カチタスのサービス内容と口コミ評判について

カチタス

カチタスは年間4,000戸以上の中古住宅を販売する不動産会社で、売主から直接買い取った中古住宅をリフォームして、再販する事業(業者買取)を得意としています。

このページでは、

  • カチタスが買取再販で業界NO.1の理由は?
  • カチタスの信頼性は?
  • カチタスはどんな人におすすめなの?

という点について詳しく解説します。

カチタスはどちらかと言うと戸建て住宅の買取りを得意としているので、マンションを売却したい人は、「マンション買取業者ランキング」の記事を参考にしてみてください。

【最新版】マンション買取業者ランキングはこちら

カチタスの企業情報

カチタスは、群馬県桐生市に本社を置く、東証一部に上場している不動産会社で、1978年の創業以来、全国で累計5万戸以上の住宅を扱っています。

「安心・清潔・実用的」をモットーに、中古住宅を買取りして内装・外装・諸設備などのリフォームをして、手頃な価格で再販売しています。

会社名 株式会社 カチタス
本社 〒376-0025 群馬県桐生市美原町4番2号
代表者 新井 健資
資本 37億7,887万1,000円(2020年3月31日現在)
設立 1978年9月1日
従業員数 693名(2020年4月1日現在)
事業内容 中古住宅の買取り(仕入)、リフォーム、再販事業
所属団体 (公社)首都圏不動産公正取引協議会加盟
(公社)全国宅地建物取引業保証協会
免許番号 国土交通大臣免許(6)第5475号
関連会社 株式会社リプライス
公式HP https://katitas.jp/

カチタスの対応地域・支店情報

カチタス店舗

出典:https://katitas.jp/

カチタスは全国で100店舗以上を展開しているので、ほとんどのエリアで買取り対応できます。

ただし執筆時点では、大阪府や和歌山県など一部エリア外の地域もあったので、実際に依頼する場合は最寄りの支店に確認してください。

カチタスの信頼性は?

