オプション料金が必要なエアコン、大型家具の引越し代

引越しには運搬が難しい家具や、取り外しと取り付けが難しい家電など、通常の荷物とは違う、少し特殊な荷物があります。
例えばエアコンやピアノ、分解できない大型家具などが該当します。

こういった作業を引越し業者にお願いする場合、どうしてもオプション料金を取られてしまいます。

では実際にどの程度オプション料金が発生してしまうのか、それぞれの相場を見てみましょう。

エアコンの引越し料金相場は?

今どき、どこの家庭も必ずと言っていいほど保持しているエアコン。
夏は涼しく、冬は暖かく、一台でお部屋の温度管理ができて、私たちの生活には欠かせない必需品です。

でも、実はエアコンの引越しはとても大変な作業です。
本体を取り外すだけでなく、室外機やパイプを取り外したり、さらには引越し先で再び取り付け作業も行わなければなりません。

専門の知識と経験が必要となるエアコンの移設。引越し業者も専門業者に委託する必要があるため、必ずオプション料金が発生してしまいます。

引越し業者にお願いする

引越し業者でエアコンの移設をお願いした場合、およそ1万円から2万円程度のオプション料金を請求されます。

まずは代表的な引越し業者のエアコン移設料金をまとめてみました。

  • サカイ引越センター  10,000円
  • ダック引越センター  9,800円
  • ヤマト運輸      19,000円

ただし、この料金はあくまでも基本料金。引越し先の設置状況などによっては、追加料金が発生する可能性もあるので注意が必要です。

中には、1万円で済むと思っていたエアコンの移設が、色々な追加料金が発生して4万円以上になってしまったというケースもあります。

こういった追加料金をめぐるトラブルを防ぐために、追加料金が発生しないエアコンパックというサービスを展開している業者もあります。

例えばヤマト運輸では、エアコンの取り外しと取り付けだけでなく、ガスの充てんや新しいパイプなどをセットにしたサービスがあります。

料金は27,000円と、高めになってしまいますが、追加料金を気にする必要がないので安心です。

エアコン専門業者にお願いする

エアコンの移設は引越し業者ではなく、エアコン専門業者に直接お願いするという方法もあります。

エアコン専門業者のほうが、安価で引き受けてくれる業者が多いので、どうしても引越し料金を抑えたいというときに便利です。

ただし、安さを売りにしている業者の多くは、追加料金が発生することがほとんど。
広告やwebサイトに記載している料金で済むことはまずありません。

また中には、必要のない部品交換や洗浄などを行い、不当に追加料金を徴収する悪徳業者もあります。

安く済ませたいから専門業者にお願いしたのに、結局引越し業者よりも高くついてしまった…
なんてトラブルもあるので、業者選びは慎重に行いましょう。

買い替えも視野に入れて

エアコンの移設は、追加料金も考慮すると、およそ3万円程度が相場です。

古いエアコンの場合は部品交換も必要となり、さらに追加料金は上乗せになる可能性が高くなります。

使い古したエアコンにそんなに高額なお金を払って、わざわざ移動させるというのは少しもったいない話です。

しかもエアコン本体や室外機は、大きくて荷物にもなるので、引越し料金にも影響してきます。

それならば、エアコンを新しく購入してしまうのも一つの手。
いっそのこと新調した方が、結果的にお得に済ませられることもあるのです。

ピアノの引越し料金相場は?

引越しの時、扱いが大変なのがピアノ。大きいのに繊細な楽器なので運搬の時に、細心の注意を必要とします。

そのため専門の業者が運搬するのが一般的な引越し方法。当然オプション料金が発生してしまいます。

ピアノの引越し料金は、ピアノの種類や移動距離、現住居の形態や引越し先の形態などで大きく変わってきます。

そのため料金を明確に提示している業者はほとんどありません。
ダック引越センターはピアノ運送8,800円~とされていますが、こちらも状況に応じて料金は変化します。

とはいえ、大体の見当はつけておきたいと思うのは当然です。そこでおよその相場をご紹介します。

引越し業者にお願いした場合でも、ピアノ専門業者にお願いした場合でも、料金相場にさほど違いはありません。

近距離で25,000円前後、長距離では80,000円程度が基本となります。
そこに階段やエレベーターなどの条件がプラスされていくという感じです。

場合によってはクレーンまで使わないと移動できないこともあり、ピアノの引越しはとても大変な作業と言えます。

引越し先にエレベーターが無い場合の追加料金について

引越し先がマンションやアパートの場合、エレベーターの有無で追加料金が発生する場合があります。

それもそのはず、エレベーターがあれば荷物は簡単に運べますが、無ければ一つ一つ階段で上げなければなりません。

引越しは大きな荷物や重たい荷物があるので、階段での作業はとても危険で大変なのです。

多くの引越し業者では、3F以上で階段のみの場合に、追加料金が発生する仕組みになっています。

追加料金は1階上がるごとに1,000~2,000円増し。それほど大きな追加料金ではありませんが、痛い出費ではあります。

またピアノのような特殊な家具がある場合は、追加料金は一気に5,000円以上に跳ね上がるケースもあります。

家具をクレーンで釣って搬出・搬入しないといけない場合の料金

分解できない大型の家具がある場合、玄関からの搬入が難しく、窓から搬入しなければなりません。

一軒家であれば、窓からの搬入も難しい事ではありませんが、マンションになると大変です。
クレーン車を使って家具を持ち上げ、窓から搬入という形になってしまうのです。

当然クレーン車を使用した場合には追加料金が発生します。
では追加料金はどの程度発生してしまうのでしょうか。およその相場をまとめてみました。

  • 手吊り作業(2Fまで)  18,000円~20,000円
  • クレーン車(3Fまで)  25,000円前後
  • クレーン車(4F以上)  30,000円~

この料金はあくまで基本料金です。
条件によってはさらに追加料金が加算されることもあります。

クレーン作業は人手も必要ですし、危険も伴うため、追加料金は高額になってしまいます。

また業者の中にはクレーン作業を請け負っていないところもあり、大型家具だけを別の運送会社に依頼するという形になることも…

場合によっては大型家具を処分することも、視野に入れる必要があるかも知れませんね。

ページトップ