ソニー不動産のマンションAIレポートは売却に役立つのか?

ソニー不動産AI

大手不動産業者のひとつである「ソニー不動産」が、AI技術を用いたウェブサイト「マンションAIレポート」を2018年5月より運用開始しました。

「AI(人工知能)」という言葉を最近よく耳にする機会が増えましたが、不動産業界でも人工知能を活用した動きが急速に広がっています。

マンションの売却と人工知能とどういった関係があるのでしょうか。今回は、ソニー不動産のマンションAIレポートの仕組みについて詳しく紹介していきたいと思います。

参考:マンションAIレポート公式ページ

【目次】ソニー不動産のマンションAIレポート
  1. マンションAIレポートの特徴
    1. 売却に関する様々なランキングがみれる
    2. 賃貸経営する際の賃料の目安がわかる
    3. 築年数別の購入価格がグラフでみれる
    4. マンション別の詳細情報もわかる
  2. まとめ

マンションAIレポートの特徴

マンションAIレポートでは、各都道府県や市区町村、最寄駅や各沿線ごとにマンションの独自価格を算出し、マンションの売却や賃貸として貸す出す場合の推定賃料、購入価格などをAIが瞬時に算出してくれます。

マンションAIレポートで、調べることができる情報は以下のとおりです。

  • マンション売却の相場価格
  • 賃貸に出した場合の相場賃料
  • 築年数や間取り別に算出した推定購入価格の推移
  • マンションの詳細情報(間取り・管理費など)

上記のように、さまざまな情報が記載されていますので、マンションの売却を検討されている方だけでなく、賃貸に出すことを検討されている方、購入を検討されている方、それぞれに参考になる情報を得ることができます。

近年問題視されている、中古住宅市場の衰退問題なども考慮して、マンションAIレポートが開発されました。次にどういったシステムなのかを、具体的に詳しく紹介していきたいと思います。

売却に関する様々なランキングがみれる

マンションAIレポートの特徴は、とにかく検索するのが楽ですし、検索結果が表示されるのもアッという間です。

例えば東京都の調布駅周辺のマンションを売却したい、購入したいと思ったとき、「調布市」や「調布駅」で検索するだけで、その地域の人気マンションがランキング形式ですぐに見ることができます。

なお、これから紹介する画像は2018年6月現在の数字になります。

AIレポート売却ランキング

これまでの不動産検索サイトでも、同じように地域や駅名から物件価格の相場を知ることはできましたが、そこに人工知能AIを組み合わせることで、より正確な情報を簡単に得ることがができるようになりました。

中古住宅の売却相場価格がとても分かりやすくなったことで、中古マンション市場の活性化にも繋がり、マンション売却の可能性がより高くなると期待されています。

賃貸経営する際の賃料の目安がわかる

マンションの賃貸の推定相場価格や高額賃料ランキングを価格推定エンジンが自動で算出して表示してくれます。

こちらも同じく、調べたい都道府県、市区町村、駅、沿線ごとにマンションの詳細情報が確認できるので、不動産売買時だけでなく、賃貸を検討しているときも活用できます。

AIレポート賃貸ランキング

また、マンション貸出時の賃料相場を、築年数の変動も考慮して紹介しています。

つまりこのマンションAIレポートを上手く活用することで、売却するか、賃貸で貸すかを迷っている人にとっても、非常に有益な比較資料となるわけです。

もし、売却するか、賃貸で貸すか迷っている人は以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひチェックしてください。

賃貸でマンションを貸すのと売るのはどちらが得か?

築年数別の購入価格がグラフでみれる

マンション購入検討時に一番気になるのはもちろん価格だと思います。

購入に関するページでは、現在の想定価格だけではなく、築年数の変動によって、今後そのマンションの価格がどのように変化していくのかもAIが算出してくれるので、住宅ローン残高などを考慮しながらよりベストな買い替え時を考えることもできると思います。

AIレポート築年数

このように「0年~5年」「5年~7年」「7年~10年」「10年~15年」「15年~20年」「20年~」と、詳しい年数ごとの価格のグラフが掲載されているので、参考になります。

不動産売買を行う前に、一度はチェックしておきたいサービスです。また、マンション購入時に参考にしたい、周辺の情報なども詳しく掲載されています。

マンション別の詳細情報もわかる

マンションAIレポートでは、地域や駅名だけでなく、ダイレクトにマンション名を入力するだけで、そのマンションの売却価格や賃料相場価格まで調べることができます。

さらにマンションの詳細情報も確認できるのでマンション売買、賃貸時の参考資料として活用することもできます。

マンション特徴では、間取り、面積、最寄り駅、総戸数、築年数、管理費用、駐車場の有無まで詳しく紹介されているので、知りたいことがすべて掲載されています。

それだけではなく、周辺のお買い物情報や、学校、医療機関、公園までの距離や軒数まで詳しく分かります。

また、選択したマンションだけではなく、その近隣にある類似マンションも同じように簡単に見ることができます。

さらに人工知能AIは、検索している所在地、立地、価格、間取り、広さ、築年数などの情報をもとに、それらの条件に近いマンションをAIが自動的に算出して紹介してくれます。

これらすべての情報を自分でインターネットを使って探すのはとても時間がかかりますが、ソニー不動産のマンションAIレポートを使用すれば、短時間で効率よく知りたい情報を得ることができます。

