住み替えの場合、「売り」と「買い」のどちらを優先させるべき?

「戸建て→戸建て」でも、「戸建て→マンション」のどちらであっても住み替えをする場合の最良の選択は、売りと買いのゴールを同じにすることです。

ゴールとは、売りでも買いでも「引越し」を意味しています。
この引越しの時期を同じにあわせることができれば、まさに理想通りの住み替えに成功したといえるでしょう。

しかし、これには売主(あなた)、買主、新居の売主という3者のタイミングを合わせなければいけませんので、そう簡単ではありません。
またタイミング(時期)だけの問題でなく、住宅ローン残債務という問題も解決しなければ、新たな住宅ローンが組めない可能性もあります。

住み替えというのは、タイミングとお金の問題の両方を考えなければ上手くいきません。

売却を先にするケース

住み替えの場合、一般的に多いのがこちらの「売却先行タイプ」です。
理由は、現在の住まいを購入するときに預貯金などを使っており、新しい家の頭金などを用意できない人も多く、住宅ローン審査にも影響があるからだそうです。

売却を先にすれば、売却価格がハッキリするため、次の家に使える予算を明確にできるというメリットがあります。
また売却価格で住宅ローンの残債務を完済することも可能ですので、次の住宅ローンが組みやすくなります。

その反面、次の家が決まるまでは仮住まいが必要となりますので、「家の売却→仮住まい→新居」という風に引越しを2回することになり、余計な資金を使うことになります。

仮住まいとして実家にお世話になれれば良いのですが、そうでなければ賃貸を借りる際の諸費用なども計算しておかなければなりませんし、戸建ての場合は荷物が多いので賃貸に入りきらないという問題が発生することも珍しくありません。

仮住まいだから2DKや3DKくらいあれば十分だと考えるのですが、荷物のことまで考えていない人は結構多いのです。

購入を先にするケース

お金の心配(購入資金・頭金・住宅ローン完済など)が無いのであれば、当然購入を先にするのが理想的です。
新居の購入を先にすることで、売却後の住まいの心配をすることもありませんし、売り急いで買主から足元を見られることもありませんので、理想通りの売却にも繋がります。

ただし、そこまで資金的に余裕がある家庭は少ないと思いますので、同時進行か売却先行というケースになってしまうのが一般的です。

〜まとめポイント〜

  • 住み替えの理想はゴール(引越し)の時期を同時にすること
  • 資金に余裕があれば買い先行がお薦め
  • 売り先行の場合は、引越し費用など余計な出費が発生する
  • 売り先行の場合は、家具や家財など荷物の問題も考えておく

家を売るなら必ず知っておきたいチェックポイント

  • 信頼できる業者はどうやって探せばいいの?
  • 家を売りたくても売れない不動産業界の現状を理解しておこう。
  • 不動産業者に家の「買取」をしてもらうのは損?
  • 実家や土地を相続した場合はどうしたらいいの?
ページトップ