買い主側から値段交渉があった場合は慎重に

買い主側から値段交渉があった場合は慎重に

内覧した人に物件を購入する意思があれば、不動産業者より連絡があり「買付申込書」という用紙を受け取ることになります。

この買付申込書は契約書のような効力は何もありません、ただ買主側に購入の意思がありますと示す書類に過ぎません。
ですので、買付申込書を受け取ったからといって、安心するのはまだ早いです。

購入希望者が買付申込書を提出する理由はズバリ「価格の交渉」をしたいからです。
家の売買となれば、金額も高額なので必ずというほど値下げの交渉が入ります。

ある程度の値下げ交渉には応じる姿勢を見せておく

分譲マンションの場合は、買主はどうしてもそのマンションが購入したいというケースも多く、意外に強気な価格交渉ができるのですが、戸建ての場合は少し事情が違います。

戸建ての購入者は利便性よりも、生活性をを重視するという話を別の記事でも書きましたが、その通りでマンションのようにその物件に執着する人は意外に少なく、他に良い物件があればすぐに心変わりしてしまいます。

つまりどうしてもその物件を買いたいというよりも、同じような間取りや価格であれば、他の物件でも良いと考える人は決して少なくないのです。
そのため、戸建ての値下げ交渉は、マンションほど強気になれないというのが実情です。

値引きの交渉術などについては、マンション売却の達人サイトにある「買い手から値下げ交渉が合った場合」という記事を参照してください。

~まとめポイント~

  • 買付申込書をもらったからといって安心しない
  • 戸建は、値引き交渉を慎重にしないと他の物件に心変わりされる可能性大
  • 値引き交渉には応じる姿勢を見せておくのも作戦のひとつ
  • 家を売るなら必ず知っておきたいチェックポイント

    • 信頼できる業者はどうやって探せばいいの?
    • 家を売りたくても売れない不動産業界の現状を理解しておこう。
    • 不動産業者に家の「買取」をしてもらうのは損?
    • 実家や土地を相続した場合はどうしたらいいの?
    ページトップ