日本の限界集落は今後どうなる?対策と移住の注意点

日本の限界集落は今後どうなる?対策と移住の注意点

不動産業に携わる者として、日本の少子高齢化問題を考えさせられることが多くあります。少子高齢化や過疎化が進むと、相続問題や空き家問題が不動産業にも直結してくるからです。

最近になってテレビなどでよく目にする「限界集落」という言葉がありますが、まさに日本の少子高齢化と過疎化の最前線にあるのが、この限界集落だと思っています。

そこで今回は、限界集落について詳しく解説していきたいと思います。

限界集落という問題は、決して不動産に携わるものだけでなく、日本国民全体で真剣に考えていかなければならない問題だということが見えてくるはずです。

限界集落とは?定義と現状

限界集落という言葉は知っているけど、どのような状態をそう呼ぶのか、その定義など、しっかりと理解している人は少ないのではないでしょうか?

まず、限界集落には3つの定義があります。

準限界集落
人口の半数以上が55歳を超えている集落

限界集落
人口の半数以上が65歳を超えている集落

危機的限界集落
人口の70%以上が65歳を超えている集落

そもそも、この限界集落という言葉が昔からあったわけでなく、このような言葉が使われるようになったのは平成になってからだそうです。以前から「集落」という言葉はありましたが、その意味は山間部などにおいて民家が密集している地域のことを言ってました。

もちろん山間部だけでなく、海岸沿いなどで漁業を営む民家が集結している状態なども、集落と呼ぶことがあります。明確な定義ではありませんが、「市→区→町→村→集落」のように、村と呼ぶには小規模だけど、民家が集まっている地域と解釈するのが一番わかりやすいかと思います。

その集落が、存続の危機にある状態のことを「限界集落」と呼ぶようになったのです。

限界集落の現状

集落に暮らす人々は結束が強く、運命共同体のように助け合いながら生活をしてきました。その集落内で少子高齢化や過疎化が進むことで、集落の若者は仕事を求めて都心部へと出ていきます。

そうなると若い労働力は失われて、年老いた高齢者だけが集落に残され、集落を支える体力や財力は確実に衰退していきます。わかりやすく言うなら、豪雪地域にある集落だと屋根に積もった雪を降ろすことさえできなくなり、日常の生活さえままならない状態へと陥っていくのです。

つまり集落を存続させることが、現状では限界に達している状態のことを「限界集落」と呼ぶようになりました。

国土交通省と総務省の共同調査が2016年9月に発表されましたが、日本全国にある限界集落(人口の50%以上が65歳以上)の数は、じつに15,568集落にもおよぶことがわかりました。

この調査は今回が4回目で、これまで1999年、2006年、2010年にも実行されてきました。

もっとも近い2010年と比較しても、そのときの限界集落の数は10,091集落(増加率54%)だったことを考えると、確実に凄い勢いで増加していることが良くわかります。ちなみに、その中から75歳以上が人口の50%以上を占めている危機的限界集落の数は、3,457集落もあることがわかりました

限界集落ができる原因

限界集落ができる原因には、若者の流出、自治体の対策が遅すぎたこと、集落が部外者を受け入れがたい体質だったなど、多くの問題があると管理人は考えています。

ですが、やはり一般的に言われている一番の理由は、若者の流出であることで間違いありません。集落で育った若者は仕事をするため、都心へと出て行くしかなかったのです。

理由は集落には仕事がないからです。集落に残ったところで、就ける仕事といえば家業を継ぐか、役場に就職するくらいしか選択肢がないのです。

役場で働くことができれば、公務員なので生活は保証されますが、そんなに多くの人を雇用するだけの財力は地方役場にはありませんから、どうしても職に溢れる人が出てきてしまいます。

よって、仕事に溢れた若者は農業などの家業を継ぐか、仕事を求めて都心部へと出て行くしかないのです。

別の記事の「農地の相続と売買の注意点、固定資産税について」でも触れているように、昭和30年代の全盛期に比べて、今は農業をする人が10分の1にまで減少しています。

天候や災害に左右されたり、安定した収入を得れる保証がない農業を、自分から進んで継ごうと思う若者も減っているでしょうし、そういった家業を継いで欲しいと考える親も減っているのではないでしょうか。

