 分譲マンション、戸建て住宅
  • 外国人オーナーの所有物件

アパートマンションマン1棟

賃貸アパートやマンションをまるごと1棟所有しているオーナー向けプランです。

建物全体の管理をお願いすることもできますし、1棟まるごと東急住宅リースに借り上げてもらうこともできます。

簡単な物件確認をしてもらうだけで、賃料の査定依頼もお願いすることができます。

東急住宅リースと管理委託契約すれば、入居者募集から家賃対応、入居者からのクレームまで、すべて東急住宅が家主に代わりにやってくれますので、わずらわしいトラブル対応などから解放されます。

分譲マンション・戸建て住宅

「分譲マンションを購入したが転勤になった」、「相続した実家を賃貸活用したい」など、マイホームの賃貸相談ができるプランです。

特に人気なのが、リロケーションプランという期間限定の賃貸経営です。

定期借家契約ともいうので、6ヶ月とか1年、2年というように期間を限定して貸すことができ、転勤している間だけ賃貸に出し、住宅ローンの支払いを軽減することができます。

しつこいクレームや苦情対応が大変だから、他人に貸すことに抵抗がある人もいるかと思います。

悪質な入居者に貸してしまうと、近隣の方に迷惑をかけ、悪評を立てられてしまうこともあります。

そのような人には、転勤などで留守にしている期間だけ部屋の管理をお願いできるサービスもあります。

外国人オーナーの所有物件

昔から日本の不動産物件は、海外の投資家に高い人気があります。

東急住宅リースでは外国人オーナー向けの賃貸サービスを専門にする「グローバルネットワークグループ」というチームがあり、言葉の問題や海外への家賃送金などにも対応してくれます。

家賃の設定から値引き交渉まで、すべて日本のスタッフが対応するので、安心して物件を任せることができます。

東急住宅リース外国人オーナー向けサービス

出典:https://www.tokyu-housing-lease.co.jp/service/global/

不動産仲介

東急住宅リースでは、自社独自の不動産仲介サイトを持っており、あらゆるニーズに対応できる環境がしっかりと整っているのも強みです。

例えば都心営業センターでは、渋谷区、港区、千代田区、中央区、目黒区の高額賃貸物件に特化した専用の窓口もあり、適材適所で効率の良い運営をしていることがわかります。

建物管理

東急住宅リースでは、オーナーより預かっている物件の建物管理を専門にしている部署があるので、はじめての賃貸経営でも安心して任せることができます。

建物・設備の維持管理はもちろん、建物修繕・改修工事や建物診断・中長期修繕計画の提案まで、多角面から賃貸経営をバックアップしてもらえます。

このような細かな点検や修繕が、将来的な不動産の資産価値にも大きく影響してきます。

リフォーム・リノベーション

実家を相続した場合など、賃貸として活用するには多少のリフォームやリノベーションが必要になる物件も少なくありません。

東急住宅リースでは、業務提携している施工会社や設備会社があるので、小さなリフォームから大掛かりなリノベーションまで相談することができます。

定額制のリフォームプランも用意してあるので、費用面での心配も最小限に抑えることができるようになっています。

東急住宅リースリフォーム前

東急住宅リースリフォーム後

東急住宅リースは特に「賃貸経営」に強い会社

東急住宅リースでは、売却と賃貸経営のどちらでも相談できるのですが、賃貸管理に関しては30年以上の実績もあるため、売却よりも賃貸経営に強い会社という印象があります。

東急住宅リースの賃貸経営を活用している人は、以下のようなケースです。

東急住宅リース賃貸経営利用者

東急グループのネットワークはもちろん、その他の不動産ポータルサイトとも多数提携しており、幅広い層への賃貸情報を発信することができます。

東急住宅リース入居者募集

また、法人との社宅契約数が多く、安定した収入が得られるとオーナーさんからの評判も高いです。

サブリース契約で収入を保証

良い物件でも退去後に次の入居者が決まるまで、1~2ヶ月期間が空いてしまうことは珍しいことではなく、通常の賃貸経営であれば、空室期間の家賃収入は0円になります。

しかしサブリース契約を結ぶと借主は東急住宅リースになるので、入居者の入れ替え期間が空いても契約した通りの家賃を毎月支払ってもらえます。

これはアパート経営大手のレオパレスや大東建託がやっている一括借り上げと同じで、資金力がある企業だからこそできる賃貸サポートシステムだといえます。

東急住宅リースサブリース契約

わずらわしい苦情やクレーム対応はもちろん、入居者募集から契約、退去時の立会いまで、すべて東急住宅リースがやってくれます。

また、オプションにて「設備フリーメンテナンスサービス」に加入することで、設備類の故障も保証してくれるので、突発的な出費を心配する必要もありません。

東急住宅リース賃貸経営サポート内容

充実したサービス内容

東急住宅リースでは、オーナー向けと入居者向けに豊富なサービスを提供しているため、安定した賃貸経営を行うことができます。

オーナー向けサービス

オーナー向けサービスでは、さらなる収益の確保や経費削減をすることで、より質の高い賃貸経営をサポートしてくれます。

リモデルアップ 人気の間取りや設備類などを取り入れた定額制リノベーション
T×HAPTIC 東急ハンズとコラボした定額制リフォームパック
資産相続サポート 相続時の不動産についての悩みや不安を相談することができる
軒先パーキング アパートやマンションの不要な駐車スペースを貸し出すことができる
照明のLED化 物件全体の照明をLED化することで電気代の節約になる
ガス会社の見直し プロパンガス会社の見直しなど積極的に相談にのってくれる
カーシェアリング 駐車場にカーシェアを設置し物件を魅力的にする

入居者向けサービス

東急住宅リースの賃貸経営の強みは、オーナーだけでなく、入居者に対しても豊富なサービスを用意している点にもあります。

オーナーほどではありませんが、引越し割引や動画配信などの各種サービス。

さらに電気代がお得になる東急でんきパックや65歳以上の高齢者向け支援サービス「YUYUパートナーズ保証」などが用意されています。

このように30年にわたる賃貸管理業の経験から、賃貸オーナーの不安、入居者の要望をサービスに取り込むことで、東急住宅リースは安定した賃貸経営を実現することができています。

東急住宅リースのデメリットは?

