近鉄不動産株式会社のサービス内容と口コミ評判について

近鉄不動産株式会社のサービス内容と口コミ評判について

近鉄不動産は、142社のグループ会社をもつ近鉄グループホールディングス傘下の不動産会社です。

関西圏、東海圏、首都圏を中心に、住宅分譲、不動産仲介、商業施設などの管理運営、リフォームなど、不動産に関するさまざまな事業を行っています。

このページでは、

  • 近鉄不動産の「仲介安心サポート」ってどんなサービス?
  • 近鉄不動産の信頼性は?
  • 近鉄不動産はどんな人におすすめなの?

という点について詳しく解説します。

なお、当サイトではマンションを売却する際の業者の選び方について、ケース別にポイントを解説しています。

自分に合う最適な業者を見つけたい人は、ぜひこちらもチェックしてみてください。

自分にとって最適な仲介業者の選び方はこちら

近鉄不動産の企業情報

近鉄不動産は、大阪市天王寺区に本社を置く、近鉄グループの不動産会社です。

1968年の創業以来、全国で約740物件、84,000戸を超える分譲マンションを供給してきました。

マンション分譲事業のほか、戸建や土地の分譲事業、個人向けや法人向けの不動産仲介事業、ビルの高さ日本一として有名な「あべのハルカス」に代表される複合商業施設の管理運営など、さまざまな不動産事業を展開しています。

会社名 近鉄不動産株式会社
本社 〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-5-13 上本町新歌舞伎座ビル(上本町YUFURA)
代表者 倉 橋 孝 壽
資本 120億9000万円
設立 1968年4月1日
従業員数 888名(2020.4.1現在)
事業内容
  • 分譲マンション・戸建・宅地分譲事業
  • 注文住宅請負事業不動産仲介事業
  • 不動産鑑定評価
  • リフォーム・リノベーション事業
  • ゴルフ場の経営
  • オフィスビル事業・商業施設の運営・管理
  • 駐車場事業
  • 高架下事業
許認可
  • 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(10)第3123号
  • 不動産鑑定業登録 大阪府知事(2)第764号
  • 第二種金融商品取引業登録 近畿財務局長(金商)第140号
  • 特定建設業許可 国土交通大臣許可(特‐30)第20288号
  • 一級建築士事務所登録 大阪府知事登録(ニ)第20100号 他
主な加盟団体 (一社)不動産協会
(一社)日本木造住宅産業協会
(公社)日本不動産鑑定士協会連合会
(一社)不動産流通経営協会
(一社)不動産証券化協会
(一社)大阪ビルディング協会
公式HP https://www.kintetsu-re.co.jp/

近鉄不動産の対応地域・支店情報

多様な不動産事業を展開する近鉄不動産で、「近鉄の仲介」というブランド名で不動産仲介を取り扱う店舗は全国で47か所。

その内、33店舗は関西圏に集中していています。

近鉄不動産営業所

※出典:https://chukai.kintetsu-re.co.jp/office/Find_Office.cgi

近鉄グループというと関西圏のイメージが強いと感じる人もいると思いますが、近鉄不動産は東京や千葉、名古屋などにも店舗があります。

近鉄不動産の信頼性は?

