あまりにも早く買い手を見つけてきた場合は要注意

あまりにも早く買い手を見つけてきた場合は要注意

不動産業者を媒介契約を結んでからすぐに、購入希望者をみつけてくるケースがあります。

あまりにも早い場合は、不動産業者が売主に不利となる両手仲介を狙い、自社で囲い込んでいる顧客を紹介されている可能性があります。その他にも注意点があるので、しっかり理解して、マンション売却で損しないように気をつけましょう。

両手仲介については「両手仲介を狙う不動産業者に気をつけよう!」のページで詳しく解説しているので、合わせて確認しておきましょう。

【目次】購入者が早く見つかった時の注意点
  1. 購入者が早く見つかる原因
    1. 業者の囲い込みによる両手仲介
    2. 自分の売却希望価格が安すぎる
  2. 早く購入者が見つかった時に確認することや注意点
    1. 広告活動の実績
    2. 速さと価格は比例しない

購入者が早く見つかる原因

購入者が早く見つかる原因はいくつかありますが、ほとんどの場合で売主が損しています。注意してみていきましょう。

業者の囲い込みによる両手仲介

よくあるケースとして2,500万円の売却価格で売りにだしているのに、業者側から紹介されたお客様の購入希望価格が2,200万円だったりします。

このケースで考えられることは、売却を依頼した業者側が両手仲介を狙い、自社で囲い込んでいる顧客を紹介している可能性があります。

きちんと広告を出せば2,500万円で売れる可能性があるにも関わらず、両手仲介をする目的で、広告活動を展開せず、自社の顧客で決めてしまおうとするのです。

他社で2,500万円で買いたいというお客がいるにもかかわらず、あなたと、買い手双方から仲介手数料をもらいたいために、買い手の2,200万円で顧客を紹介してくる可能性があるという事を頭に入れておきましょう。

残念ながら、今の日本ではこれは違法行為ではありませんので、後でやっぱり高く売れたから差額を払ってくれと言っても通用しません。

そのため、マンションを売却する際の不動産業者選びは重要になので注意しましょう。

自分の売却希望価格が安すぎる

もう1つ、早く購入者が見つかる原因があります。それは、売却希望価格が安すぎるというケースです。

3,000万円で売れるマンションなのに、2,500万円で売りたいと言った場合、不動産業者はどうするでしょうか?

先程の両手仲介を狙う業者にとっては、買い手を見つけやすくするだけです。

最低でも同じマンションの最近の売却価格、近隣同条件程度のマンションの売却価格の相場を、しっかりと把握してきましょう。

マンションを早く売却をしたいという人もいるでしょうから、売却にかかる時間と価格を調整しなければいけないケースもありますが、その場合でも不動産は高額な取引になるので、しっかり考えることが大切です。

早く購入者が見つかった時に確認することや注意点

早く購入者が見つかったケースでも、全てが悪いということではありません。適性価格を設定してマンションが早く売れるケースもあります。

そこで、早く購入者が見つかったケースでは、以下のことを確認しておくと間違いないでしょう。

広告活動の実績

ます、売却を依頼している業者に対し、

「折込チラシや不動産雑誌で広告活動を行ったのか?」
「他の不動産業者にも物件情報を流してくれたか?」

と質問をして確認してみましょう。

売り出し価格で購入したいという人であれば問題ないのですが、売り出し価格よりも低い値段で購入したいという人を早急に紹介された場合は決して売り急いではいけません。

2,000万円で売りたいのに、1,800万円で買いたいという買い手を紹介されても、絶対あせってはいけません。

不動産業者は、

「1,800万円での買い手は、なかなか現れない」
「これが一杯の線です」
「今、決断を」

などなど、いろんな言葉で早く決断するように、迫ってきます。

いくら早急に買いたいというお客様がみつかったとしても、そのお客様が本当に一番良い条件で購入してくれるお客様であるとは限らないのです。

上記の場合だと、本当は2,100万円で買いたいっていうお客さんがいるかもわかりません。それだけで300万円の損です。

不動産業者の収入源は、仲介手数料です。自社の顧客に売買してもらった方が仲介手数料が入ります。

色々、広告を打ってくれたり、ホームページに大きくのせてくれたり、多数の購入希望者(他社の顧客も含む)の中から一番良い条件の買い手を見つけてくれる不動産業者は、なかなかいないのが現実です。

商売ですからそれもしかたがありませんが、せめて、広告活動をどれぐらい行ってくれたかぐらいは把握しましょう。

速さと価格は比例しない

不動産業者が売主に不利な行いをするかもしれないという説明をしましたが、そんな業者ばかりではありません。

もちろん、早く見つけてきてくれて、それが最高額だったりする場合もあります。ここで紹介してきたのは注意喚起です。このような悪い事例もあるという事です。

時間が早すぎるから怪しいとか、時間をかけたから高く売れるとも限りません。

しっかりと不動産業者を選定することも大切ですが、どのような広告活動、営業活動をしてくれているか業者に質問して確認することもとても大切です。

マンションを高く売るなら仲介業者選びが超重要!おすすめはどこ?

賃貸でマンションを貸すのと売るのはどちらが得か?

不動産業者による「買取」は損か得か?

あなたの売却理由に合わせた達人のアドバイスをチェック!

  • 住み替えのために売りたい
  • 資産整理のために売りたい
  • 住宅ローンが支払えないから売りたい
  • 引っ越し、転勤のために売りたい
  • 離婚のために売りたい
  • 相続したが不要なので売りたい
ページトップ