カチタスは、2017年12月に東証一部に上場し、2019年3月期にはグループ会社のリプライスと合わせて売上高813億円、営業利益91億円を達成しています。

中古住宅買取再販を行う事業者別販売戸数ランキングでは7年連続で1位となっています。

買取再販ランキング

※出典:2020年7月27日発行・リフォーム産業新聞

2016年には空き家問題への対応や、中古住宅流通市場の健全性向上に貢献したこと等が評価され、「先進的なリフォーム事業者表彰」で経済産業大臣賞を受賞しています。

カチタスは事業規模が大きいだけではなく、先進的なリフォーム事業者として国からも評価を受けているので、信頼性は高いと言えます。

カチタスの事業内容

カチタスでは中古住宅を買い取りし、リフォームして付加価値をつけ、新築の半額程度の価格で市場に提供するという事業を行っています。

買取事業

ここではカチタスの買取りサービスがどのようなものなのか解説していきます。

査定価格提示まで最短3日

カチタスは全国に店舗がある為、物件調査・査定をスピーディに行え、最短3日で価格を提示してくれます。

代金の支払いは現金決済(銀行振り込み)で行われ、査定依頼から最短3週間で現金化できます。

他社で断られた住宅も買取りできる場合あり

カチタス買取条件

築年数が古い・対応エリアじゃない・交通の便が悪い、などの理由で他社から買取りを断られた住宅でも、全国展開しているカチタスであれば買取りできる場合が有ります。

遠隔地の家も買取りOK

カチタス実家買取

カチタスの店舗は全国にあるため、いま住んでいる場所から遠く離れた住宅の買取りもOKです。

買取り査定を依頼したい住宅の最寄りのカチタス店舗が対応してくれますので、まずは対応エリアかどうかを確認してみましょう。

買取り後のトラブルがない

仲介で住宅を売却する場合、建物引渡後に雨漏りなどの不具合が発生すると、売主の責任と負担で修理したり補修したりしなければならない場合があります。

ただし、カチタスが買い取る場合は、売却後に雨漏りなどの不具合が見つかっても、売主は責任を負う必要はありません。

そのため、築古の中古住宅の場合は、カチタスのような再販業者に買取りしてもらうと、建物引き渡し後のトラブルで頭を悩ませることがありません。

ただし、業者買取の場合、仲介と比べて相場価格がかなり安くなってしまうというデメリットがある点も理解しておきましょう。

周りに知られない

仲介の場合と違い、買取りなら周りに知られることなく自宅の売却ができます。

自宅の内容が広告に掲載されることもないので、窓越しから自宅をのぞかれることもありません。

再販事業

カチタスは、買取りした住宅を物件ごとの特性に合わせてリフォーム・リノベーションを行い再販売しています。

カチタスが施工するこだわりのリフォーム・リノベーションの一例を紹介します。

外観・外構

外観工事は耐久性と見栄えの向上、その両立を目指したリフォームを行っています。

また外構については、駐車スペースを大きくするなど利便性を向上させるための工事を行います。

カチタス外観・外構リフォーム

室内

室内工事は、床や壁紙の交換だけではなく、間取りの変更なども積極的に行い、快適な空間づくりを目指したリフォームによって、前所有者の生活感を排除しています。

カチタス室内リフォーム

設備類

諸設備のうち、水回り設備については基本的にすべてを新品に交換しています。

水回り設備を新品に交換することで、清潔性と快適性が向上し、購入者も安心して諸設備を使うことができます。

カチタス設備リフォーム

カチタスのアフターケア

中古住宅を購入する場合には、雨漏り・主要構造部の欠陥や腐食・給排水管の漏水や故障といった「3大リスク」がありますが、カチタスではこれらのリスクについて住宅の引き渡しから2年間の保証をしています。

シロアリ被害については防蟻工事を行い、保険会社から施工後5年間の保証を受けられます。

ただし、基本的にリフォーム済み中古住宅は現況での販売・引き渡しとなります。

3大リスクとシロアリ被害以外や保証期間が過ぎた場合、通常の使用に伴う建物・設備の経年劣化の補修・修繕については購入した人(買主)の自己負担になります。

カチタスが買取再販で業界NO.1の理由は?

中古住宅買取再販事業を手掛ける企業の中で、販売件数が7年連続業界NO.1のカチタス。

先ほど紹介したように、2019年度の販売件数は4,305戸となっていて、販売件数2位の企業(1,707戸)とは2,500戸以上の大幅な差があります。(出所:2020年7月27日発行・リフォーム産業新聞より)

買取再販ランキング

カチタスは地方の中古住宅再生に強い

カチタスが販売件数NO.1を続けられる大きな理由のひとつとして挙げられるのは、地方の中古住宅再生に強いという点です。

多くの中古住宅買取再販事業者が大都市圏で事業を行っている中、カチタスは全国に店舗を持っているので、大都市圏だけではなく地方都市でも買取再販事業を行うことができます。

また、土地・建物・リフォーム費用込みで、価格が1,500万円以下の住宅を中心に販売していることも販売件数を伸ばしている理由だと言えるでしょう。

空き家問題の解決にも貢献

地方の中古住宅を売りたい場合、そのままの状態だとなかなか買い手が見つからず、管理不全の空き家になってしまう場合があります。

カチタスが地方の住宅をスピーディに買取り、リフォームして手頃な価格で再販売することは中古住宅流通市場を活性化するだけではなく、空き家問題の解決にもつながっています。

カチタスのデメリットは?

事業規模が大きく、企業の信頼度も高いカチタスの買取りにはたくさんのメリットがありますが、いくつかのデメリットもあります。

主なデメリットとしては、

  • 仲介よりも査定価格が低い
  • 土地のみの物件は買取りが難しい
  • 再販価格が高額になる物件は買取りが難しい
  • 工場や店舗などで居住用に変更できない物件は買取りが難しい
  • 非対応エリアでは買取りできない

などがあります。

なお、当サイトではマンションを売却する際の業者の選び方について、ケース別にポイントを解説しています。

カチタスのデメリットが気になる人は、ぜひこちらをチェックしてみてください。

自分にとって最適な仲介業者の選び方はこちら

主要都市での売却ならSRE不動産もおすすめ

関東首都圏や大阪、京都などの主要都市に住んでいる人限定となりますが、ソニーグループの「SRE不動産」もおすすめです。

理由は、SRE不動産が「両手仲介」をしないと明言している会社だからです。

他のページでも解説しましたが、「両手仲介」をしている仲介業者と契約してしまうと、本来の相場価格よりも安い売却価格になってしまう可能性があります。

少しでも高く売りたければ、「両手仲介」をしていない業者を探す必要がありますが、今のところ大手で「両手仲介」をしないと明言しているのはSRE不動産だけです。

これは非常に大きなメリットなので、対応地域に住んでる人は、一度SER不動産に相談してみましょう。

※SER不動産の対応地域は、今のところ東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、京都府、奈良県となります。

