マンションの査定額は担当者次第で変わるって本当?

マンションの査定額は担当者次第で変わるって本当?

あなたがマンションを売却しようと思ったとき、まず悩むのが「いくらで売りに出すか、いくらなら売れそうか」ですよね。この「いくらなら売れそうか」を「査定価格」といい、売却を依頼した不動産会社の担当者が決めることが多いのですが、その担当者によって査定価格が大きく変わることもあります。

査定価格が安かった場合、その価格のまま売りに出せばすぐに売れるでしょうが、売主であるあなたは損をします。査定価格が高かった場合、その価格のまま売りに出せば、成約すれば得をしますが、なかなか買い手がつかずに売れ残るかもしれません。

損をしないマンション売却のためにも、査定価格の決め方について詳しく見ていきましょう。

査定価格はどのように決まる?

そもそも戸建であってもマンションであっても、まったく同じ条件の物件はありませんので、それぞれの価値は違っていて当然です。では、査定価格とは、どのようにして決まるのでしょうか?

取引事例との比較

売却しようとしているマンションと似た条件のマンションが、これまでにいくらで取引されたかを調べて比較します。違う建物であれば、立地条件や建築年数、同じ建物であれば、階数や間取り、部屋の方位などを比べます。

そして、あなたが売却しようとしているマンションが、これまで取引されたマンションの事例と比べて、どれくらい優れているか、または劣っているかを判断して、査定価格を決めるのです。

売却時期

取引事例で比較したマンションの売却時期と比べて、マンションの相場が上がっているか下がっているかを調べて、査定価格を変更します。特に相場が大きく変わっていない場合は、取引事例から年数が経っている分、古くなっていると見なされて、査定価格が低くなるようです。

その他のポイント

マンションの状態なども、査定価格に影響してきます。例えば、あなたのマンションがリフォームしたてであれば、当然、査定価格は高くなりますが、壁紙が汚れていたり床に大きな傷がついていたりしてリフォームが必要な状態なら、査定価格は低くなります。

担当者の主観も査定に影響する?

不動産会社の担当者は、上記のような査定ポイントを点数化して査定価格を決めることが多いのですが、どの担当者に依頼しても同じ価格になるとは限りません。なぜなら、査定する担当者の主観が入ることがあるからです。

過去に同じようなマンションを売却したことがあり、その時になかなか売れずに苦労した担当者は、同じような条件のあなたのマンションの査定価格を低く見積もるかもしれません。反対に、現在、あなたのマンションのような物件を探している人の依頼を受けている場合は、査定価格を高く見積もるでしょう。

つまり、マンションの査定価格とは、はっきりと決まっているわけではなく、マンションの条件や売り出し時期、担当者の主観などによって、高くも低くもなると言えるのです。

失敗しない査定価格の決め方

では、どのようなことに気をつければ、失敗せずに査定価格を決めることができるのでしょうか?

複数の業者に査定価格を出してもらう

担当者によって査定価格は変わりますので、複数の不動産業者に査定価格を出してもらうことが大切です。できるだけたくさんの査定をしてもらい、その理由を聞くことによって、あなたのマンションがいくらぐらいで売れそうなのかがわかってくるでしょう。

ただし、何の根拠もなく高い査定価格を出してくる業者は、売却依頼の契約を取り付けたいだけの場合があるので気をつけてください。売り出し価格が高すぎて、後で値下げすることになり、結局希望していた価格よりも安くなってしまった…ということにならないように注意しましょう。

決めるのは売主のあなた!

どんなに妥当な査定価格であっても、それが「絶対!」ではありません。最終的に、売り出し価格を決めるのは、不動産業者ではなく売主であるあなたです。査定価格に納得がいかない場合は、自分の希望を担当者にしっかりと伝えて、後悔しない売り出し価格を決めるようにしましょう。

マンションを高く売るなら仲介業者選びが超重要!おすすめはどこ?

賃貸でマンションを貸すのと売るのはどちらが得か?

不動産業者による「買取」は損か得か?

