「マンションを買いたい人がいます」というチラシの裏事情

「マンションを買いたい人がいます」というチラシの裏事情

「あなたのマンションを購入したいお客様がいます!」、「当マンション限定で物件を探している法人様がいます!」などのチラシを目にしたことはありませんか?マンションを売りたいと考えている人には、とても魅力的なチラシですよね。

でも、ちょっと待ってください。そのようなチラシには、「ウラ」や「ワナ」がある場合も。そのような「ワナ」に引っかからないためには、どこに気をつければよいのでしょうか?

「求むチラシ」「求む広告」とは?

郵便受けになどに入っている「売りマンションを求めています!予算は○○千万円まで!」というチラシを「求むチラシ」、または「求む広告」といい、大抵の場合、相場よりも高めの価格を出すなど、人目を引くように作られています。

いかにもあなたのマンションを、相場よりも高い価格でも買いたい!という人がすぐにいるような印象を受けますが、たいていの場合、過去の売買のデータなどを掲載するなどして、実際にはそのような買い手がいないことが多いようです。

「求むチラシ」の目的は?

では、なぜそのようなチラシをあちこちに配布しているのでしょうか?「求むチラシ」の本当の目的は、マンションを「売りたい」人を探すことです。

チラシを見て問い合わせてくる人は、少なからず「売りたい」と思っている人。そのような人を呼び込むために、あえて目を引くようなチラシを配っているのです。

チラシを見て売却契約をしたものの、実際に売りに出してみたら、チラシよりもかなり低い価格で売ることになってしまった…などということもあるので、売却を考えている人は注意しましょう。

もし「求むチラシ」に興味がある場合は?

とはいえ、今、マンションを売りたいと考えている人にとって、「求むチラシ」はとても興味を引くものですよね。では、実際に売りたい時にそのようなチラシを見つけた場合、どのようにすればよいでしょうか?

すぐに飛びつかない

「渡りに舟」とばかりに、すぐに「求むチラシ」の不動産業者に連絡をしないようにしましょう。「チラシを見て連絡しました」と、マンションを売りたいことを業者に伝えてしまうと、足元を見られてしまうかもしれません。たとえ「求むチラシ」を見て連絡をしたとしても、チラシを見た、ということは伏せておいた方がよいでしょう。

他の不動産業者に問い合わせてみる

「求むチラシ」を出している不動産業者ではなく、他の業者に問い合わせてみるのも一つの手です。本当にチラシの価格で売れるのか、そのような買い手がいるのかなど、詳しく問い合わせてみましょう。

その際、不動産業者同士がつながっている場合もありますので、問い合わせをしたりマンションの査定を頼んだりする時は、できるだけ複数の業者に依頼することをおすすめします。

いずれにしても、「求むチラシ」のおいしい条件を鵜呑みにせず、あなたの大切なマンションの売却を安心して任せられる、良心的な不動産業者をしっかりと選ぶようにしましょう。

マンションを高く売るなら仲介業者選びが超重要!おすすめはどこ?

分譲マンションを賃貸で貸すのと売るのはどちらがお得?

マンション買取ならどの業者がおすすめ?

あなたの売却理由に合わせた達人のアドバイスをチェック!

  • 住み替えのために売りたい
  • 資産整理のために売りたい
  • 住宅ローンが支払えないから売りたい
  • 引っ越し、転勤のために売りたい
  • 離婚のために売りたい
  • 相続したが不要なので売りたい
ページトップ