マンション売却後の不具合は売主が責任を負うのか?

売ったマンションに不具合が起きた場合の責任について、できたら教えてください。
半年ほど前に、住み替えのためにマンションを売却しました。

新しくローンを組み直さないといけなかったので早く売る必要があり、「買ってもいいかな」という人の希望に応じて値引きをしたので、相場よりもかなり安く売ったと思っています。結局、その人が私のマンションの購入者になりました。

ところが、売買の取引が終わってから半年以上経った今頃になって、購入者(私が住んでいたマンションを買って入居した人)から携帯電話に連絡があり、給湯器がこわれたので修理しろ、修理をするのが無理なら修理代を支払え、と言ってきました。

売買の最中に、打ち合わせの時間を変更してもらわないといけないことがあり、こちらの電話番号を教えてしまったのがよくなかった、と反省しておりますが、売ってから半年上位も経ったマンションの不具合について、私が責任をとらなくてはいけないのかと困っております。

仲介してくれた不動産業者の担当者にも連絡しようとしているのですが、忙しいのか、もう用済みのお客だからか、不在などが多く連絡がとれませんので、取り急ぎこちらに相談しました。

よろしくお願いします。

質問でも述べられているように、個人の連絡先を教えてしまったのはよくなかったですね。しかし、今そのことを気にしても仕方がありませんので、一旦忘れてできることを考えていきましょう。

まず、仲介した不動産業者の担当者に何とか連絡がとれるよう努力してみてください。担当者とどうしても連絡が取れない場合は(すでにその担当者が辞めていて、それを隠している可能性もありますので)、その業者の責任者に状況を説明し、対応してもらうようにしましょう。

そして、あなたに直接連絡するのではなく、仲介業者の方に連絡してもらうよう、購入者に伝えてもらってください。

また、もう一度よく契約書の内容を確認をしましょう。確認する箇所は「瑕疵担保責任」についての記載と、「現状有姿」の記載についてです。

「現状有姿」で引き渡す、という記載があれば、引き渡し時の状態のままで取引をしますという確認ができていることになりますので、その後の不具合に関して売主が責任を追及されることはありません。

次に「瑕疵担保責任」についてです。こちらが契約書に明記されている場合、その内容や期間によっては、売主が売却後の不具合について責任を負わなくてはならない場合があります(詳しくは、「瑕疵担保責任、危険負担について」のページをご覧ください)。

しかし、今回の質問の場合は引き渡し後半年以上経っていますので、瑕疵担保責任があったとしても恐らくその期間が過ぎていると思われます(中古マンションの場合は、半年以内に設定することが多いため)。

また、給湯器などについては、物件そのものではなく「付帯設備」の扱いになることが多いので、「付帯設備」についての取決めがあるかどうかもチェックしてください。

恐らく、売り主側が責任を負う必要はないと思われますが、面倒な揉め事に発展しないためにも、できるだけ仲介業者の担当者に対応してもらう方がいいと思います。

不在だというなら、戻り次第折り返し連絡をもらうよう強く要請して、できるだけ早く連絡がとれるようにしたいですね。

マンション売却のおすすめはどこ?高く売るなら仲介業者選びが超重要!

分譲マンションを賃貸で貸すのと売るのはどちらがお得?

マンション買取ならどの業者がおすすめ?
ページトップ