家の売却と消費税増税について

家の売却と消費税増税について

2014年4月1日から消費税が5%→8%に増税されました。
消費税の増税が決まっていたこともあり、2013年には家やクルマが良く売れているというニュースを見る機会も多くなりましたが、これらのニュースは基本的に新築一戸建てや新築分譲マンションを購入する人が対象でした。

それでは、家を売却している人にとって消費税の増税は影響があるのでしょうか?
今回は家を売却するという立場から、消費税の増税について考えてみたいと思います。

マイホームの売却に消費税の影響はない

消費税アップに伴い、新築住宅や分譲マンションを購入する人が急増しましたが、中古住宅への影響はそう大きくなかったというのが現状です。

これにはカラクリがあります。
中古住宅の場合、個人同士であれば売買価格には消費税が含まれません。

でも売主が業者であれば、中古住宅でも消費税が発生してしまいます。
少し解りにくいと思いますので、下記にまとめてみました。

  • 新築一戸建て・・・・・・・・「建物=課税」「土地=非課税」
  • 新築分譲マンション・・・・・「建物分=課税」「土地分=非課税」
  • 中古住宅(売主が個人)・・・「建物=非課税、土地=非課税」
  • 中古住宅(売主が業者)・・・「建物=課税、土地=非課税」

つまり一般的な中古住宅の売買であれば、消費税がアップしても売主・買主ともに大きな影響はありません。
ただし、仲介手数料に関しては消費税が発生しますので、それなりの影響を受けることになります。

仲介手数料はどくらい増えるのか?

不動産業者へ支払う仲介手数料には、消費税が掛かりますので、5%→8%にアップした影響はどれほどなのでしょうか?

売買価格を2500万円として計算しいてみたいと思います。
計算式は以下のようになります。

  • 消費税5%・・・売買価格2500万×3.15%+6万3000円=850,500円
  • 消費税8%・・・売買価格2500万×3.24%+6万4800円=874,800円

2500万円の売買価格であれば、消費税アップにともなう仲介手数料の差額は24,300円という計算になります。

その他、印紙代や司法書士への報酬などにも消費税が掛かりますが、そう大きな金額にはなりませんので、2500万円の物件であれば、消費税アップにともなう売主の負担増は3万円ほどを考えておけば十分だと思います。

家を売るなら必ず知っておきたいチェックポイント

  • 信頼できる業者はどうやって探せばいいの?
  • 家を売りたくても売れない不動産業界の現状を理解しておこう。
  • 不動産業者に家の「買取」をしてもらうのは損?
  • 実家や土地を相続した場合はどうしたらいいの?
ページトップ