マンションを買う際の手付金に相場はありますか?

マンションを買う際の申込金や手付金について教えてください。

マンションを購入して、賃貸アパートから住み替えようと考えています。まだ、全然具体的に考えているわけではないのですが、とりあえず頭金として500万円ぐらいは貯めた方がいい、という話を聞きましたので、がんばって500万円貯めました。あとは住宅ローンを組んで、3000万円ぐらいのマンションが買えればいいな、と思っています。

そこで質問なのですが、マンションなどの不動産を購入するときには、申込金や手付金というものが必要だと聞きました。3000万円のマンションを買うとなると、支払う手付金の相場はどれくらいなのでしょうか?

また、買うつもりで手付金を支払ってから、もしも買うのを止めたりすることになった場合、手付金は返してもらえるのでしょうか?頭金のことばかりに一生懸命で、そのような費用についてはまったく考えていませんでした。教えていただければ助かります。よろしくお願いします。

まず、申込金と手付金の違いについて説明しますね。申込金とは、物件(マンション)を購入する意思の確認や申込みの順位確保のために支払うお金です。

一般的には10万円ぐらいまでで、通常、申込みを取り消した場合は返してもらうことができます。また、契約を結んだ場合、申込金は次に述べる手付金や諸費用の一部に充てられることが多いようです。

これに対して手付金とは、売買契約を結んだ時に支払うもので、契約を確かに交わしました、という証拠金の役割を担うものになります。ですから、もしあなた(買主)が契約を自己都合で取りやめた場合は、契約の解約金として相手(売主)がそのまま受け取ることになります。

反対に、相手(売主)の都合で契約が解約された場合は、手付金を倍額にして買主(あなた)に返す、というのが一般的なようです。

では、その手付金の相場はどのようになっているのでしょうか?手付金の額は、売主と買主の合意で決められますが、不動産仲介業者が売主の場合は、法律で手付金の上限が決められています(売買価格の20%)。

ですから、3000万円の物件でしたら、3000万円×20%で、手付金の上限は600万円となります。ただし、これは上限ですので、通常は売買価格の5~10%(150~300万円)ということが多いようです。

また、この手付金は、契約がきちんと実行された場合は、最終的に物件の売買価格の一部に充てられます。ですから、売買価格の他に手付金として準備する必要はないといえます。

以上が申込金と手付金についてですが、不動産(マンション)を購入する際には、他にも仲介手数料やいろいろな諸経費がかかります。

3000万円の物件ですと、仲介手数料として訳100万円、諸費用として約100万円、合計約200万円かかります。これに引っ越し代やリフォーム代、新しい家具の購入費などを加えていくと、もっとたくさんの費用がかかることは言うまでもありませんね。

このような費用がかかることも頭に入れた上で、自己資金を準備しましょう。

なお、マンションを売却する際の諸費用に関しては、こちらのカテゴリーで詳しく解説しています。

マンションを高く売るなら仲介業者選びが超重要!おすすめはどこ?

分譲マンションを賃貸で貸すのと売るのはどちらがお得?

マンション買取ならどの業者がおすすめ?

あなたの売却理由に合わせた達人のアドバイスをチェック!

  • 住み替えのために売りたい
  • 資産整理のために売りたい
  • 住宅ローンが支払えないから売りたい
  • 引っ越し、転勤のために売りたい
  • 離婚のために売りたい
  • 相続したが不要なので売りたい
ページトップ