マンションは増税前に買った方がお得なのか?

マンションは増税前に買った方がお得なのか?

マンション購入は、ほとんどの人にとって高額な買い物。「少しでも安く購入したい!」と思うのは当然ですよね。そこで気になるのが消費税の増額です。

2015年10月に予定されていた消費税10%への増額が、2017年4月に持ち越されることが決定しました。今回は景気条項が削除されたので、景気次第で先送りすることはなく、消費税が10%になることは確定となりました。

では、果たして普段の買い置き品などと同じように、やはりマンションも増税前に急いで買った方がお得になるのでしょうか?それとも…?

消費税について

まず、消費税についておさらいをしましょう。消費税とは、事業者が納めるものであり、その金額を消費者が負担しているという仕組みになっています。つまり、事業者から購入した場合は消費税がかかりますが、個人間の売買では消費税がかかりません。

節税するなら中古マンション!?

つまり、事業者から購入する新築マンションの代金には消費税がかかりますが、個人間の売買になる中古マンションの代金には消費税がかからないんです!ですから、新築マンションよりも中古マンションの方が、増税の影響を受けにくいことになります。

ただし、個人間の売買を不動産業者に仲介してもらった場合の仲介手数料には、消費税がかかりますので、増税の影響を受けます。このことについては、次でしっかりと見ていきましょう。

マンション購入でかかる費用と消費税

マンションを購入する際には、マンション自体の購入代金以外にもさまざまな費用がかかります。その中で消費税のかかるものは、不動産会社への仲介手数料、登記を代行する司法書士への報酬、住宅ローンを借りる場合の金融機関(保証会社)への事務手数料などです。

登録免許税、固定資産税、不動産取得税などの税金関係、火災保険や地震保険などの保険料には消費税はかかりません。

増税でどれくらいの差がでるの?

マンション購入にかかる主な費用について、消費税が8%から10%に上がったらどれくらい出費が増えるのか、2500万円のマンションを購入した場合を想定して見てみましょう。

マンションの代金

新築の2500万円のマンションを購入した場合、8%の消費税だと 200万円、10%の消費税だと250万円かかりますので、その差は50万円になります。中古マンションを購入した場合は消費税がかかりませんので、この差は関係ありません。

仲介手数料と登記手続き費用

不動産会社や司法書士によって異なりますが、2500万円の物件を購入した場合の仲介手数料と登記手続き費用を合わせた金額は、約100万円です。8%の消費税だと約 8万円、10%の消費税だと約10万円かかることになりますので、その差は約2万円になります。これは、新築でも中古でも同じです。

住宅ローン

住宅ローンは、金利や返済期間、税金に優遇措置が適用された場合などによって大きく変わりますので、はっきりとした金額は出しにくいのですが、2500万円を35年ローン返済場合、8%の消費税よりも10%の消費税の方が約130万円支払う額が多くなります。

以上をまとめると、新築マンションを購入する場合、消費税が10%になる前と後では約200万円の差が、中古マンションでは約132万円の差が出ることになります。この他に、引っ越し代金や中古マンションのリフォーム代金などの消費税も増えることになりますので、実際の支出の差はもっと大きくなるでしょう。

マンションは増税前に買った方がお得?

では、やはりマンションは増税前買った方がお得なのでしょうか?

増税前の購入がおすすめ

2~3年以内に、新築のマンションをローンで購入する予定のある人は、増税前に買った方がお得になる可能性が高いでしょう。しかし、増税後のローン金利引き下げ措置などがあるかもしれませんので、それらの情報をしっかりと掴んでおきましょう。

また、増税前にマンションが完成しなくても、契約が済んでいれば大丈夫な場合がありますので、販売店の担当者にきちんと確認してくださいね。

あせって増税前に購入しなくても…

今すぐ購入する必要がなく、いずれ良い物件があったら…と考えている人は、増税前にあせって購入する必要はあまりないでしょう。特に、今、住んでいるマンションのローンがほとんど終わっていて、中古マンションへの住み替えを考えている人にとって、増税の影響は少ないと言えます。

ただし、支払う額が増えることには変わりありませんし、リフォームにお金をかけた場合は消費税もその分増えますので、少しでもお金を節約したい!という人は、がんばって増税前に物件を探しましょう。

マンション売却のおすすめはどこ?高く売るなら仲介業者選びが超重要!

分譲マンションを賃貸で貸すのと売るのはどちらがお得?

マンション買取ならどの業者がおすすめ?
ページトップ