家の売り出し後3ヶ月を過ぎたら値下げを考えよう

家の売り出し後3ヶ月を過ぎたら値下げを考えよう

家の売却を開始して、3ヶ月が過ぎても買い手が現れない場合、時期的にも値下げを検討する段階に入っています。

しかし、3ヶ月経ったからといって無条件に値下げをするのは止めましょう。
値下げをするのは、本当に十分な宣伝活動をやってきたが、それでも買主が見つからない場合です。

「これ以上ほかに打つ手がない」と自信をもって言えるのであれば、値下げをするのも仕方ありません。

戸建て住宅で値下げをする前に確認しておきたいこと

宣伝広告活動は、家の売却では欠かすことができません。
十分な宣伝活動をせずに、値段だけ下げるのは大きな間違いです。
まずは、考えられる宣伝広告活動を再度見直してみましょう。

不動産業者に確認しておきたいこと

不動産業者のHPに掲載されている物件情報は魅力的であるか?

HPに掲載されている物件情報や物件写真は、魅力的に思える内容でしたか?
自分が購入する立場として、物件の良さを十分にアピールできていますか?

他社への宣伝活動は十分に行われていたか?

売却依頼している不動産業者1社だけでは、宣伝活動にも限界があります。
付き合いがある不動産業者にも、物件情報を提供し販売協力してもらうことで早期売却へと繋がります。

大手不動産ポータルサイトへの登録は十分であったか?

ヤフー不動産、HOME'S(ホームズ)、SUUMO(スーモ)などの、大手不動産ポータルサイトにも物件情報が掲載されていましたか?
大手不動産ポータルサイトは、全国から集客できる効果があります。

オープンハウスなど、地域住民へのアピールは十分だったか?

家の売却で一番購入率が高いのが、その物件周辺に住んでいる人たちです。
物件周辺に住んでいる人に対し一番効果的な宣伝活動が、物件のオープンハウス見学会です。

売主として確認しておきたいこと

建物も内装・外観は十分綺麗な状態で内覧者を迎えることができていたか?

内覧者が訪問する際、室内の清掃や外観の手入れなどは十分でしたか?
とくに住みながら売却する場合、室内の清掃が疎かになりがちです。

内覧希望などに対し、協力的であったか?

せっかく内覧希望の申込があっても、「その日は用事がある」とか「その時間は都合が悪い」など、自分の都合を言っていませんでしたか?
内覧見学は当日に突然入ることもあります。約束があったり、清掃が十分でない場合もあるでしょう。
しかし、内覧者を迎えないことには家は売れません。
多少は無理をしてでも、内覧希望者の都合に合わせるようにしてください。

独自の販促ツールなどを準備して、他の物件と差別化できていたか?

時間は掛かっても、お金が掛からないことであれば、出来るだけ自分たちで工夫しなければ早期の売却は難しいです。
物件周辺の生活マップを自分たちで作ったり、自分たちが生活してみて感じた満足ポイントや不満ポイントなどを、メモ的にまとまておくだけでも十分です。

値下げをする前に、今一度これらのポイントをチェックしてみてください。
そして、「十分やれるだけのことはやった」と自信をもって思えるのであれば、そのときは値下げを決断する時期に入っています。

値下げをした場合の販売活動などについては、姉妹サイト:マンション売却の達人の「3ヶ月以上経過しても売れなければ値下げを考える」という記事で詳しく解説していますので、そちらを参照ください。

~まとめポイント~

  • 最初の値下げは3ヶ月経過してから考える
  • 十分な宣伝広告活動を出来ているかチェックしてから値下げを実行する
  • 値下げをする前に、売主として他にできることがないかをチェックする

家を売るなら必ず知っておきたいチェックポイント

  • 信頼できる業者はどうやって探せばいいの?
  • 家を売りたくても売れない不動産業界の現状を理解しておこう。
  • 不動産業者に家の「買取」をしてもらうのは損?
  • 実家や土地を相続した場合はどうしたらいいの?
ページトップ