大手と地域密着型の不動産業者、どちらがおすすめか?

大手と地域密着型の不動産業者、どちらがおすすめか?

マンションを売却する際に、大手不動産業者と地元密着型の不動産業者、どちらに仲介を依頼した方がよいのか?

これはずっと昔から議論されてきた問題であり、不動産関連のホームページや関連書籍などでも度々取り上げられています。

「昔と違い今はレインズがあるから大手でも地元でも関係ない」という意見もあれば、「より多くの資金力がある大手の方が宣伝広告の面で有利だ」という意見もあります。

そこで今回は、大手不動産と地元不動産について詳しく説明していきたいと思います。しかしその前に「レインズ」というシステムの説明を簡単にしますので、どのようなシステムなのかを理解しておいてください。

レインズの登場で日本の不動産事情は大きく変化した

レインズを簡単に説明するなら、日本全国の不動産業者すべてが同じ情報を共有できるネットワークシステムのことです。

例えばAさんが大手のB業者にマンションの売却を依頼したとします。すると依頼を受けたB業者は一定の期日以内に、その物件情報をレインズに登録しなければなりません。

レインズに登録された物件情報は日本全国の不動産業者が閲覧することができます。もちろん閲覧できるだけでなく、その物件情報を各不動産業者が自分のお客さんに紹介することも可能です。

このレインズの登場により、大手不動産と中小不動産の情報量には昔ほど大きな差がなくなったことを理解しておいてください。

大手不動産のメリット

レインズの登場により大手不動産が情報を独占していた時代は終わったかのようにいわれていますが本当にそうなのでしょうか?

たしかにレインズの登場により日本の不動産事情は大きく変化しましたし、昔のように大手不動産業者が情報を独占している時代は終わったのも事実です。

しかしこれだけをみて大手不動産と中小不動産が同じだとは言い切れません。大手不動産には豊富な資金力やブランドという武器もありますし、なによりもこれまでに集めてきた膨大な顧客情報を持っています。

例えば半年前に「○○駅から徒歩10分圏内にある3LDKマンションを予算2500万円以内で探している」というお客さんがいたとします。

このように過去に相談してきたお客さんで、そのときは良い物件をみつけることができなくても、その情報は必ず自社のデータベースに「顧客リスト」として登録されています。

この顧客リストの数が大手と中小では圧倒的に違うことはいうまでもありません。

地元型不動産のメリット

大手不動産と比較して地元型不動産のウィークポイントは情報量の違いだといわれていました。しかし、レインズの登場により扱うことができる物件情報量の差はほとんど無くなったといっても過言ではありません。

資金力やブランド力では大手不動産には敵いませんが、地元型不動産だからこそもっている強みもあります。それは地元の情報に強いということです。

大手不動産の営業マンは基本的に転勤が日常的にあるので、地元民ではない可能性が高いのですが、地元型不動産の営業マンのほとんどが地元出身者であることが多いのです。

そのため地元民ならでわの情報を持っていたり、確実性の高い顧客情報を隠し持っていたりすることは珍しくありません。

実際にわたしも地元型不動産に営業マンとして勤務していましたが、友達だったり、その友達から紹介されたお客さんの情報を多く持っていました。

このように数千万円もする高額な買い物の場合、転勤などですぐに担当営業マンが居なくなってしまう大手より、信頼ができる業者や人から購入したいと思っているお客さんは少なくありません。

このように大手には大手の良さがあり、地元型には地元型の良さがあります。しかし、専任媒介や専属専任媒介の契約を結ぶことができるのは、1社に限られています。

大手と地元型のどちらと媒介契約を結ぶのかを良く検討して決めるようにすることをオススメします。

専任媒介や専属専任媒介だと1社限定となりますが、これはあくまでも同時に契約できる業者の数です。つまり、専任媒介や専属専任媒介契約を締結したからといって他の不動産業者と付き合ってはならない訳ではありません。

