新築よりも中古の一戸建てを選ぶ人がいる理由

新築よりも中古の一戸建てを選ぶ人がいる理由

分譲マンションの場合、新築や中古よりも立地を気にする人が多いのですが、戸建て住宅の場合は少し事情が違うようです。
さらに一戸建てを買うのなら、中古よりも自分たちで好きなように間取りを決めたいと思う人が多いのも中古戸建ての売却が難しい理由のひとつだと思います。

それでも、好んで中古の一戸建て住宅を購入する人もいます。
今回は、なぜ新築よりも中古の一戸建て住宅を購入したのかについて、その理由を考えてみたいと思います。

中古を選ぶ一番の決め手は価格が安い

中古戸建ての魅力は、なんといっても価格の手頃感です。
国土交通省が実施した、「平成24年度住宅市場動向調査」によれば、中古戸建てを購入した人のうち77.5%の人が価格の問題だったと回答しています。

(参考)国土交通省「平成24年度住宅市場動向調査」のページ

また以下のような考え方を持っている人もいます。
「新築はマンション・戸建てともに建築費の3割程度が業者の利益なので、購入した瞬間に3割程度の価値が下落する」
たしかにその通りだと思います。
4000万円で新築の戸建てを購入したとします。土地=1500万円、建物2500万円だった場合、購入して1ヵ月後に売りにだしても、4000万円で売れることは滅多にありません。
きっと、建物から3割程度値を引いた3300万円~3500万円が妥当な価格でしょう。

しかし中古住宅の場合は違います。
2500万円で購入した場合、1ヵ月後に売却したとしても、そう大きく値を崩すことはありませんし、よほど妥協しても1割程度値を下げるくらいだと思います。

このように無駄な利益分を払うくらいなら、最初から中古住宅で十分だと考える人もいて不思議ではありませんし、とくに将来的に子供が独立したあと、老後は利便性の高いマンションに移り住みたいと計画している人には尚更だと思います。

中古戸建てを選ぶその他の理由

中古戸建てを選ぶ理由は価格の問題だけではありません。
価格以外に多い理由として以下のようなケースもあります。

  • とくに新築住宅にこだわる理由がなかった
  • 自分の好きなようにリフォームしたかった
  • 子供が独立するまでだから中古で良いと思った
  • 実家近くや子供の通学問題など、どうしてもその地域に戸建てを欲しかった
  • 新規の分譲地だと、隣近所にどのような人が住むのか解らないので怖かった
  • 立地の良い地域は開発が進んでいて、新規分譲は望めないから

このように新築よりも中古を選ぶのには必ず何かしらの理由があります。
購入希望者がどのような理由で中古戸建てを探しているのか?その理由をいち早く察知することで、効果的な販売戦略を立てることができます。

別記事の「購入希望者が、マンションよりも一戸建てを選ぶ理由を考え販売戦略を立てる」でも書きましたが、購入希望者と最初に接するのは、売却を依頼している不動産業者の営業マンです。
この営業マンに頑張ってもらい、購入希望者の要望を上手に聞き出してもらいましょう。
そうすれば内覧時に、より効果的な販売戦略を立てることができます。

中古戸建てでなく、新築を選んだ人の理由

逆に中古ではなく、新築を選んだ人の理由を知っておくことも、販売戦略に繋がりますので紹介しておきます。

  • 新築の方が気持ちが良い
  • すぐにリフォームが必要になると、余計な費用がかかる
  • 瑕疵(見えない不具合)が不安だった
  • 断熱性や耐震性などの品質が新築のほうが良い
  • 中古では、理想(間取り・立地など)の物件がみつからなかった
  • 中古戸建ては保証やアフタサービスが無いと思っていた

以上のような意見が新築を購入した人の理由です。
こうしてみると、価格や立地の問題よりも、建物の劣化を心配している人が多いことがわかります。

つまり、建物の安全性や保証を充実させることができれば、十分に中古戸建てでも検討の余地があることがわかります。

~まとめポイント~

  • 中古戸建ての最大のセールスポイントは価格の安さ
  • 中古戸建ての最大の弱点は、理想の間取りではない
  • 新築は購入した瞬間に3割価値が減少する
  • 買い手がなぜ新築でなく中古戸建てを探しているのか、その理由をすばやく掴む
  • 中古でなく新築を選ぶ理由は、建物の品質や劣化に不安があるからだ

おすすめの一括査定サイト一覧

すまいValue

すまいValueは、不動産会社の大手6社に厳選して査定や相談ができるサービスです。

登録されている不動産会社は、東急リバブル・三菱地所ハウスネット・野村の仲介PLUS・住友不動産販売・三井不動産リアルティ・小田急不動産の6社で、他の一括査定サイトに登録されていない大手も登録されています。

戸建てはマンションより売りづらい傾向にありますが、このすまいValueでは全国に支店がある大手に査定が出せますし、過去の実績もしっかりとあるので早期売却も望めるでしょう。

高く早く売るためには不動産会社のネームバリューも大事です。信頼できる仲介業者に依頼したいという方や、初めて一括査定を利用する方は「すまいValue」がおすすめです。

公式サイトはこちら

HOME4U

「HOME4U」は、NTTデータが運営する国内最大級の不動産情報サイトです。不動産の一括査定サイトとしては最大手の一つで、今までの利用者数は約550万人以上と、豊富な実績を持っています。

東急リバブル、野村の仲介+、三菱UFJ不動産販売、三井住友トラスト不動産、阪急不動産、みずほ不動産販売、Century21など、大手の不動産業者はほとんどカバーしているので、これから家を売却したいと考えている人は最低限抑えておきたいサイトです。

もちろん、大手以外の地域密着型の不動産業者も多数参加していて、全国900社の業者の中から、最大6社にまとめて査定依頼ができます。

運営元もNTTデータという大企業で、過去の実績・経験も豊富なので、信頼性が高く安心して使えるサイトです。

公式サイトはこちら

ソニー不動産

ソニー不動産は、ソニーグループが運営する不動産サービスの一つです。一括査定とは違って、ソニー不動産自体が直接売却などの相談に乗ってくれます。

最大の特徴は、「同一物件では片側だけしか仲介しない」という点です。売主にとって不利な両手仲介が発生しないので、今非常に大きな注目を集めています。(両手仲介が発生すると、百万円単位で売り主が損をする可能性があります)

今のところ1都3県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)でしか利用できないのがネックですが、この地域に住んでいる売主にはかなり大きなメリットがあります。

運営元もソニーグループということで安心感があるので、都心に住んでいるなら第一候補として使いたいサービスです。

公式サイトはこちら

家を売るなら必ず知っておきたいチェックポイント

  • 信頼できる業者はどうやって探せばいいの?
  • 家を売りたくても売れない不動産業界の現状を理解しておこう。
  • 不動産業者に家の「買取」をしてもらうのは損?
  • 実家や土地を相続した場合はどうしたらいいの?
ページトップ