運輸、不動産、流通、ホテルなど、数々の事業を展開する近鉄グループの中で、近鉄不動産は不動産部門の中核企業です。

多角的で多様な不動産事業によって、2019年度は売上高1,213億円4,100万円という実績になっています。

また、「近鉄の仲介」で実際に不動産の売買取引をした人に、仲介の満足度に関するアンケートを行ったところ、約93%の人が「満足・大変満足」と回答しています。

近鉄不動産満足度

同じく、同社に仲介を依頼した理由を聞いたところ、そのトップ5は、

  1. 営業担当者の対応・人柄
  2. 会社の信頼性
  3. 分かりやすい提案
  4. サービス、商品の魅力
  5. インターネット等での評判

という結果でした。中でも担当者の評価については約99%の人が「良い」以上の評価をしています。

近鉄不動産満足度

近鉄不動産では顧客満足度を第一として考えている為、営業マン個人への「ノルマ」は課していません。

このような企業姿勢によって顧客満足度約93%を実現しており、信頼性は高いと言えます。

近鉄不動産の事業内容

近鉄不動産の事業内容について、不動産売却を中心に解説していきます。

仲介あんしんサポート

近鉄不動産に売却または購入の仲介を依頼すると、売主・買主ともに「あんしんサポート」という近鉄不動産独自の保証やサービスを受けることが出来ます。

あんしんサポートで受けられる保証サービスは次の3つです。

住宅設備保証サービス

取引される建物(マンション・戸建)の住宅設備機器について検査・点検・修復の保証を行うサービスです。

売主は建物引渡し後7日間、買主は建物引渡し後1年間(最初の7日間を除く)、不具合の保証を受けられます。

近鉄不動産住宅設備保証サービス

対象となる機器によって違いはありますが、例えば給湯器であれば製造から10年以下の製品であれば10万円まで、10年を超えるものは6万円までを限度として修理費用の保証が受けられます。

また、この保証サービスの対象となる人は、対象となる期間中であれば24時間緊急対応サービス(水まわりトラブル・窓ガラストラブル・カギのトラブル)も受けることが出来ます。

建物瑕疵保証サービス

取引される建物(戸建)を事前に検査・点検をして、引渡し後1年間不具合の保証をしてくれるサービスです。

保証の対象となるのは、雨漏り・主要な部位の腐食・給排水管の故障、シロアリ駆除となります。

近鉄不動産建物瑕疵保証サービス

建物主要部分の不具合については200万円(税込)を限度に、シロアリ対策については50万円(税込)を限度に補修対応をしてくれます。

空家巡回サービス

売却対象の建物(戸建)が、普段住んでいない別荘やセカンドハウス等の場合、警備会社のアルソックが1か月に1回、見回りと投函物の回収などを行ってくれるサービスです。

1か月以上空き家になっている戸建住宅がサービスの対象となります。

近鉄不動産空家巡回サービス

今回紹介した「あんしんサポート」の保証サービスを受けるには条件が有りますので、詳細は「近鉄の仲介」の看板がある近鉄不動産各店舗に直接問い合わせしてください。

不動産買取サービス

「近鉄の仲介」では、同社がマンションや土地を直接購入する不動産買取サービスも行っています。

不動産買取サービスのメリットは、

  • 仲介手数料がかからない
  • 近所に知られず自宅を売却できる
  • 資金計画、スケジュールが組みやすい
  • 売却に伴う室内クリーニング、リフォーム等をしなくていい

などがあります。

一方で不動産買取サービスのデメリットは、買取価格は仲介で売却する金額よりも安くなってしまうことです。

そのため、不動産買取サービスが向いているのは、

  • 長期間売りに出しているが買い手が見つからない
  • 早急に現金化したい
  • 他社の買取金額と比較したい

などの不動産を所有している人です。

上記に該当する人は、不動産買取サービスについて詳しく解説している「マンション買取ならどの業者がおすすめ」の記事もあわせてチェックしてみてください。

その他の事業

近鉄不動産では仲介事業以外にも幅広い不動産事業を展開しています。

高さ日本一の「あべのハルカス」を運営

地上300m、高さ日本一の超高層複合ビル「あべのハルカス」は、近鉄不動産が運営しています。

あべのハルカス

※出典:https://www.abenoharukas-300.jp/index.html

大阪阿部野橋駅、天王寺駅各線と直結する「あべのハルカス」には、日本最大級の百貨店やホテル、美術館、レストランなど多彩な店舗が出店していて、週末には多くの人で賑わっています。

あべのハルカス以外にも、大阪新歌舞伎座が入居する大阪市天王寺区の複合商業施設「上本町YUFURA」や、博多の新しいランドマーク「近鉄博多ビル」など、全国で数多くの商業施設やオフィスビルなどの運営管理を行っています。

