一戸建ての買取で1番高いのはどこ?不動産業者を比較

不動産業者の「買取」で自宅を売るのは損?

一戸建ての家を売るにあたって、なかなか買い手が現れない場合や、特に急ぎで現金化したい場合などは、不動産業者に直接買い取ってもらう方法(業者買取)があります。

一般の個人へ売却する場合に比べて、買取金額が安くなってしまうのが欠点ですが、売り主には色々なメリットがあります。

特に、築古の家や訳あり物件を売りたい人には適した方法なので、メリット・デメリットを理解したうえで上手に活用しましょう。

※今回解説するのは「一戸建ての買取」に関してです。マンションの場合は少し条件が異なってくるので、「マンション買取」のページをご覧ください。

家の「売却」と「業者買取」の違い

最初に「個人へ家を売却した場合」と、「買取業者に家を売却した場合」の違いを簡単に説明します。

個人へ家を売却する場合は、

  • 不動産業者の仲介を通して一般の個人へ売却
  • 売却価格の約3%を仲介手数料として業者へ支払う
  • 業者側は家をより高く売った方が儲かる

このような流れになります。

ポイントは、「業者側は家をより高く売った方が儲かる」という点です。

そのため、個人へ売却する場合、不動産業者は「売り主のパートナー」と言える存在になります。

一方で、買取業者に対して直接家を売却する場合には、

  • 仲介は通さず直接業者に家を売却
  • 業者側は買った家をリフォームして転売
  • 業者側はより安く家を買った方が儲かる

このような関係になるので、個人へ売却する場合とは違って、買取業者との関係は「商売相手」ということになります。

そのため、業者側の言いなりになって売却金額を決めてしまうと、売り主は損をする可能性が高くなります。

この点を理解しておかないと、相場よりも安く買い叩かれてしまう可能性があるので注意しましょう。

不動産買取業者の人気ランキング

不動産業者の中には、直接買取を行っている業者もあれば、仲介専門の業者もあります。

ここでは過去の買取実績などをもとに、人気が高い買取対応業者をまとめたので、参考にしてください。

なお注意して欲しい点は、必ずしも「上位の業者=買取金額が高い業者ではない」という点です。

どの業者が高く買い取ってくれるかは、実際に査定を比較してみないとわからないので、こちらで紹介している比較サイトなどを参考に慎重に決めましょう。

カチタス

カチタス

業者名 株式会社カチタス
住所 群馬県桐生市美原町4番2号
電話番号 0120-593-000
再販戸数 3692戸(2018年)
ウェブサイト http://katitas.jp/

リフォーム産業新聞では、2014年から買取業者ランキングを毎年発表しています。このランキング開始以来、5年連続で1位を獲得しているのがカチタスです。

カチタスの特徴は、一軒家の買取再販にチカラを入れているところです。中古マンションの取り扱いはほぼなく、戸建て住宅の買取・再販を主力としています。

買取だけでなく、自社でリフォームして再販売することで、多くの利益をあげているのですが、買い手のニーズをよく理解した再販リフォームには定評があります。

50代/女性/栃木県

一緒に住んでいた母が他界したことをきっかけに実家を売ることに。家の売り方さえわからない状態だったのですが、友人にカチタスさんを紹介してもらい 家の査定をしてもらいました。

家の査定なんて初めてのことだったから高いのか安いのかわかりませんが、担当のTさんがとても誠実で親切な方でしたのでカチタスさんにお願いすることにしました。

30代/男性/東京都

おうち買取り全国1位というのを見て、2年くらい前にカチタスで査定をしてもらったことがあります。査定金額は予想よりも低かったのでガッカリしたのをおぼえています。

やっぱり業者に買取りしてもらう場合は、かなり安い金額を提示されるので覚悟しておく方がいいと思います。

ベストランド

ベストランド

業者名 株式会社ベストランド
住所 東京都港区六本木1丁目6番1号 泉ガーデンタワー
電話番号 03-3588-7710
再販戸数 2220戸(2018年)
ウェブサイト http://www.best-land.co.jp/

「すべての人に、ベストな不動産を」という経営理念を掲げているベストランド。「マイランド」という中古住宅ブランドを展開しており、1000万円代で買える戸建てやマンションを注目物件として扱っています。

買取販売の中心はマンションで、マンション販売戸数では全国1位。しかし近年は、一戸建て住宅の買取再販数も増やしています。

マンション再販では十分な実績があるので、そのノウハウをどう戸建て住宅に活用してくるのか注目されています。

40代/女性/東京都

最初は地元の不動産に買取をお願いしようとしていたのですが、とにかく対応が遅く、思い切ってベストランドさんに査定をしてもらうと対応がとても早い!

