マンションの管理費が異常に高いです。引っ越した方がいい?

今回質問したいのは、マンションの管理費についてです。

どのような内容かと言いますと、私が住んでいるマンションの管理費が、異常に高いのです。これが、すごくリッチな億ションだったり、都心のタワーマンションだったりするなら話はわかるのですが、そんな類のマンションではなくごく普通のマンションです。

高い管理費に見合った管理をしてもらっているか、といえば、あまりそんな風には思えません。私のマンションと同じぐらいの規模のマンションに住んでいる友だちにたずねてみても、もっと安い管理費しか支払っていません。

同じマンションに住んでいる人たちは、私の知っている限り、みんな口ぐちに「すごく高い」と不満をもらしています。

マンションのローンも支払って、さらに月々の高い管理費を支払っていると、生活が本当に大変です。ローンは仕方がないにしても、管理費はどうしようもならないんですよね?これから上がる一方なのでしょうか?

もし管理費が上がったり高いままだったりするのなら、今のうちに引っ越しをした方がいいのかも…とさえ思ってしまいます。

一般的には、マンションが建てられた時点から、すでに管理費が定められている場合が多いので、ほとんどの人は管理費を減らす(下げる)ことは不可能だと思いがちです。でも実は、マンションの管理費を減らすことは、必ずしも不可能ではないのです。

管理費の中には、どうしても減らせない必要経費があります。共用部分の電灯やエレベーターを動かすための電気代や点検代、植栽を維持したり掃除したりするための水道代などです。

では、減らせる部分はどこでしょうか?それは、マンションの管理会社に支払っている「管理委託費」です。

管理委託費を減らしてもらうには、どうすればよいのでしょうか?まず、管理組合で管理委託費の値下げを要求するという意向をまとめます。

次に、現在の管理費が高いという根拠を示すために、近隣で同じぐらいの規模のマンションの管理費を調べましょう。

近くに同じようなマンションがなければ、駅からの距離や築年数、総戸数などが近いマンションの管理費をいくつか調べるとよいでしょう。

管理組合の意向と管理費が高いという根拠をそろえた上で、管理会社に値下げを要求します。この時に、ただ下げてほしと申し出るだけでなく、管理組合として、全体でいくらぐらいが適正だと考えているかをはっきりと伝えるようにしましょう。

また、あまりにも聴く耳を持たないような態度をとる管理会社でしたら、管理会社を変更することも視野に入れてみてもよいかもしれません。

管理組合でいろいろと調べたり、直接交渉したりするのは大変…という場合は、マンション管理に関するコンサルタント会社に頼むという方法もあります。もちろん、コンサルタント会社に依頼して値下げに成功した場合は、報酬を支払わなければなりません。

しかし、管理費が下がれば先々支払う金額が少なくて済むので、長期的に見ると出費が少なくなる可能性があります。

少し乱暴かもしれませんが、もっとも管理委託費を減らす方法があります。それは、住民が協力して自分たちでマンションを管理するという方法です。大規模マンションでの実現は難しいですが、総戸数の少ない小規模マンションでは、自主管理を行っているところもあります。

また、できることは自分たちで行い、難しい部分を管理会社に委託するという「部分管理」という方法を選択することもできます。

大抵の場合、後々の値上げがしにくいことから、分譲開始時の管理費は高めに設定されている場合が多いようです。ですから、管理費の値下げは必ずしも「不当なこと」や「不可能なこと」ではありません。

どうせ無理だろうとあきらめず、管理組合でよく話し合い、管理内容と管理費用のバランスがうまくとれるポイントを見つけて、管理費の値下げを実現してくださいね。

マンション売却のおすすめはどこ?高く売るなら仲介業者選びが超重要!

分譲マンションを賃貸で貸すのと売るのはどちらがお得?

マンション買取ならどの業者がおすすめ?
ページトップ