信頼できる仲介業者はどうやって探せばいいの?

個人が持ち家を売却する際には、仲介してくれる不動産業者の協力が不可欠です。

家の売買には様々な手続きが必要ですし、これだけ大きな買い物をしてくれる相手を見つけてくるのは、個人ではほぼ不可能です。そのため、ほとんどの人は不動産業者と媒介契約を結んで、家の買い手を探してもらう事になります。

少し大げさな言い方になりますが、家が売れるかどうかの大部分は業者の働きにかかっているので、しっかりと誠実に動いてくれる業者を見つけることは、何よりも重要です。

逆に、よく考えずに適当に仲介業者を選んでしまうと、とても大きな損失を受けることになるかもしれないので、注意して下さい。

不誠実な業者と契約すると大変なことに…

では、仮に不誠実な業者に当たってしまった場合に、どんな被害を受ける可能性があるのか。まずはこの点について説明したいと思います。

売り手側が受ける大きな損害としては、「時間的な損失」と「金銭的な損失」が挙げられます。

時間的な損失を受けるケース

時間的な損失を受けるケースで、もっともありがちなのが、「契約した業者がほとんど活動していなかった」という例です。

家を売るために媒介契約を結んだものの、業者がろくに宣伝活動をしておらず、時間だけが無駄に過ぎてしまうという話はよく聞きます。

他のページでも書きましたが、家の価値というのは時間が経つごとに目減りしていくので、高く売りたければなるべく早く買い手を見つけることが重要です。

また、実際に売る立場になってみるとわかりますが、「買い手がなかなか見つからない」という状況は、かなり強い精神的なストレスになります。

実際、内覧希望者すらろくに見つからない状況になると、「今の売値は高すぎるのではないか…?」などといった不安が次から次にわいてくるので、当初に考えていた計画が狂ってきます。

「金銭的な損失」に比べて、目に見えない「時間的な損失」ですが、売り手側が感じるストレスや負担は相当なものなので注意しましょう。

もし、今契約している業者の動きが鈍いと感じたら、もっと積極的に宣伝活動をするように打診してみましょう。それでも動かない場合は、すぐに契約を打ち切って、別の仲介業者を探した方がいいと思います。

金銭的な損失を受けるケース

次により直接的な、金銭的な損失を受けるケースについて説明します。このケースで一番注意が必要なのが、最近よく耳にする「悪質業者による両手仲介」です。

この「両手仲介」というのは、一言で言ってしまえば、家の「売り手」と「買い手」の両方を、同じ不動産業者が仲介することを指します。

この状況で家の売買が成立した場合、不動産業者は「売り手」と「買い手」の両方から仲介手数料がもらえるので、通常の倍の利益が出ることになります。業者にとっては、はっきり言ってオイシイ契約になりますね。

ただ、普通に考えればこの「両手仲介」が成立するケースは希です。売り手と買い手が都合良く同じ業者と契約している可能性はかなり低いからです。

しかし悪質な業者の場合は、これを意図的にやろうと考えて、他社で契約している買い手からの問い合わせを、勝手に断ってしまうケースがあるのです。

本来であれば、他社経由でこちらの希望額を出してくれる買い手がいたにも関わらず、それを隠して、強引に自社で見つけてきた買い手と契約させようとする。これが「悪質な両手仲介」の例です。

さらに、このようなケースでは、悪質業者はなるべく早く契約をまとめようと考えるので、

「今の価格ではなかなか売れません。でも500万円値下げすれば購入希望者がいますよ!」

などといって、本来であれば必要のない値下げを迫ってきます。

もしこれに同意してしまった場合、仲介業者は手数料が倍取れるので得をしますが、私たちは値下げした分だけ丸々損をしてしまいます。

このようなケースは最近特に問題になっているので、業者の販売活動に不審な点を感じたら、どのように買い手を探しているのか問い合わせてみましょう。

なお両手仲介に関しては、姉妹サイトであるマンション売却の達人の「両手仲介を狙う業者に気をつけよう!」のページでも詳しく解説しています。

仲介業者を選ぶ時の鉄則

このように、悪質な業者につかまってしまうと、時間的にも金銭的にも大きな被害を受ける可能性があるので、業者選びは慎重に行う必要があります。

では、具体的にはどうやって信頼できる業者を探せばいいのでしょうか?

このとき大事なのは、「必ず複数の業者を比較して選ぶ」ということです。他のページでもくり返し書いていますが、これは本当に大事なポイントなので、必ず守って下さい。

特に、一括査定サイトを使って業者を比較することで、悪質な業者に当たる可能性をかなり下げることができます。

一括査定サイトを使うことの本当の意味

一括査定サイトというのは、トップページでも紹介しましたが、複数の不動産業者から、家の査定額をまとめて取り寄せられる便利なサイトのことです。

有名なサイトとしては、

などが挙げられます。

一括査定サイトを使うことで、「査定額が一番高い業者」を簡単に見つけることができますが、実は最大のメリットはこれではありません。

なぜかというと、家の査定額はあくまでも業者がつけた仮の金額であって、買い手側が本当にその金額で買ってくれるとは限らないからです。(あくまでも目安の金額ということです)