AIレポートマンション情報

まとめ

以上、ソニー不動産のマンションAIレポートについて解説しました。まだ運用が開始されたばかりのサービスということもあり、ここでは紹介しきれなかった部分もまだまだあると思います。

2018年6月現在、このマンションAIレポートが対応している地域は、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の1都3県のみとなっています。

今後すぐに全国的にサービスが拡大されていくと予想していますが、現時点では、それ以外の地域にお住まいの方は「マンション.navi」などの類似サービスを利用することをおすすめします。

マンション.naviでは、マンションAIレポートと同じように、マンションの売却と賃貸時の比較をすることも容易にできます。

45秒の入力で最大9社に一括で査定依頼することができ、加盟業者数も2,500社を超えています。初めてのマンション売却でも安心して利用できるサイトとなっています。

人工知能を取り入れることで、利便性の高いサービスが次々と始まっている不動産業界ですが、人工知能は今も日々進化しており、今後もこの動きは想像以上のスピードで拡大していくことになるでしょう。

あわせて読みたい記事

マンションを高く売るなら仲介業者選びが超重要!おすすめはどこ?

賃貸でマンションを貸すのと売るのはどちらが得か?

不動産業者による「買取」は損か得か?

あなたの売却理由に合わせた達人のアドバイスをチェック!

  • 住み替えのために売りたい
  • 資産整理のために売りたい
  • 住宅ローンが支払えないから売りたい
  • 引っ越し、転勤のために売りたい
  • 離婚のために売りたい
  • 相続したが不要なので売りたい

関連するページ

家やマンションを買うときの35年ローンって損なの?得なの?
対応が良いA社と査定額が高いB社、どちらにする?
マンションの査定日は不動産業者を査定するつもりでチェックを
マンションの査定額は担当者次第で変わるって本当?
最上階の部屋は売れやすい。でも高く売れるとは限らない
都市と地方の二極化に見る昨今の不動産事情
「あなたのマンションを買いたい人がいます」というチラシの裏事情
震災後のマンション・住宅に関する価値観の変化
賃貸派に比べてマンション購入派が減っている理由
マンションは増税前に買った方がお得なのか?
平成28年8月よりマンションの売却査定方法がリニューアル!査定額への影響は?
東京都だけ売り出し価格と成約価格に大きな差が出る理由
東京オリンピック後に価格が暴落する?マンションの2020年問題
節税効果は抜群!しかし思わぬ落とし穴も?変わるタワーマンション節税について
ホームインスペクション(住宅診断)義務化で中古物件の探し方が変わる?
首都圏のマンションは異常な高値?新築よりも中古マンションが選ばれる理由
意外な人気?中古マンション販売では築31年以上の物件購入が一番多い
携帯・スマホ料金の遅延や滞納が原因で住宅ローン審査に落ちる人が急増している
首都圏でも500万円以下で売り出されている中古マンションはたくさんある
住宅ローン審査で「不可」と判断される理由トップ5は?
いま東京都で城東・城北地区が注目されている理由
首都圏で中古マンションがよく売れる人気駅ベスト10
マンションの管理情報の開示項目が強化されることによる影響は?
つなぎ融資不要と注目される「すまいとマネープラン」の金利、デメリットについて
家族信託で相続税はどう変わる?メリットや注意点、かかる費用について
日本の出生率は低下してるのに新築マンションが増えるのはなぜ?
【不動産鑑定士インタビュー】不動産の評価額と売却のコツについて
ホームステージングで中古マンションの売り方が大きく変わる
アパートの相続問題!賃貸経営は難しくデメリットも多い
ヤマダ電機が低金利で住宅ローンの貸付を開始
戦争によるミサイルで家が破壊・火災になった場合保険は適用されるの?
中国人による都内マンションの爆買いはストップ。今後の中古マンション市場に影響は?
地域別にみるマンション購入時の住宅ローン借入金額
コンパクトシティ構想の問題点と事例、今後の課題
電力自由化から1年が経過、実際に乗り換えた人はどれくらい?
売る側も買う側も知っておきたいマイホームのクーリングオフ制度
雑誌などで目にする「不動産テック」って何?
2台目駐車場問題の解決策になるか?駐車場シェアサービスに大手企業が続々参戦
住宅ローンの審査否認となっても「住宅ローン特約があるから大丈夫!」と勘違いしてる人が8割以上?
【住宅診断士インタビュー】ホームインスペクションの重要性とチェックポイント
住宅ローンのオーバーローンは違法?家を買う際の注意点
賃貸経営における専任媒介と一般媒介契約の違い
【2017年10月】首都圏マンションの契約率の推移
安心R住宅制度とは?不動産業者の囲い込みに注意が必要か?
住んだまま買取サービスは得か損か?サービス内容と注意点
ビットコイン(仮想通貨)で不動産売買する際の問題点
住宅選びのポイントが職住近接から育住近接に変化している
人気の中古ブランドマンションはいくらで売れるのか?
買い替えの人必見!知らないと損する中古マンション値引き交渉術
2025年の人口減少でもマンションの資産価値が落ちない人気エリア
リニア新幹線の開通で地価が上昇する注目地域はどこか?
不動産をオークションで売却する際の流れ、メリットと失敗例
ページトップ