不動産業者を選ぶ基準

不動産業者を選ぶ基準

家の売却で思ったよりも時間が掛かるのが、不動産業者選びです。
不動産業者といっても、地域事情に詳しい地元不動産だったり、信頼度が高い大手不動産だったり、営業力が強いネット系不動産など、色々な種類の不動産業者があります。

物件がある地域の不動産業者だけでも数百という会社があるはずなので、大手やネット一括査定などにまで対象を広げると、その数はさらに増加します。

そんな500や1000という業者の中から、候補となる不動産業者を選ぶだけでも大変な作業です。

最初の候補選びはインスピレーションで決める

まず最初にすることは、候補となる不動産業者を選ぶことです。
これは何社でも構いませんが、最終的には査定見積もりを依頼する5社ほどに絞らないといけないので、それに近い数にしておく方が、二度手間にならずに済むと思います。

ちなみに私がお薦めするのは、地元不動産業者を2社、大手不動産業者を2社、ネット一括査サイトなどから2社で、合計6社です。

地元不動産業者の選び方は、過去に付き合いがある不動産業者だったり、地元不動産のHP、不動産情報誌や新聞折込チラシなどがあります。
その中でもお薦めなのが、その不動産業者のHPをみて選ぶ方法です。

地元で活気がある不動産業者であれば、必ずその特徴がHPに現れています。
物件数の多さだったり、物件のアピールの仕方が上手だったり、物件写真の撮り方が上手だったりと、何か引き付ける要素を直感で感じるものです。

これは大手不動産業者もネット一括査定サイトも同じようなものです。
実際にこの時点では何の取引も接点も無いのですから、その業者のHPやネットの口コミ情報などを頼りに業者を選ぶしかありません。

一番大事なのは、「なんかこのHP見やすくて良い」とか「この業者、売り物件を多く持っているな」という、第一印象やインスピレーションです。

候補が決まったら査定依頼をする

候補となる数社が決まったら、実際に査定依頼をしてみましょう。
売却査定には、簡易査定と訪問査定の2種類がありますが、この時点で依頼をするのは簡易査定で構いません。

この時点で訪問査定を依頼してしまうと、何社もの対応をしなければならなくなるので、相当面倒なことになってしまいます。

簡易査定であれば、ほとんどの業者が2日~3日程度で査定額を提示してくれるはずですし、どんなに遅くても1週間以上掛かることはありません。
もし万が一、簡易査定に1週間以上かかる業者があるのでしたら、この時点でその業者は候補から外れてしまいます。

結局、他の業者の平均よりも大幅に遅いというのは、査定に限った話ではないからです。
査定を出すのが遅い業者は何を依頼したり、尋ねてみても回答を出すまでに時間がかかるはずです。

家の売却では、スピード感が大事になります。
あなたが、「この業者いつも対応が遅いな」と感じるのであれば、それは購入者側もきっと同じことを感じることでしょう。
結果、せっかくの顧客を逃がしてしまうことにも繋がってしまいます。

2~3社に絞って訪問査定を依頼する

候補のなかから最終的に2~3社に絞って、訪問査定を依頼することになります。
このときの業者を絞り込む基準が一番難しいと思います。

良い選考基準の例

  • 簡易査定額の根拠を聞く
  • 査定依頼や質問事項に対して、回答が早い
  • 担当者営業マンの説明がわかりやすい
  • 物件ごとに販売戦略を明確に持っている
  • 過去の販売実績

このなかで特に重視したいのが、「簡易査定額の根拠」と「営業マンの説明がわかりやすい」の2点です。

ダメな選考基準の例

  • 一番高値の査定額だったから
  • 売れない場合には、「買取り保証」があったから
  • その物件を買いたいというお客さんがいると言われた

この3つは、どれも業者選びには向いていません。
査定額は、あくまでも査定なのでいくらでも高値をつけることができますし、買取り保証は最初からそれが狙いだと推測できますし、当物件を買いたいというお客さんがいるというのは、インチキ不動産の常套手段です。

媒介契約を結ぶ業者を決める

専任媒介契約を考えているのであれば、最終的に業者を1社に絞らなければなりません。
訪問査定を依頼すれば、調査員が自宅へ訪問して査定見積もりをしてくれますので、これまでよりも直に接する機会が増えるはずです。

そのときの対応などをトータル的に判断して、最終的に1社に絞りこむようにしてください。

ただし、一般媒介契約を希望しているのであれば、同時に複数業者に売却依頼ができますので、訪問査定を依頼した3社すべてに売却をお願いすることも可能です。
どうしても1社に絞りこめないのであれば、当初は一般媒介契約を選択し、複数社に依頼して様子をみるのも良い手段だと思います。

~まとめポイント~

  • 簡易査定を依頼する数社は、HPなどをみて直感で選んでも良い
  • 簡易査定をして、返事が来るまでの時間も選考の目安にする
  • 一番高額な査定だったからという理由で業者選考をしない
  • 最終的に1社に決めれないときは、一般媒介契約で数社に売却依頼をする

家を売るなら必ず知っておきたいチェックポイント

  • 信頼できる業者はどうやって探せばいいの?
  • 家を売りたくても売れない不動産業界の現状を理解しておこう。
  • 不動産業者に家の「買取」をしてもらうのは損?
  • 実家や土地を相続した場合はどうしたらいいの?
ページトップ