それよりももっと重要な事は、「一括査定サイトに登録している業者は、運営会社の審査を通っている」ということです。

大手の一括査定サイトには、500社以上の不動産業者が参加していますが、もともと悪質業者として有名なところはもちろん、一括査定サイトに参加した後に何かトラブルを起こした業者は除外されます。

そのため、100%とは言えませんが、悪質業者に当たる可能性をかなり下げることができます。

これは非常に大きなメリットなので、ぜひ一括査定サイトを活用しましょう。

業者の対応がより積極的になる

その他のメリットとしては、一括査定サイトを使うことで、業者側の対応がより積極的になるという点も挙げられます。

直接業者に連絡する場合と違い、一括査定サイト経由での申し込みは、「他社と比較されるのが前提」なわけですから、業者側も最初から真剣に対応せざるを得なくなるということですね。

これも地味ですが重要なポイントなので、覚えておくといいと思います。

もし対応の悪い業者に当たってしまった場合でも、「それなら他の業者さんにお願いします」とキッパリ断れるので、交渉が強気で進めやすくなります。

それでもダメな場合は別の業者を探そう

一括査定サイトを使っていくつかの業者を査定した上で、一番信頼できそうな仲介業者と契約をすれば、悪質な業者に当たる可能性はかなり下げられます。

しかし、それでも100%「良い業者」と契約できるとは限りません。中には、契約前の段階ではすごく対応が良かったのに、いざ契約がすんでからは対応が悪くなった…という業者もいます。

こればかりは100%確実に見抜くのは無理なので、どうしても運頼みとなってしまいます。

万が一、このような業者に当たってしまった場合には、残念ですがあきらめて別の業者を探すというのも選択肢のひとつとして考えておきましょう。

今の業者にクレームを入れて改善してもらうというのももちろんありですが、たぶん上手くいく確率は低いです。

それなら、貴重な時間を無駄にしないように、今の業者との契約は早めに打ち切って、別の業者を探した方が成功する確率は高くなると思います。

専任媒介契約や専属専任媒介契約を結んでいる場合でも、こちらから業者に契約終了の申し入れをすれば、早期に解約できるケースはあります。

仮に断られたとしても、契約は3ヶ月単位の更新となりますので、次回更新をやめればOKです。

仲介業者探しは、運やタイミングにも左右されてしまうので、なかなか上手くいかないこともあります。

ただ、ここでがんばれるかどうかで、家の売却の成否がかなり変わってしまいますので、根気強く良い業者を探しましょう。

昔に比べて、今は一括査定サイトがあるおかげでずいぶん楽になったので、家の売却が決まったら、なるべく早めに査定を取って、業者探しをはじめましょう。

おすすめの一括査定サイト一覧

すまいValue

すまいValueは、不動産会社の大手6社に厳選して査定や相談ができるサービスです。

登録されている不動産会社は、東急リバブル・三菱地所ハウスネット・野村の仲介PLUS・住友不動産販売・三井不動産リアルティ・小田急不動産の6社で、他の一括査定サイトに登録されていない大手も登録されています。

戸建てはマンションより売りづらい傾向にありますが、このすまいValueでは全国に支店がある大手に査定が出せますし、過去の実績もしっかりとあるので早期売却も望めるでしょう。

高く早く売るためには不動産会社のネームバリューも大事です。信頼できる仲介業者に依頼したいという方や、初めて一括査定を利用する方は「すまいValue」がおすすめです。

公式サイトはこちら

HOME4U

「HOME4U」は、NTTデータが運営する国内最大級の不動産情報サイトです。不動産の一括査定サイトとしては最大手の一つで、今までの利用者数は約550万人以上と、豊富な実績を持っています。

東急リバブル、野村の仲介+、三菱UFJ不動産販売、三井住友トラスト不動産、阪急不動産、みずほ不動産販売、Century21など、大手の不動産業者はほとんどカバーしているので、これから家を売却したいと考えている人は最低限抑えておきたいサイトです。

もちろん、大手以外の地域密着型の不動産業者も多数参加していて、全国900社の業者の中から、最大6社にまとめて査定依頼ができます。

運営元もNTTデータという大企業で、過去の実績・経験も豊富なので、信頼性が高く安心して使えるサイトです。

公式サイトはこちら

ソニー不動産

ソニー不動産は、ソニーグループが運営する不動産サービスの一つです。一括査定とは違って、ソニー不動産自体が直接売却などの相談に乗ってくれます。

最大の特徴は、「同一物件では片側だけしか仲介しない」という点です。売主にとって不利な両手仲介が発生しないので、今非常に大きな注目を集めています。(両手仲介が発生すると、百万円単位で売り主が損をする可能性があります)

今のところ1都3県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)でしか利用できないのがネックですが、この地域に住んでいる売主にはかなり大きなメリットがあります。

運営元もソニーグループということで安心感があるので、都心に住んでいるなら第一候補として使いたいサービスです。

公式サイトはこちら

ページトップ