分譲マンション事業

近鉄不動産の分譲マンションブランド「ローレル」シリーズは、製造・販売・管理の一貫体制によるこだわりの商品づくりで、これまでに全国で約740物件、84,000戸超を供給しています。

近鉄不動産ローレルシリーズ

本記事執筆時、関西エリアの22か所でローレルマンションの新規分譲を行っています(※完売した物件除く)。

戸建分譲・土地分譲

近鉄不動産では主に大規模な開発による大型分譲地を手がけていて、これまでに分譲した戸建・土地の総数は41,811件(本記事執筆時)になります。

賃貸マンション・レジデンス

近鉄沿線を中心にワンルームからファミリータイプまで、幅広い層のニーズに向け、品質とデザインにこだわった賃貸マンション・レジデンスの運営管理を行っています。

近鉄不動産は関西圏で知名度が高い

近鉄不動産は「人と街の可能性を拓く」をコンセプトに、住まいと暮らしに関わるさまざまな分野で事業を展開しています。

特に関西圏での知名度が高く、企業基盤の安定感、グループ規模などから、企業イメージとして「安心して任せられる会社」という印象を持っている人が多いです。

創業から50年を超える実績と、近鉄グループの組織力と知名度から、近鉄不動産は関西圏の「住まいと暮らしのリーディングカンパニー」といってもいいでしょう。

近鉄不動産のデメリットは?

近鉄不動産は知名度も高く、企業体制も安定していますが、関西圏以外では店舗数が少なく、対応できる地域が限定的となっています。

首都圏では「近鉄の仲介」を掲げる店舗が東京・千葉に各1店舗しかありません。

もし関西圏以外で、不動産の売却を検討している人は、以下の大手6社が共同で運営している「すまいValue」という見積もりサービスをチェックしてみてください。

  • 東急リバブル
  • 住友不動産販売
  • 野村不動産ソリューションズ
  • 三井不動産リアルティ
  • 三菱地所ハウスネット
  • 小田急不動産

こちらを使えば、近鉄不動産の対応エリア外でも対応してくれる大手が効率よく見つかります。

この6社は仲介の実績が豊富な会社ばかりなので、近鉄不動産同様に安心して売却を依頼することできます。

すまいValueの詳細はこちらで解説中

主要都市での売却ならSRE不動産もおすすめ

関東首都圏や大阪、京都などの主要都市に住んでいる人限定となりますが、ソニーグループの「SRE不動産」もおすすめです。

理由は、SRE不動産が「両手仲介」をしないと明言している会社だからです。

他のページでも解説しましたが、「両手仲介」をしている仲介業者と契約してしまうと、本来の相場価格よりも安い売却価格になってしまう可能性があります。

少しでも高く売りたければ、「両手仲介」をしていない業者を探す必要がありますが、今のところ大手で「両手仲介」をしないと明言しているのはSRE不動産だけです。

これは非常に大きなメリットなので、対応地域に住んでる人は、一度SER不動産に相談してみましょう。

※SER不動産の対応地域は、今のところ東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、京都府、奈良県となります。

SRE不動産の詳細はこちら

近鉄不動産の口コミ評判(3件)

東京都/匿名さん/30代男性

何しろマンションを売るなんて初めてのことだったんで、とにかく信頼できる大きな業者にお願いしようと思ってました。

だから近鉄不動産以外にも長谷工や野村不動産、三井なんじゃら不動産とかにも相談はしました。

奈良の物件だったから地元の老舗不動産にも相談しましたね。だから相談や査定をお願いした業者は全部で10社近くになりました。

最終的に地元で有名な福屋不動産、近鉄不動産、東急リバブルの3社に絞ったけど、それぞれに一長一短があり甲乙つけがたかったですね。

だから最初は嫁の親からの助言もあり、この3社に一般媒介で売却依頼をすることにしたんです。

だけど売却希望価格は、ほぼ査定通りだったにも関わらず3ヶ月経っても買い手がみつかりませんでした。

そんなとき近鉄不動産の担当者だったKさんが家まで来てくれて、「本気で売却をしたいなら、ウチに専属契約でお願いしてください。そしたら自分が全力で買主を探しますから」と言ってくれたんです。