不動産によってこんなにも対応が違うのかと思ってベストランドさんにお願いしました。査定金額も妥協範囲だったので満足です。

50代/男性/宮城県

子供たちも巣立っていき、妻と2人では家が広すぎるので売りに出すことに。

思い出がたくさん詰まっている家なので理想の金額があったのですが、さすがに築古ということで査定の金額は安かったです。

対応はしっかりしていたので不満ではないですが、残念という気持ちはありました。

インテリックス

インテリックス

業者名 株式会社インテリックス
住所 東京都渋谷区渋谷2-12-19 東建インターナショナルビル11F
電話番号 0120-37-3986
再販戸数 1472戸(2018年)
ウェブサイト https://www.intellex.co.jp/

インテリックスは東京を本社としていますが、2013年に大阪や福岡、札幌などの主要都市に事業を拡大し、業績が伸びてきています。

最近では当たり前になりつつあるリノベーションにいち早く目をつけたり、家の売却後も住み続けることができるリースバックシステムや、実物不動産を一口100万円単位で所有できるアセットシェアリングなど色々な事業を展開しています。

どちらかというとマンションに強いイメージですが、戸建ての買取事業にも着手しており、徐々に人気が高まってきている業者です。

50代/男性/福岡県

自分が小さい頃から住んできた家を売ることになり、寂しい反面、次に住む方にもこの家を大切にしてもらいたいという願いもあり、リノベーションに定評があるインテリックスさんで家を売ることにしました。

リノベーションによってとても綺麗な家にしてくださり、そのおかげで購入者もすぐに現れたみたいで、インテリックスさんにお願いしてよかったという気持ちでいっぱいです。

40代/女性/神奈川県

家を見てもらっているときに担当の方の印象が少し悪かったです。なんといいますか、”ここに柱があるのか?” とか” なんでここに断熱材はいってないのか?”みたいな感じで少しケチをつけてくるような口調でした。

査定金額はなかなかよかったのですが、今回は保留にしました。

フジ住宅

フジ住宅

業者名 フジ住宅株式会社
住所 大阪府岸和田市土生町1丁目4番23号
電話番号 072-437-8700
再販戸数 1326戸(2018年)
ウェブサイト https://www.fuji-homebank.com/

本社が大阪ということもあり、関西エリアを中心に事業を展開している不動産業者です。

メインは新築戸建住宅の販売ですが、中古住宅の再販事業でも業績を伸ばしていて、買取再販の事業では2016年に全国3位となりました。

戸建てのみの買取再販数では349戸で4位でしたが、営業エリアが狭いことを考えると優秀な数字です。関西エリアで買取を考えている人は候補の一つだと思います。

40代/男性/大阪府

転勤による売却で、あまりのんびりしている余裕はありませんでした。なので大阪では有名なフジ住宅さんで家を買い取ってもらいました。

家を売るなんて初めてでわからないことが多かったけど、フジ住宅さんは対応がよく、本当に頼りになりました。買取り金額も納得いくもので、より一層フジ住宅さんへの信頼が厚くなりました。

30代/男性/兵庫県

営業さんは地元トークができてとても良い方でしたが査定額が低かったので、フジ住宅さんより査定額が高かった別の業者にお願いしました。

営業さんが良い人でもお金に関わることなので今回は見送りました。

ハウスドゥ

ハウスドゥ

業者名 株式会社ハウスドゥ
住所 東京都千代田区丸の内1丁目8番1号 丸の内トラストタワーN館17F
電話番号 0120-544-054
再販戸数 490戸(2015年)
ウェブサイト https://www.housedo.co.jp/

