「少しでも高く売りたい売り主」対「少しでも早く売りたい業者」

当サイト『売却の達人』でも何度も言っていますが、不動産業者は物件が売れないことには1円たりとも利益が出ることはありません。

そのため、「少しでも早く売りたい」と思うのが不動産業者の正直な心情です。

いくら「売主主体の取引を心がけます」と言ってくれても、売れないことには1円にもならないですし、業者側も商売なので仕方ありません。

ただ「少しでも早く売る」ために、売主の希望価格を考慮することなく、相場よりも安くで売り出そうとする不動産業者がいるのも事実です。

売主は「少しでも高く売りたい」と思っている

売主の多くは、「多少時間が掛かってもいいから、少しでも高値で売却したい」と思っているはずです。

そのため、市場の相場が2000万円だとしても、もしかしたらという期待も込めて2100万円や2200万円をスタート価格とするのが一般的です。
そして、この価格でしばらく様子をみてみて、あまり反応が良くないのであれば、相場となっている2000万円前後まで価格を下げれば良いと思っています。

ここで問題となるのが、しばらく様子を見るときの期間です。
転勤や買替えを検討している場合なら、様子見の期間は1ヶ月〜2ヶ月くらいとなることが多いのですが、特別売り急いでいない売主の場合は、様子見の期間が6ヶ月〜1年と考える場合もあります。

これは不動産業者にとっては、あまり歓迎できる売主ではありません。
売主は、「1年くらい売れなくてもいいや」と簡単に考えるのですが、不動産業者側にしてみれば、その1年間ずっと新聞折込チラシなどに物件情報を載せなければなりませんので、宣伝広告費が掛かってしまいますし、内覧のたびに営業マンは時間を取られてしまいます。

ですので、売却価格は売主が自由に決めることができるという話をしていますが、やはり不動産業者と良い関係を築くためには、ある程度は業者側の意見も聞きながら、売りだし価格を決めることをお薦めしています。

不動産業者は「少しでも早く売りたい」と思っている

不動産業者は物件が売れなければ1円の利益にもなりません。
そのため、適切な市場価格を査定で算出し、その査定額を基準に売主と売却価格を設定していくのが一般です。

ただし、悪い不動産業者になると、1日でも早く売却したいため、相場よりも安い価格で売り出そうと画策する業者がいます。
専任媒介の契約を結んでいると、業者側は一定の期日以内にレインズに物件情報を掲載することが義務付けられています。

レインズに物件情報を掲載してしまうと、他の不動産業者の目にもとまりますので、買いたいというお客さんを紹介してくれることになります。
ただし、他の不動産業者がお客さんを紹介してくれて、無事成約にいたった場合は、紹介してくれた不動産業者に仲介手数料の半分をお礼として支払うことが決まっています。

このように仲介手数料の半分を他の業者に渡したくないと思っている場合、その業者はレインズに掲載する前に自社で売買を成立させようとします。
その結果、市場の相場よりも安い価格で売りだすように画策し、より売り易い状況を作るのです。

このような業者は全体のごく一部なのですが、それでもゼロではありません。
このような悪質な業者の陰謀を防止するための策となるのが、複数社への査定見積もりです。
とくに今はパソコンやケータイから、誰でも簡単に一括査定見積もりの依頼ができるようになっています。
複数の業者に査定の依頼をすれば、悪巧みをしている不動産業者が1社混じっていても、その異変に気付くことができます。

〜まとめポイント〜

  • あまりにも理不尽な売却価格は、不動産業者に迷惑がられる
  • 売り出し期間中でも、不動産業者は広告費や人件費というコストが発生している
  • 仲介手数料を他社に取られたくないため、早期売却をしようとする業者もいる
  • 早期売却を企む悪質な業者は、ネットの「一括査定見積もり」で予防できる
  • 家を売るなら必ず知っておきたいチェックポイント

    • 信頼できる業者はどうやって探せばいいの?
    • 家を売りたくても売れない不動産業界の現状を理解しておこう。
    • 不動産業者に家の「買取」をしてもらうのは損?
    • 実家や土地を相続した場合はどうしたらいいの?
    ページトップ