あなたの売却理由に合わせた達人のアドバイスをチェック!

  • 住み替えのために売りたい
  • 資産整理のために売りたい
  • 住宅ローンが支払えないから売りたい
  • 引っ越し、転勤のために売りたい
  • 離婚のために売りたい
  • 相続したが不要なので売りたい

関連するページ

家やマンションを買うときの35年ローンって損なの?得なの?
対応が良いA社と査定額が高いB社、どちらにする?
マンションの査定日は不動産業者を査定するつもりでチェックを
最上階の部屋は売れやすい。でも高く売れるとは限らない
都市と地方の二極化に見る昨今の不動産事情
「あなたのマンションを買いたい人がいます」というチラシの裏事情
震災後のマンション・住宅に関する価値観の変化
賃貸派に比べてマンション購入派が減っている理由
マンションは増税前に買った方がお得なのか?
平成28年8月よりマンションの売却査定方法がリニューアル!査定額への影響は?
東京都だけ売り出し価格と成約価格に大きな差が出る理由
東京オリンピック後に価格が暴落する?マンションの2020年問題
節税効果は抜群!しかし思わぬ落とし穴も?変わるタワーマンション節税について
ホームインスペクション(住宅診断)義務化で中古物件の探し方が変わる?
首都圏のマンションは異常な高値?新築よりも中古マンションが選ばれる理由
意外な人気?中古マンション販売では築31年以上の物件購入が一番多い
携帯・スマホ料金の遅延や滞納が原因で住宅ローン審査に落ちる人が急増している
首都圏でも500万円以下で売り出されている中古マンションはたくさんある
住宅ローン審査で「不可」と判断される理由トップ5は?
いま東京都で城東・城北地区が注目されている理由
首都圏で中古マンションがよく売れる人気駅ベスト10
マンションの管理情報の開示項目が強化されることによる影響は?
つなぎ融資不要と注目される「すまいとマネープラン」の金利、デメリットについて
家族信託で相続税はどう変わる?メリットや注意点、かかる費用について
日本の出生率は低下してるのに新築マンションが増えるのはなぜ?
【不動産鑑定士インタビュー】不動産の評価額と売却のコツについて
ホームステージングで中古マンションの売り方が大きく変わる
アパートの相続問題!賃貸経営は難しくデメリットも多い
ヤマダ電機が低金利で住宅ローンの貸付を開始
戦争によるミサイルで家が破壊・火災になった場合保険は適用されるの?
中国人による都内マンションの爆買いはストップ。今後の中古マンション市場に影響は?
地域別にみるマンション購入時の住宅ローン借入金額
コンパクトシティ構想の問題点と事例、今後の課題
電力自由化から1年が経過、実際に乗り換えた人はどれくらい?
売る側も買う側も知っておきたいマイホームのクーリングオフ制度
雑誌などで目にする「不動産テック」って何?
2台目駐車場問題の解決策になるか?駐車場シェアサービスに大手企業が続々参戦
住宅ローンの審査否認となっても「住宅ローン特約があるから大丈夫!」と勘違いしてる人が8割以上?
【住宅診断士インタビュー】ホームインスペクションの重要性とチェックポイント
住宅ローンのオーバーローンは違法?家を買う際の注意点
賃貸経営における専任媒介と一般媒介契約の違い
【2017年10月】首都圏マンションの契約率の推移
安心R住宅制度とは?不動産業者の囲い込みに注意が必要か?
住んだまま買取サービスは得か損か?サービス内容と注意点
ビットコイン(仮想通貨)で不動産売買する際の問題点
住宅選びのポイントが職住近接から育住近接に変化している
人気の中古ブランドマンションはいくらで売れるのか?
買い替えの人必見!知らないと損する中古マンション値引き交渉術
2025年の人口減少でもマンションの資産価値が落ちない人気エリア
ソニー不動産のマンションAIレポートは売却に役立つのか?
リニア新幹線の開通で地価が上昇する注目地域はどこか?
不動産をオークションで売却する際の流れ、メリットと失敗例
ページトップ