将来の担い手となる若者がいない町が発展することは、まずありません。経済が衰退してお金がまわらなくなると、自治体としてもインフラなどにお金を掛けることができなくなり、どうしても集落は時代から取り残されていくことになります。

限界集落が増えることで起こる問題

限界集落が増えることで問題視されているのが、税金の投入による経済の悪化があります。言葉が悪いことは承知しておりますが、近い将来消滅することが確実視されている限界集落に、税金を投入するのは無駄使いだという声が日々大きくなっており、政府としても限界集落の扱いに困惑しているのが現状です。

そして、当サイトのテーマでもある不動産に関する問題も注目されており、これは限界集落を離れた若者や子供世帯にも降りかかるので、決して他人事ではありません。

集落を離れた者にも降りかかる空き家問題

限界集落が増えることで、皆さんにも直結する問題が空き家問題だと思っています。今はすでに集落を離れて都心部で暮らしているとしても、いずれ集落出身の人は実家を相続する可能性が極めて高いことは言うまでもありません。

そうしたとき相続した実家をどうしますか?「今後も住む予定がないから売ってしまえばいい」と思っていませんか?ですが、限界集落となった場所にある家を購入する人はいるのでしょうか?

「どうせ田舎だし、固定資産税も安いから無理に売らなくてもいい」と考えている方もいるかもしれませんが、その判断にも注意が必要です。

空き家と判断されれば税の控除は受けられなくなり、今の6倍の固定資産税を払わなければならなくなるし、場合によっては自治体から危険家屋と判断され、解体命令が出される可能性だってあります。

解体するには百万円単位のお金が必要になります。「いざ相続してから考えればいいや」、というのでは遅すぎます。

もし将来的に、限界集落にある実家を相続する可能性があるのでしたら、まだ両親が存命のうちから、親や兄弟と将来どうするのかについて、しっかり話し合っておくことをおすすめします。

今の時点で売却が可能なのか、それともすでに売却が難しい地域と判断されているのかを知るには、ネットの一括査定などを利用するのが一番合理的だと思います。

地元の不動産会社に依頼してしまったら、査定だけしてもらって終わりというわけにはいきませんが、ネットの一括査定であれば、地元不動産会社に依頼するよりも、何かと都合が良いのではないでしょうか。

ちなみに、集落であれば農家を営まれている家も少なくないと思いますが、そのような場合は実家問題だけでなく、農地を相続したときの問題も絡んできますので、こちらもしっかりと考えておくようにしましょう。

耕作放棄地や放置される山林が増加する

耕作放棄地(遊休農地)や、放置されたままの山林が増加する恐れがあります。安部政権の政策の1つに、「農業の活性化」というのがあるのをご存知でしょうか。その政策には多額の税金が投入されています。

安部政権の狙いとしては、限界集落などの農業効率が悪い地域に頼るのではなく、大規模農業などを推し進めるのが狙いなので、限界集落の農業が衰退しても、政権としては願ったり叶ったりなのかもしれません。

ですが、その使い物にならなくなった農地を相続した人はどうなるでしょうか。売却することもできず、人に貸して耕してもらうこともできず、固定資産税だけを払い続けることになります。

農地であれば、固定資産税は安いから大丈夫と思っているかもしれませんが、作物を作ってない田んぼや畑は、農地とはみなされません。つまり、農地として受けていた減税などの恩恵が受けられなくなるということです。

この問題は農地だけでなく、林業を多く抱えている限界集落でも同じことが言えます。特に林業は、農地よりも広い土地を所有しているケースが多く、山林の維持管理には相当な労力と時間を費やさなければならず、それには当然費用もかかります。