大手A不動産と専任媒介契約を結んだとしても、地元型B不動産に相談したり、話を聞くのは自由です。

そうしているなかで、やはり大手A不動産よりも地元型B不動産の方が自分の考えとマッチしていると思えるのであれば、媒介契約の解除をしたり、媒介契約の期間終了後に地元型B不動産に変更すれば良いのです。

まとめ

  • レインズの登場で大手不動産や中小不動産に関係なく同じ量の物件情報を知ることができるようになった
  • 大手不動産業者は膨大な顧客リストを持っている
  • 地元型中小不動産業者は地域に密着した営業力と信頼力が強み
  • 媒介契約は解除もできれば、期間終了後の変更も可能なので大手と中小どちらとも付き合ってみながら決めることができる

おすすめの一括査定サイト一覧

マンション.navi

マンションナビ

マンション.naviは、その名の通りマンションの仲介に特化しているサイトで、業界内では老舗のサービスとしてかなり有名です。

運営歴が長いので、住友不動産販売、野村の仲介+、ピタットハウス、三井のリハウス、みずほ不動産販売など、大手の不動産業者と提携しているのはもちろんのこと、地元密着型の小さいな不動産業者にも強いのが特徴です。

戸建て、マンション、土地などをまとめて扱う大手サイトと比較すると、マンション.naviの方がより専門的なサービスになっているので、マンションを売るなら絶対外せないサイトですね。

またマンション.naviの場合、「売却」だけではなく、業者による「買取」の査定金額や、一時的に「賃貸」として貸したい場合の相談などもできます。

大手に比べると知名度は落ちますが、訳あり物件の売却や、マンションを貸すのか売るのかで悩んだ場合には、ぜひ利用したいサイトです。

公式サイトはこちら

ソニー不動産

ソニー不動産

※ソニー不動産でお得なキャンペーン中!※
9月30日までに専任媒介契約をした人は「PlayStation4+PSVR」か「旅行券5万円分」がもらえるようです。

→公式ページで詳細を確認する

ソニー不動産は、ソニーグループが運営する不動産サービスの一つです。一括査定とは違って、ソニー不動産自体が直接売却などの相談に乗ってくれます。

最大の特徴は、「同一物件では片側だけしか仲介しない」という点です。売主にとって不利な両手仲介が発生しないので、今非常に大きな注目を集めています。(両手仲介が発生すると、百万円単位で売り主が損をする可能性があります)

今のところ1都3県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)でしか利用できないのがネックですが、この地域に住んでいる売主にはかなり大きなメリットがあります。

運営元もソニーグループということで安心感があるので、都心に住んでいるなら第一候補として使いたいサービスです。

公式サイトはこちら

HOME4U

HOME4U

「HOME4U」は、NTTデータが運営する国内最大級の不動産情報サイトです。不動産の一括査定サイトとしては最大手の一つで、今までの利用者数は約550万人以上と、豊富な実績を持っています。

東急リバブル、野村の仲介+、三菱UFJ不動産販売、三井住友トラスト不動産、阪急不動産、みずほ不動産販売、Century21など、大手の不動産業者はほとんどカバーしているので、これからマンションを売却したいと考えている人におすすめのサイトです。

もちろん、大手以外の地域密着型の不動産業者も多数参加していて、全国900社の業者の中から、最大6社にまとめて査定依頼ができます。

運営元もNTTデータという大企業で、過去の実績・経験も豊富なので、信頼性が高く安心して使えるサイトです。

公式サイトはこちら


マンションを高く売るなら仲介業者選びが超重要!おすすめはどこ?

賃貸でマンションを貸すのと売るのはどちらが得か?

不動産業者による「買取」は損か得か?

あなたの売却理由に合わせた達人のアドバイスをチェック!

  • 住み替えのために売りたい
  • 資産整理のために売りたい
  • 住宅ローンが支払えないから売りたい
  • 引っ越し、転勤のために売りたい
  • 離婚のために売りたい
  • 相続したが不要なので売りたい
ページトップ