自分から買取を提案してくる業者には注意しよう

自分から買取を提案してくる業者には注意しよう

マンションを売却する際には、一般の購入希望者をさがす方法の他に、不動産業者に直接買い取ってもらう方法もあります。

この「不動産業者の買取」に関するメリット、デメリットは「不動産業者による「買取」は損か得か?」のページで詳しく説明しましたが、この買取を、自分から積極的に提案してくる業者にあたった場合は注意が必要です。

このケースでは、もしかしたら不動産業者が裏で不正な考えをしているかもしれない可能性があるからです。

例えば買取が得意な業者の場合、売り主からマンションを2000万円で購入し、300万円の費用かけてリフォームをした上で、そのマンションを2500万円で販売する・・・という会社もあります。

これが、正当な交渉の上で行われた取引ならまったく問題ありませんが、悪質な業者になると、売り主にとって不利な情報を流してくるケースがあるので、ぜひ注意して下さい。

不動産業者による「情報の隠蔽」の具体例

1、買取価格500万円を損する場合の具体例

例えばあなたがマンションの売却について、A不動産に相談をしたとします。

あなたがマンションの売却について相談をしている時、実はA不動産に対して、ちょうどあなたが住んでいる地域で中古マンションを買いたいという別のお客さん(Bさん)が声をかけていました。このBさんの予算は3,500万円だったとします。

するとA不動産は、あなたに対して、「この地域の売却相場は3,000万円~3,200万円」だと説明をします。

しかし、数日後にまたA不動産から連絡があって、「もしよければ弊社で買取したいと考えています。本来なら買取の相場は2,500万円程度なのですが、今なら3,000万円で買取ることができますよ」、という提案をしてきます。

3,000万円であれば、売却相場の範囲内に入っているので、「買取」の金額としてはお得に思えますよね。

しかし、もちろんこれはA不動産による不当な持ちかけで、A不動産はあなたから3,000万円で購入したマンションを、即座にBさんに3,500万円で転売しようと考えているわけです。

本来であれば、A不動産はあなたに対して、「3,500万円で購入を希望しているBさん」を仲介しなければならないのですが、その情報を隠して不当な利益を得ていることになります。

1、買取価格310万円を損する場合の具体例

今度は、転勤が決まってしまったため、30坪の土地と2500万円で購入した築30年の家の売却を考えているとします。

地域の相場などを調べた結果、土地だけなら2000万円で売れるという事がわかっていました。

そこへ不動産業者がやってきてこう言います。「土地は申し分ないのですが、家は古いので取り壊し費用が400万円かかってしいます。そのため1600万円で購入したいのです」、と。

この時何も知識がない場合は、じゃあしかたないと1600万円でサインをしてしまうかもしれません。

しかし、実際の取り壊し費用は(坪数などによって変わりますが)、木造の場合は坪3万円程度でできてしまいます。

となると、30坪の土地で実際に必要な取り壊し費用は90万円なので、不動産業者が提示してきた400万円とは310万円もの差が生じます。

不動産業者は、あなたに払った1600万円と、取り壊し費用の実費90万円の合計、1690万円で仕入れた土地を、まんまと2000万円で売却することができるというわけです。

家の取り壊し費用などは、普通の人は知らないケースが多いので、悪徳な業者にひっかかってしまうと、相場の3倍~4倍の価格を提示されてしまうということですね。

とてもヒドイ話のように感じますが、このような話はよくある話で、実際問題法的にも罰せられる事はありません。合法行為とみなされています。

そのため、売り主である自分が知識をつけて、しっかり判断をしないと、完全に損をしたという話になってしまうので、ある程度は勉強することも必要です。

特に注意するべき点は?

本当に困った話ですが、このようなケースは意外とたくさんありますので、売り主側が常に注意をしておく必要があります。こちらから希望したわけでもないのに、突然業者側から買取の話を持ちかけられた時は注意して下さい。

特に注意が必要なのは、ろくに販売活動もしていないのに、早々に「買取」の提案を持ちかけて来る場合です。このような場合は、もともと物件購入を希望している人(先程の例でいうBさん)が裏にいる可能性が高いでしょう。

あなたから買取の話を持ちかけた場合はもちろん問題ありませんが、業者側から話を持ちかけられた場合には、少し注意をしながら話の内容を確認してください。

マンション売却で超重要な仲介業者選び!おすすめはどこ?

賃貸でマンションを貸すのと売るのはどちらが得か?

不動産業者による「買取」は損か得か?

あなたの売却理由に合わせた達人のアドバイスをチェック!

  • 住み替えのために売りたい
  • 資産整理のために売りたい
  • 住宅ローンが支払えないから売りたい
  • 引っ越し、転勤のために売りたい
  • 離婚のために売りたい
  • 相続したが不要なので売りたい
ページトップ