SRE不動産の詳細はこちら

カチタスの口コミ評判(3件)

タニガワさん/30代男性

事情があり実家を売ることに。実家といっても今は誰も住んでおらず2年ちょっと空き家の状態でした。

土地は160坪と無駄に広く、建物は築50年は軽く超えているような木造です。

地元の不動産会社に売却をお願いしてたけど、まったく売れるどころか見学したいというお客さんも居ないということだったから、契約更新はせずにほかの業者に相談することにしました。

その中の1社だったのがカチタスさんです。カチタスさんは買い取りのみを専門でやられており、当社規定で買い取り可と判断されれば即現金で買い取りできますと言われました。

もうここでダメなら売るのは諦めたほうがいいかもと思っていたので、買い取り可と判断してもらったときにはまさに夢のようでした。

買い取り額はかなり割安になってしまったけど、それでも売れない土地と家をいつまでも所有して庭の手入れや固定資産税を払い続けることを考えれば売却して正解だったと思ってます。

カチタスの社員さんの話では、今回のうちのように買い手がなかなかみつからない物件でも積極的に買い取りしてくれるみたいです。

サギ?さん/50代男性

他社よりも一番高く買い取ります!みたいなことをテレビCMで言ってたから相談してみたけど、上がってきた買い取り査定額は他社を大きく下回ってました。

営業所にもお邪魔したけど、1人か2人しか従業員がいないみたいな寂しい感じでちょっと不安に思いました。

テレビや折込広告はこの会社に限らず過大広告って思っていた方が無難なのかもしれませんね。

匿名さん/50代女性

「築60年以上経ってるボロ家を誰も買い手がつかなかったのにカチタスって会社が買い取ってくれたよ!」そんなことを2年前に他界した兄が言っていたことを思い出し、私もマンションを手放すにあたりカチタスに相談しました。

話を聞いた結果、カチタスは買い取りだけで普通の売買は一切やってないという話だったからお願いはしませんでした。

なんでも買い取った家やマンションを自社でリフォームして再販売するのが会社の方針らしいです。

一応買い取り査定を出しましょうか?と言われたからお願いはしてみたけど、その金額が想像していたものとは大きくかけ離れていたのでお断りしました。

買い取り希望の人だったらいいかもしれませんが、わたしのように普通の不動産売買希望の人には向かないと思います。

マンション売却業者の口コミ投稿はこちら

カチタスはどんな人におすすめか?

今回はカチタスの業務内容や特徴についてまとめました。

カチタスは全国で事業を行っており、築年数だけで判断しないなど、独自のノウハウによって幅広い種類の住宅を買い取っています。

そのためカチタスは、

  • 出来るだけ早く買取査定価格を知りたい
  • 出来るだけ早く売却代金を手にしたい
  • 地方の住宅を売却したい
  • 築年数が古い住宅を売却したい
  • 周りに知られず自宅を売却したい

などに当てはまる人にはおすすめです。

特に戸建て住宅の買取りを得意としているので、地方の空き家で困っている人は、チェックしておきたい1社だと思います。

マンション買取りが得意な業者については、別の記事でまとめています。マンションの処分を検討している人は、こちらの記事をチェックしてみてください。

【最新版】マンション買取業者ランキングはこちら

【地域別】おすすめの不動産査定比較サイト

大都市に住んでいる場合

サイト名 特徴
SRE不動産(旧ソニー不動産) 東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、京都、奈良しか使えないのが弱点だが、片手仲介のみを宣言している不動産業者。対象地域なら一番有利な不動産業者。
すまいValue 業界大手6社のみ参加、ここでしか査定できない業者もあるので、大手業者を探す場合は必須。大都市や都心部の物件に強い。

地方に住んでいる場合

サイト名 特徴
マンション.navi 査定サイトの中でも老舗のサービスの1つで、大手から中小業者まで幅広くカバー。地方にある物件を売却したいなら第一候補。
HOME4U NTTデータが運営。提携業者数が多く、運営元の信頼性もあり。なるべくたくさんの業者を比較する場合におすすめ。

目的別の仲介業者選びまとめ

  • できる限り高く売りたい
  • 急いで売って現金化したい
  • なかなか売れなくて困っている
  • 賃貸にしようか迷っている
  • 買取専門の業者を探している
  • ローン残債があるけど売りたい