東急住宅のデメリットとしては、サービスエリアが東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県に限定されてしまうことです。

エリア内に物件のある人であれば、「売却」と「賃貸」の並行募集してくれる東急住宅リースに相談する価値は高いと思います。

残念ながら対象エリア外の人は、「売却」と「賃貸」の査定を同時に依頼できる「マンション.navi」というポータルサイトがあるので、こちらを使って相談に乗ってくれる業者を探してみましょう。。

今後東急住宅リースのサービスエリアが拡大して、より多くの人が相談できるようになることを期待します。

東急住宅リースの口コミ評判(5件)

東京都/50代/女性

私は東急住宅リースさんのサブリースを活用しています。

入居状況にかかわらず、例え空家になっても毎月定額の家賃を保証してくれるというシステムに魅力を感じたからです。

入居状況に関係なく、安定した収入を得ることができるのは大きなメリットですが、デメリットとしては、通常の賃貸で貸すほうが、手元に入ってくる収入が多くなることです。

それでも私は収入が安定しない不安が大きかったので、東急住宅リースさんの家賃保証みたいな制度は自分に合っていたと思いお願いすることにしました。

京都府/30代/男性

年齢的にも転勤はあと数年で終わるはずなんで、その後は相続した実家に家族全員で移り住む考えです。

東急住宅リースのリロケーションプラン。

契約期間を設けていて満了になり次第、明け渡してもらえるのとの事だったので、その間の家賃収入や空き家のままにして老朽化する心配もなく、安心して実家を貸すことができました。

すぐに名の知れた大手企業の社宅として借りてもらえたのですが、社員寮ってアパートとかマンションだけかと思っていたので予想外でびっくりです。

千葉県/30代/女性

2年前、念願だった庭付き一軒家を購入したのですが、母が体調を崩してしまい、しばらく家族みんなで私の実家で暮らすことになりました。

そこで一番不安だったのが、購入した家の住宅ローンです。

実家に戻るのですから家賃が必要なわけではないのですが、やはり何かと入用で・・・・

ちゃんと住宅ローンを払っていけるだろうか?という不安ばかりが日々大きくなっていきました。

そんなとき主人が、東急住宅リースのサイトを発見し、すぐに相談してみることに。

もちろん賃貸メインで考えていたのですが、売却と賃貸の両方で見積もりしてもらうことができ、売却するより賃貸として貸す方が自分たちの希望に合っているのだと確信することができました。

埼玉県/40代/男性

離婚して養育費を払っていかなければならないこともあり、思い切ってマンションを賃貸に出すことにしました。

東急住宅リースに賃料の査定見積もりをお願いしたのですが、自分が思っていた賃料よりも低くショックでした。

他の不動産会社にも相談してはみましたが、やはりどこも大差ありませんでした。

たった7年でここまで不動産の価値が下がるとは思っていなかったので、詳しく話を聞くと、低層階で近くに踏み切りがあること、LDKが9帖と少し狭いことなどで、かなり評価が下がってしまったそうです。

やはり購入するときに、もっとしっかりリサーチしておくべきだったと今更後悔しています。

神奈川県/40代/男性

父親が他界し、実家を相続しましたが、わたしは数年前に新築を購入したばかりですし、他に兄弟もいません。

妻と相談し、将来子供たちが家を建てるための土地として残しておくか、それとも今すぐに売却してしまうかの2択で迷っていました。

そこで「売却」と「賃貸」の相談ができる東急住宅リースさんに査定をお願いすることにしました。

結果としては、実家の建物が築年数的にかなり古いこともあり、賃貸だとかなりのリフォーム工事が必要になるといわれ、売却する決心がつきました。

ただ、東急住宅リースさんは売却よりも賃貸に力を入れているイメージが強く、売却となれば他の一括査定サイトも視野に考えなければならず、今回はいったん白紙に戻してもらいました。

マンション売却業者の口コミ投稿はこちら

東急住宅リースはどんな人におすすめか?

今回は東急住宅リースのサービス内容に関して詳しく説明しました。

最大の強みは、「売却と賃貸のどちらでも相談できる」という点です。

  • 相続した不動産の扱いに困っている
  • 急な転勤で自宅に住むことができなくなった
  • 今は住んでいない実家をどうするか悩んでいる

もしこのような理由でマンションを売ろうか貸そうか迷っているなら、一度東急住宅リースに相談してみると良いと思います。

ただし先ほど書いたように、サービスエリアが東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県に限定されるので、対象エリア外の人は「マンション.navi」などを使って、相談に乗ってくれる業者を探してみましょう。

対象エリア内に住んでいるなら、とても心強い会社だと思います。

東急住宅リースの公式サイトはこちら

目的に合わせた仲介業者選びまとめ

  • できる限り高く売りたい
  • 急いで売って現金化したい
  • なかなか売れなくて困っている
  • 賃貸にしようか迷っている
  • 買取専門の業者を探している
  • ローン残債があるけど売りたい
ページトップ