ハウスドゥはフランチャイズ事業を展開して店舗数を伸ばしている業者です。

賃貸事業メインのフランチャイズ企業は多いですが、ハウスドゥは売買事業に手を入れており、売却査定にAIを使ったりと、他にはない一風変わったサービスを提供しています。

中古マンションを扱う企業が多い中、ハウスドゥは中古一戸建ての売買をメインにしており、ホームページでも販売中の物件が探しやすい仕様となっています。

30代/女性/京都府

ハウスドゥさんに査定を依頼したのですが、ものすごく対応が早かったです。というのも依頼した日に査定に来てくださり、簡易的なものでしが、その場で金額を提示してくださったんです。

日頃仕事で忙しい私にはこの対応力はとっても助かりました。

40代/男性/愛知県

家の査定をハウスドゥにお願いしたことがあります。当時5社に査定をお願いしてけど、ハウスドゥが提示してきた査定金額は他の業者と比べて低めでした。

相見積もりの結果を伝えても値段が上がる気配がなかったので、他の業者へ依頼しました。

 

以上が戸建ての買取を行っている不動産業者のランキングです。

このランキングは随時更新していくので業者選びの参考にしてください。

なお、くり返しになりますが、「人気がある業者=買取額が高い業者」というわけではないので、勘違いしないように注意してください。

どの業者が高く買い取ってくれるかは、実際に査定を取ってみないとわからないので、次のブロックで紹介する査定サイトなどを利用して、十分に比較してから決めましょう。

買取業者を選ぶ際のおすすめサイト

買取業者に家を売る場合には、複数の業者の査定を比較することが最重要です。

なぜなら「査定額=買取金額」なので、少しでも査定が高い業者を見つけないと損をするからです。

多少手間に感じるかもしれませんが、最低でも3社、できれば5社程度の査定を比較してから選んだ方がよいです。

ちゃんと業者を比較したかどうかで、売却価格に100万~300万円くらいの差が出ることもあるからです。

買取業者を比較できるサイトはあまり多くありませんが、下記の「Smoola(スモーラ)」と「アイデアル」の2つは対応しているので、業者選びの際には役に立ちます。

Smoola(スモーラ)

Smoola(スモーラ)は、日本全国の戸建てや土地の売却に対応した一括査定サイトです。

業界内では老舗のサイトで、通常の売却だけではなく、「業者買取」の査定も取れるのが特徴です。

提携業者としては、住友不動産販売、野村の仲介+、ピタットハウス、三井のリハウス、みずほ不動産販売など、大手業者を抑えつつ、地元密着型の小さな不動産業者にも幅広く対応しています。

公式サイトはこちら

アイデアル

アイデアルは戸建てや土地だけでなく、アパートやマンション、さらには借地権や底地権まで幅広く売却できる査定専門サイトです。

特に都心部の物件に強く、スモーラ同様に直接買取の査定もしてくれるのが強みです。

スピード査定にも自信があると評判のサイトなので、急いで家を売却したい人におすすめです。

公式サイトはこちら

 

上記の2つは買取業者の査定にも対応してるので、申込時に「不動産業者の買取を希望します」と書いて査定を依頼しましょう。

その際の注意点ですが、買取業者を探す場合、通常の売却よりも対応している業者数がかなり少なくなります。

タイミングによっては1社か2社しか出てこないこともあるので、そんな時はスモーラとアイデアルの両方を使って業者を探してみましょう。

できるだけ多くの業者を比較した方が、高く売れる可能性が上がります。

査定を取るだけならたいした手間ではないので、売ることが決まったらなるべく早めに査定を依頼しましょう。

業者買取のメリット・デメリット

普通に家を売却した時と比べて、「業者買取」を利用する場合には、大きな違いが4つあります。

売主からすると、4つのうち3つはメリットで、残りの1つがデメリットです。

以下の解説を参考に、自分にとってどちらがお得なのか確認してください。

築古、訳あり物件でも早期に売れる

業者買取の最大のメリットは、買い手がなかなか見つからないような、築古の家や訳あり物件でも売却できることです。

過去に何組も内覧に来たのに売れなかった物件でさえ、金銭的な折り合いがつけば、即現金化することができます。

業者買取の場合、早ければ1週間ほどで売買契約が終わり、手元にお金が入ってきます。

一般的な売却だと、買主が決まった後にも色々な手続きがあり、手元にお金が入ってくるのは早くても2ヶ月程度先です。

この点を考えると、業者買取の方が圧倒的に有利と言えます。

瑕疵担保責任が免除される

家を売却する場合、売主は「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」というものを負う義務があります。