限界集落が増えることは今後も確実視されており、こうした農地や山林の問題も、必然的に起こってしまうのは仕方ないことなのかもしれません。しかし、いざ自分がその立場になったときにどうするのかを計画しているのと、なにも計画していない状態で相続するのでは、かなり大きな差があります。

空き家問題でも言いましたが、相続してからでは遅いと思いますので、今のうちから対策を考えたり、すでに実行に移しておくことが大事になってくる問題だと思っています。

限界集落に移住する時の注意点

いま田舎暮らしが注目を集めていて、限界集落へと移住する人もいます。このような移住性活を送る人は定年した高齢者が多いのも事実ですが、なかには若い30代や40代の家族が田舎暮らしを求めて移住するケースも珍しくありませんし、限界集落問題を抱える自治体はこうした移住制度に注目して力を入れた取り組みをしてます。

しかしこのスローライフ(田舎暮らし)が必ずしも上手くいくとは限らないし、実際に田舎暮らしを始めてみたけど想像とはずいぶん違っていたという理由で早々に田舎暮らしを止める人も少なくありません。

移住側と受け入れる側の思惑が違う

田舎暮らしが上手くいかない理由の1つに、双方の思惑が違ってることが考えられます。

そもそも田舎暮らしをする人たちというのは、都心の喧騒から離れ、悠々自適な生活を送りたいと思っている人たちが大半です。しかし限界集落などを抱える自治体は、そう思って受け入れてくれているわけではありません。

自治体の理想としては、若い世代の人には地域の中核となって、集落を引っ張っていく存在になって欲しいと思っているのです。そのため、地域の寄り合い行事などには積極的に参加してもらい、より地域の人たちとのコミュニケーションを図って欲しいと思っているのです。

ゆっくり自分たちのペースで生活したいからこそ田舎暮らしを選択したのに、いざ引っ越してきてみたら青年会やら消防団やら地域行事の役員などを押しつけられてしまうことが多々あります。もちろんこの問題は移住者と自治体だけの問題ではなく、移住者と集落住民でも同じ問題が起こる可能性があります。

集落の人たちは都心の人たちとの付き合いになれておらず、昔からのやり方を移住者にも求めてしまいます。そのため冠婚葬祭には必ず出席しなければならなかったり、町内行事の炊き出しや高齢世帯の雪おろしなどを平気で頼んできたりします。

そうなると、当然予想していたような悠々自適な生活なんて送れるはずがなく、早々と移住性活をきりあげてしまうことで、そのあとにやってくる移住者にも集落の人たちは厳しい目でみるようになります。

その他田舎暮らしをする上での注意点まとめ

上の項目でも書いていますが、人間関係や人付き合いが面倒だから田舎暮らしや限界集落に移住する、というのは大きな間違いです。

田舎や限界集落だからこそ都心よりも人付き合いが求められてしまいますので、誰にもかまわれずにひっそりと暮らしたいのであれば、田舎や集落へ移住するのではなく、山林などを安くで購入してそこでひっそりと暮らすのが一番です。

ここまで解説してきた人間関係の問題以外にも、田舎暮らしをする上で重要となる3つの問題点があります。

  • 教育の問題
  • 医療の問題
  • 仕事の問題

教育の問題

田舎の学校はどんどん統合されており、今後も益々通学などで不便になっていくことが考えられますし、義務教育が終わる高校からは、家をでて都心部の高校や大学に進むしかありません。

つまり普通に生活するよりも、早い段階で子供と離れて暮らさなければならない可能性が高くなることを覚悟しておく必要があります。

もちろん限界集落には塾などもありませんので、しっかりと勉強させて良い高校や大学に通わせるには、都心部の塾まで通わせ、それを毎日のように送迎する覚悟も必要でしょう。

医療の問題

限界集落に病院があることは稀で、診療所すらないところも多数あります。高齢化が進む限界集落だからこそ医療や介護のサポートが必要なのに、それが満足に受けることができないことは大きな問題点といえるでしょう。

