家の販売価格の賢い決め方

家の販売価格(売却価格)の賢い決め方

家を売る場合、一番頭を悩ませることの一つがスタート価格(最初に売り出すときの価格)の設定です。

いったん2500万円で売り出した家を、思ったより問い合わせが多いからといって2700万円に値上げすることは現実的に不可能です。

だからといって、もしかしたら誰か買ってくれるかもと欲をだし、3000万円からスタートしてしまっては、誰も問い合わせすらしてくれない可能性がありますし、簡単に値を下げては何か訳あり物件なのでは?と変な噂が立つ恐れもあります。

3つの価格を最初に決めておく

いざ売り出してからバタバタやって値を上げたり、下げたりしないためにも、売りだし価格は計画的に決めておく必要があります。
そこでお薦めしたいのが、売りだす前からあらかじめ3つの価格を決めておくことです。

その3つの価格とは「売りたい価格」「売れる価格」「最低価格」です。

売りたい価格=売主がこの金額で売れてくれれば御の字と思う理想の価格。
売れる価格=不動産業者の査定を加味しながら、売れるであろう妥当な金額。
最低価格=もうこれ以上は絶対に値下げはできないという最終値引き価格。

この3つの価格と、どのタイミングで値を下げるかだけを決めておけば、値下げ時期などで頭を悩ませることは少なくなります。

値下げのタイミングについては、別記事の「値下げのタイミングとコツ」で詳しく解説していますので、そちらを参照してください。

3つの価格を決めるコツ

3つの価格を決めておけば良い事はわかりましたが、でわどのようにして3つの価格を決めるのが良い方法なのでしょうか?

残念ながら、この3つの価格に正解はありません。
あくまでも売主の都合が大きく関係してくるので、それぞれの物件によって価格の決め方は違ってきます。

例えば「売りたい価格」を例にすれば、住宅ローンの残債務があるかによって違ってきたります。
住宅ローンの残債務が2700万円残っているが、家の査定は2500万円だったとします。
このとき、売主にしてみれば住宅ローン残債務を全額返済できる2700万円が一番理想の金額であることは間違いありません。

しかしすでに住宅ローンを完済していてり、現金で購入しているような物件に関しては、必ずしも2700万円が「売りたい価格」とはならないはずです。

「最低価格」にしても同じことがいえます、人によっては住宅ローン残債務を全額返済できる2700万円を「最低価格」と設定する人もいるはずです。
そうと思えば、任意売却など売り急いでいる人は、融資先が合意してくれれば、競売価格や業者買取価格よりも高値で売れるのであれば、2000万円でも2200万円でも良いと考える人もいます。

このように、人それぞれの事情によって3つの価格は大きく変わってきます。
不動産業者の担当営業マンと良く相談をしながら、この3つの価格を決めていくのがベストだと思います。

~まとめポイント~

  • 一度売り出した物件を値上げするのは容易ではない
  • 売りたい価格、売れる価格、最低価格を事前に決めておく
  • 3つの価格は売主の事情によって大きく違ってくる
  • 担当営業マンに売却の事情を良く説明し、一緒に3つの価格を決めておく

家を売るなら必ず知っておきたいチェックポイント

  • 信頼できる業者はどうやって探せばいいの?
  • 家を売りたくても売れない不動産業界の現状を理解しておこう。
  • 不動産業者に家の「買取」をしてもらうのは損?
  • 実家や土地を相続した場合はどうしたらいいの?
ページトップ