瑕疵担保責任とは、売却した家にパッと見では気がつかない瑕疵(たとえば雨漏りやシロアリ被害など)があった場合、一定期間は売主に補修の義務があるとするものです。

これは築古の家などを売る時にはやっかいな問題で、売主自身も気づいていなかった瑕疵のせいで、売却後に思わぬ出費を迫られる可能性があります。

例えば配水管の劣化などは、壁の中にあるので見た目ではわかりませんよね。

もし家を売却した後に配水管から水漏れがあった場合、一定期間は売主が修理費用を出さなければならないので、潜在的なリスクとなります。

このリスクが、業者買取を利用した場合には免除されます。

売主にはかなり大きなメリットなので、築30年以上の戸建てを売却する場合にはぜひ覚えておきましょう。

自分のタイミングで売却できる

自分が希望するタイミングで売却できるのも、業者買取の大きなメリットの1つです。

特に買い替え、住み替えを検討している人の場合は、今住んでいる家が売れるタイミングと、新居を買うタイミングの調整に悩むことが多いです。

今住んでいる家の売却の目処が立たなければ、新居を購入する目処も立ちません。

もし気に入った物件が売りに出されても、売却の方がうまく進んでいなければ、新居の購入をためらってしまうでしょう。

その点、業者買取であれば、売却のタイミングについて悩む必要がないので調整が非常に楽です。

買取価格が市場の7割程度しかない

ここまで3つのメリットを解説してきましたが、最後の一つが業者買取におけるデメリットです。

それは、一般的な売却に比べて、買取価格がかなり安くなってしまうということです。

業者買取で売った場合の相場価格は、通常の売却の7割程度しかありません。

例えば、相場2,000万円で売れる戸建てだった場合、業者に買い取ってもらうと1,400万円程度しか値がつかないということです。

この「約3割のマイナス」を許せるかどうかが、業者買取を利用するか否かの判断材料となります。

単純な話ですが、普通に売却できるのであればそのまま売った方がお得なので、すべての人に業者買取が適しているわけではありません。

もしどちらにしようか迷っている場合は、先ほど紹介した「スモーラ」や「アイデアル」を使って、通常の売却と業者買取の両方で査定を取ってみましょう。

通常の売却でも十分に売れる見込みがあるならば、まずはそちらで一度試した方がお得かもしれません。

一戸建ての買取でよくある質問

一戸建ての買取を依頼する際によくある質問をまとめました。

買取に向いているのはどんな家?

すでに説明した通り、普通に売却できる家であれば、そのまま売った方が金額的にはお得です。

したがって、業者買取に向いているのは、以下のような条件に当てはまる物件です。

  • 築30年以上の家
  • 増改築を何度もしている家
  • 敷地が広すぎる、狭すぎる家
  • 道路と敷地が接していない家
  • 遠方にあるため管理ができない家

築古物件や増改築を何度もしている家の場合は、売却後の「瑕疵担責任」のリスクが大きくなるため、多少安くなったとしても業者買取を利用した方が安心です。

極端に敷地が広すぎる、または狭すぎる家も、一般の買い手はなかなか見つからないので、早めに業者買取で売ってしまった方がお得なケースがあります。(売却できないまま長期間が経過すると、資産価値が下がってしまうためです)

道路と敷地が接していない家も、通常の売却はかなり難しいので、専門業者に買い取ってもらった方がよいでしょう。

これは単純に利便性が悪いという問題ではなく、道路と敷地が接していない場合、現行法では新たな住宅を建築することができないという理由からです。

今ある建物を壊して更地にしてしまうと、そこに新しく家を建てることができないため、一般人に売却するのはかなり難しいと思います。

最後に、遠方にあるため管理ができない家についてですが、買い手が見つからないまま時間が経つと資産価値が落ちるので、「半年以上経っても売れなければ業者買取を利用する」などと期限を決めることをおすすめします。

以上のような条件に当てはまる家は、通常の売却よりも業者買取の方が適していると思います。

家の中は片付けておいた方がいいの?