もちろん限界集落であっても救急車は来てくれますが、どうしても搬送に時間が掛かります。また、高齢になったときの介護の問題もあります。ヘルパーなどに来てもらうにしても限界集落ではヘルパーの絶対数が足りていません。そのため十分な介護を受けれるかが不安視されます。

仕事の問題

そして最後が仕事の問題です。きっと限界集落などの田舎暮らしを選択するのですから、それなりに蓄えがあるか、地方でもこなせる収入源をお持ちだと思います。

しかしそれは自分の世代のことであり、自分の子供たちはどうでしょうか。同じように限界集落で満足な収入を得ることができるでしょうか。

親の財産はいつかは尽きます。それに、自分で稼いだお金ではなく相続したお金は使ってしまうのも早いです。そうしたとき、子供たちがその集落で暮らしていくことが本当にできるのでしょうか?このように、将来についてもしっかりと考えておく必要があります。

限界集落を扱ったドラマについて

限界集落の問題が社会現象化することで、テレビなどでも限界集落を特集する番組やドラマが目立つようになってきました。ドラマなどは、限界集落が抱える問題や、移住して来た家族などの葛藤をわかりやすく描いているので、面白おかしく限界集落について知ることができます。

最近だとNHKのドラマ「限界集落株式会社」、唐沢寿明さん主演の「ナポレオンの村」などが注目を集めていました。

ナポレオンの村
スーパー公務員という名目で限界集落がある役場に配属になった主人公の唐沢寿明さんが悪戦苦闘しながら限界集落を再起させるストーリーです。実際に日本各地にある限界集落が復興した題材などを取りいれており、限界集落復興のヒントが多数描かれていました。

しかしやはり最後は限界集落に暮らす人たちのやる気や情熱というのが大事なんだということが良く伝わる内容に作られており、このドラマをみて田舎暮らしの良さを知った人も多かったのではないでしょうか。

TBS:ナポレオンの村

限界集落株式会社
人口50人ほどの消滅寸前の限界集落、高齢化や過疎化問題を抱える小さな集落へとやってきた一人の男(反町隆史さん)が実家の農家を継いで集落の活性化を描いた物語。

主人公の娘が限界集落で家業であった農業を継ぐ決意をし、主人公と一緒になんとか集落の復興を目指しますが抱える問題は深刻でした。そんなとき東京で経営コンサルタントをしていた男性と出会い、これをきっかに3人で農業を通して限界集落の復興へと試行錯誤していく模様が描かれています。

NHK:限界集落株式会社

限界集落のまとめ

限界集落が抱える問題は深刻です。交通機関の撤退、医療や介護問題、さらには教育問題と、普通に生活していくだけでも数多くの問題があります。そして、限界集落で一番問題視されているのが若者の流出です。限界集落では仕事がないため、若者は職を求めて都心へと出ていくしかありません。

集落の将来の担い手たちがどんどん集落を出ていくのですから、あとは消滅するのを待つしかありません。

自治体も、最初は限界集落をなんとかしようと対策を打ち出していましたが、最近は税金の無駄使いという声も増えており、どうしてよいのか二の足を踏んでいるのが現状です。

限界集落に残されてしまった高齢者たちも大変なのですが、集落を出た若者たちにも問題が降りかかります。それが相続した不動産、実家の空き家問題や農地などの問題です。これらを相続しても売ることも貸すこともできず、ただ固定資産税を払いつづけ、維持管理に時間と労力を使わなければなりません。

限界集落は、決して山間部などの一部の地域の問題ではなく、今後同じ問題を日本全国の地方都市が抱えていくことになります。ですので、決して一部の特別な地域の出来事だととらえず、地方に住む人たちが将来の空き家問題や農地問題について考える良い機会なのではないかと思います。

家を売るなら必ず知っておきたいチェックポイント

  • 信頼できる業者はどうやって探せばいいの?
  • 家を売りたくても売れない不動産業界の現状を理解しておこう。
  • 不動産業者に家の「買取」をしてもらうのは損?
  • 実家や土地を相続した場合はどうしたらいいの?
ページトップ