このときはじめて自分たちが選んだ一般媒介についてのデメリットなどを知ることができました。

やっぱりどこの不動産会社でも一般媒介よりも専属媒介の物件に宣伝広告費などを使うので、買主側の目に止まる回数も格段に違ってくるなど具体的なことを教えてもらえました。

そして専属の媒介契約を近鉄不動産と結ぶことにしたんですけど、するとホームページや新聞の折込チラシでもこれまでよりもはるかに良い位置に物件情報を掲載してもらえるようになりました。

そのおかげなのか、わずか1ヶ月弱で買いたいという人が出てきてくれたので、無事売却することができました。

京都府/匿名さん/40代男性

複数社に売却査定をお願いしたけど、ココが一番査定額が低かったです。

営業マンいわく「ウチは必ず売れると思える金額しか提示しません」と言ってましたが、「その金額で売れないときは、同じ金額で買い取りしてもらえるの?」って聞いたら「買い取りは買い取り査定を別途させて頂きます」だって。

知名度が高い会社だっただけに期待してたから、対応が残念でした。

もちろん営業マンなんて当りハズレがあることは承知してますけど、それでもやっぱり最低限の教育はしてて欲しいものです。

まあそう言っても他の業者も同じような営業マンが多数いましたけどね。近鉄不動産が期待値が大きかっただけに愚痴ってしまいました。

大阪府/ハットリさん/40代男性

新築分譲マンションを購入してたので、売却するときもお願いすることにしました。

購入時の担当者とは別の人でしたけど、自社で購入してる物件なので絶対に他社には負けないように全力で売却をサポートしますと言ってもらえたので、その言葉を信じてお願いしました。

約束とおり、色んな面で十分に配慮してもらい、全てにおいて満足のいく売却ができました。

マンション売却業者の口コミ投稿はこちら

近鉄不動産はどんな人におすすめか?

今回は近鉄不動産の特徴や業務内容についてまとめました。

近鉄不動産は近鉄グループの傘下企業であり、関西圏で抜群の知名度があるだけではなく、創業から50年以上の実績を持っている鉄道系の不動産会社です。

したがって近鉄不動産は、

  • 関西圏の不動産を取引したい
  • 長年の実績がある会社を選びたい
  • 安心して任せられる大手企業で取引したい
  • 信頼できる営業マンに担当してほしい

などに当てはまる人にはおすすめです。

特に、近鉄沿線で不動産の売却を検討している人にとっては心強い不動産会社だと言えるでしょう。

【地域別】おすすめの不動産査定比較サイト

大都市に住んでいる場合

サイト名 特徴
SRE不動産(旧ソニー不動産) 東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、京都、奈良しか使えないのが弱点だが、片手仲介のみを宣言している不動産業者。対象地域なら一番有利な不動産業者。
すまいValue 業界大手6社のみ参加、ここでしか査定できない業者もあるので、大手業者を探す場合は必須。大都市や都心部の物件に強い。

地方に住んでいる場合

サイト名 特徴
マンション.navi 査定サイトの中でも老舗のサービスの1つで、大手から中小業者まで幅広くカバー。地方にある物件を売却したいなら第一候補。
HOME4U NTTデータが運営。提携業者数が多く、運営元の信頼性もあり。なるべくたくさんの業者を比較する場合におすすめ。

目的別の仲介業者選びまとめ

  • できる限り高く売りたい
  • 急いで売って現金化したい
  • なかなか売れなくて困っている
  • 賃貸にしようか迷っている
  • 買取専門の業者を探している
  • ローン残債があるけど売りたい