業者買取を利用する場合、買い手はその道のプロなので、多少荷物があったり散らかっていたりしても、査定額には特に影響しません。

ですから急いで片付ける必要はないでしょう。

しかし実際に家の引き渡しまで進んだ段階で、不要な家具や大量のゴミなどが残っていると、処分費用を取られてしまいます。

無駄な出費を抑えたければ、引き渡しまでに家の中を整理して片付けておきましょう。

ちなみに業者買取ではなく一般の個人に売却する場合は、内覧の前までに片付けておかないと、買い主の印象が悪くなってしまうので気をつけましょう。

傾いた家や不具合のある家でも買い取ってもらえるの?

見た目で分かるほど傾いた家や、明かな不具合がある家でも、買い取ってもらえる可能性はあります。

もともと買取を専門にしている業者は、買い取った家をリフォームして転売するつもりなので、現状の建物の状態にはこだわらないケースもあるからです。(この場合は主に土地の価値に着目しています)

ケースバイケースなので、絶対に買い取ってくれるとは言い切れませんが、自力で土地を更地にしてから売るよりは、お得かもしれません。

別ページで解説していますが、家の解体費用もそれなりにかかるので、まずは買取が可能かどうか確認してみましょう。

まとめ

今回は「業者買取」のメリット・デメリットを詳しく解説しました。

結論をまとめると、「築古の家や訳あり物件の場合は、業者買取の方がお得かもしれない」ということになります。

もちろん絶対というわけではないので、普通に売れる見込みがあるならば、まずは通常の売却を考えてみるべきです。

家の売却では大きなお金が動くので、「3割」という差はかなりの金額になるからです。

どちらにするかの判断は、実際に両方の査定を取り寄せてから判断すればよいと思います。

例えば500万円の差があるなら、多少苦労したとしても通常の売却でがんばった方がお得ですが、差が100万円以内なら、業者買取で売った方が手間やリスクを考えるとお得かもしれません。

どちらにせよ、「スモーラ」や「アイデアル」などの査定サイトを使えば、両方まとめて比較できるので、まずは査定を取ってから考えましょう。

あるいは、「最初の3ヶ月は通常の売却として買い主を探してみる。それでダメだったら業者買取で売る」といった感じで、期限を決めてみるのも1つの手です。

業者買取は、ある意味最後の手段なので、どちらがお得なのかしっかり検討してから決めましょう。

※もし通常の売却でいく場合は、どの仲介業者と契約するかが非常に重要なので、こちらの「仲介業者選び」のページを参考にしてください。

Smoola(スモーラ)

Smoola(スモーラ)は、日本全国の戸建てや土地の売却に対応した一括査定サイトです。

業界内では老舗のサイトで、通常の売却だけではなく、「業者買取」の査定も取れるのが特徴です。

提携業者としては、住友不動産販売、野村の仲介+、ピタットハウス、三井のリハウス、みずほ不動産販売など、大手業者を抑えつつ、地元密着型の小さな不動産業者にも幅広く対応しています。

公式サイトはこちら

アイデアル

アイデアルは戸建てや土地だけでなく、アパートやマンション、さらには借地権や底地権まで幅広く売却できる査定専門サイトです。

特に都心部の物件に強く、スモーラ同様に直接買取の査定もしてくれるのが強みです。

スピード査定にも自信があると評判のサイトなので、急いで家を売却したい人におすすめです。

公式サイトはこちら

家を売るなら必ず知っておきたいチェックポイント

  • 信頼できる業者はどうやって探せばいいの?
  • 家を売りたくても売れない不動産業界の現状を理解しておこう。
  • 一戸建ての買い取りで1番高いのはどこ?
  • 実家や土地を相続した場合はどうしたらいいの?
ページトップ