中古マンション売却は最初の3ヶ月が勝負

中古マンション売却は日数がかかるほど不利に!最初の3ヶ月が勝負

中古マンションの売却は最初の3ヶ月が勝負といわれています。理由は、売却期間が長くなれば長くなるほど、不人気物件として市場に売れ残ってしまうからです。

そのため、売却売却価格も相場より当然安くなってしまいます。

この記事では、売却日数がかかり売れ残ってしまった場合の対策や地域別の平均売却期間などをまとめています。ぜひ参考にしてください。

【目次】マンション売却は最初の3ヶ月が勝負
  1. 売却日数がかかるほど不利になる理由
    1. 訳あり物件と勘違いされる
    2. 売れない物件には力を入れてくれない
    3. マンション売却は3ヶ月が勝負
    4. 地域によっては3ヶ月以上かかることも
  2. マンションをなるべく早く売却するには?

売却日数がかかるほど不利になる理由

マンションの買い手が見つかるまでの平均売却期間は一般的に3ヶ月といわれていて、できるだけ早く売ることがマンション売却の重要なポイントになってきます。

売却する人の中には、時間をかけてなるべく高く売りたいと考える人もいます。確かに販売期間が長ければ、希望価格で買ってくれる購入者がそのうち現れるかもしれません。

しかし不動産売却では、かかる時間が長くなればなるほど、売却価格が下がってしまい損します。では、売却日数がかかるほど不利になる理由を解説していきます。

訳あり物件と勘違いされる

マンション購入を考えている人は、一つのエリアに絞って長い期間、何度も物件情報を見ている人が多いです。

何度見ても同じ価格でずっと売り出されている物件は、「売れ残っている理由が何かあるのでは?」という印象をあたえてしまい、場合によっては、「訳あり物件なのではないか・・・」と心配になる人もいます。

仮に自分が中古マンションを買う立場であれば、売り出されてすぐの物件と、6ヵ月売れていない物件を比較したら、間違いなく売りに出されてすぐの物件を選ぶのではないでしょうか。

このような物件の訳あり感を無くすためには、売却価格の設定がポイントになってきます。3ヶ月程度で物件が売れるように、当初設定した物件の価格の反応を見ながら徐々に見直して、値下げしていくことが必要になってきます。

売れない物件には力を入れてくれない

実際、マンションの販売を行うのは不動産業者ですが、いつまで経っても売れない物件に、長く時間をかけるわけにはいきません。業者の中には、ネット掲載で売れなかった時点で、売却活動を怠るケースもあります。

また、販売を続けているうちに他に売却できそうな良い物件が現れた場合、そちらに力をいれることもあります。

不動産業者は、物件が売れて初めて利益(仲介手数料)が入ってくるシステムなので、売れ残り感が強い物件に力を入れてくれない業者が一部いるのは仕方ありません。

さらに、「物件の問い合わせがあったか」「どのような営業活動をしたか」など、専任媒介契約の場合は2週間に1回、専属専任媒介契約の場合は1週間に1回、不動産業者から売主へ、定期報告をする義務が法令で定められています。

しかしなかなか物件が売れないと、この報告がおろそかになる業者もいます。定期報告は法令で定められているため、売主が必要ないというまではきちんと報告する必要があります。

このように、売主と業者の信頼関係が無くなっている場合は、早めに変更しないと売却できないので注意してください。

マンション売却は3ヶ月が勝負

不動産業者と結ぶ媒介契約が基本的に3ヶ月更新であるため、マンション売却の期間も3ヶ月を基準として考えることが多いです。

専任媒介契約や専属専任媒介契約であれば、3ヶ月を過ぎると契約が切れてしまうことが多く、業者としても3ヶ月以内に買主を見つけて利益を得たいのが本音です。

ですから、「3ヶ月」という数字が非常に重要で、この期間をまずはひとつの売却目標としておくと計画も立てやすくなります。

ただし、地域によって売却までの期間が異なります。次に地域別の平均データを見ながら具体的に説明していきたいと思います。

地域によっては3ヶ月以上かかることも

マンション売却にかかる期間は大きく3つに分けられます。

  • 依頼する不動産業者を決める期間
  • 物件を売り出してから成約までにかかる期間
  • 成約から物件引き渡すまでの期間

となっており、この3つの中でも、特に時間がかかる可能性があるのが、2番目の「物件を売り出しから成約までにかかる期間」になります。

その平均データを地域別でみると、

  • 首都圏は平均3.28ヶ月
  • 近畿圏は平均4.86ヶ月
  • 中部圏は平均4.73ヶ月

参考:東京カンテイ「中古マンションの価格乖離率および売却期間の推移」 

このように地域によって売却期間は変わってきます。

この平均期間は、不動産業者が広告を打ってからになるので、それまでの業者探しの期間や、買い手が見つかってから物件を引き渡すまでの期間は含まれていません。

首都圏は、中古マンションを買いたいと思っている人も多いことから、比較的早く売れる傾向にありますが、近畿圏や中部圏では期間が長くなっています。

目安の一つとして、頭にいれておくといいかもしれません。

まとめ

中古マンション売却は日数がかかるほど不利になる理由とその対策について解説してきました。売却日数は地域によって多少差がありますが、3ヶ月がマンション売却の目安になります。

ただし、物件の条件が悪ければなかなか購入者が現れず、1年近く売れない場合もあります。

色々な要因で売却期間は前後するため、3ヶ月で売却するというのはあくまでも平均にすぎませんが、「できるだけ早く売った方が良い」というのは間違いありません。

よりよい売却活動のスタートを切り、少しでも高く、短期間で売却するためには、最初の不動産業者選びが最大のポイントになってきます。損をしないためにもよく調べて選ぶようにしてください。

マンションを高く売るなら仲介業者選びが超重要!おすすめはどこ?

賃貸でマンションを貸すのと売るのはどちらが得か?

不動産業者による「買取」は損か得か?

あなたの売却理由に合わせた達人のアドバイスをチェック!

  • 住み替えのために売りたい
  • 資産整理のために売りたい
  • 住宅ローンが支払えないから売りたい
  • 引っ越し、転勤のために売りたい
  • 離婚のために売りたい
  • 相続したが不要なので売りたい
ページトップ