賃貸派に比べてマンション購入派が減っている理由

賃貸派に比べてマンション購入派が減っている理由

以前と比べると、マンションを購入する人よりも賃貸する人の割合が増えてきています。これは、単身世帯が増えてきたことや、住宅についての人々の意識が変化たことの影響を受けていると考えられています。

しかし、もちろん1人暮らしでもマンションを購入する人はいますし、ファミリーでも賃貸に住み続ける人はいます。では、マンション購入派と賃貸派では、一体どちらがお得なのか、いろいろと比較してみたいと思います。

総支出では?

マンションを購入するか賃貸マンションにするかで、一番悩むのがお金のことですよね。購入派と賃貸派、どちらの方が支出を抑えられるのでしょうか?

ローン購入派なら賃貸派の方がお得?

立地や設備、築年数などによってマンションの購入金額や家賃は変わってきますが、仮に同じような条件のマンションに住むとして、購入派と賃貸派で支払う金額を比べてみたとします。

結論から言うと、マンションを購入するために必要なお金すべてを、支払期間35年のローンで支払った場合、都市部であっても地方であっても、購入派の方が賃貸派よりも総支出は高くなるようです。

管理費と修繕積立費がネックに

「家賃と同じ月々の支払なら、支払い後は自分の資産になるので、賃貸よりも購入の方が絶対お得!」このような広告文をよく目にしますし、実際、そのように考えてマンションを購入する人も多いようです。

しかし、マンションには管理費と修繕積立費がかかります。最初は管理費を安く設定していても、数年後に大幅に管理費が値上げされる場合もあります。

修繕積立費にしても、大規模修繕が行われる場合には、1戸あたり数十万の徴収が行われることもあります。また、購入マンションには固定資産税もかかります。

一方、賃貸派はそれらの費用が一切かかりません。35年間のうちに5~6回引っ越しをしたとしても、購入派よりも総支出はおさえられる、という計算になります。

ただし、これはあくまでも一般的な例であって、個々の物件を見た場合には逆転するケースももちろんあります。

住み心地では?

マンションを購入するか借りるかは、お金だけで決められるものではありません。住む人のライフスタイルや住み心地では、どうなのでしょうか?

ステイタス重視なら購入派?

賃貸用として建てられたマンションと分譲マンションを比較した場合、分譲用の方が造りや設備が良い場合が多いです。また、分譲マンションを賃貸している場合、同じマンションの人から「賃貸に住んでいる」という目で見られるのがイヤだという人もいますね。

「持家(分譲マンション)に住んでいる」というステイタスは、当然ですが賃貸派では得られません。そのようなステイタスを重視する場合は、購入派に軍配が上がるでしょう。

気軽さなら賃貸派?

転勤や子どもの独立などで転居することが多い人は、言うまでもなく賃貸派の方が便利でしょう。マンションを購入した場合、売却にはお金や時間、労力がかなりかかりますので、気軽に転居することが難しくなります。

また、隣人とトラブルがあった場合も、賃貸なら転居して逃げやすいですが、購入した場合はなかなかそうもいきません。気軽に転居したい人には、賃貸派がおすすめです。

ペットとの暮らしなら購入派?

最近は「ペット可」の賃貸マンションも増えていますし、分譲マンションでも「ペット不可」の場合がありますが、やはり賃貸マンションの方がペットを飼いにくいのが現実です。

また、分譲マンションの中には、散歩後に足を洗うスペースがある、ペットと乗れるエレベーターがあるなど、ペットと暮らすために工夫されているものもあります。ペットとの暮らしを重視する人は、購入派を選ぶ場合が多いようです。

お金を重視するのかライフスタイルを重視するかは、その人の価値観によって変わってきます。マンション購入派になるか賃貸派になるかを選ぶことは、自分にとって何が一番大切なのかを再確認するチャンスとも言えるかもしれませんね。

マンション売却のおすすめはどこ?高く売るなら仲介業者選びが超重要!

分譲マンションを賃貸で貸すのと売るのはどちらがお得?

マンション買取ならどの業者がおすすめ?
ページトップ