買い手がマンションよりも一戸建てを選ぶ理由

買い手がマンションよりも一戸建てを選ぶ理由

私の経験では、中古分譲マンションを探している人は、地域や広さを重要視しているので、目的の地域に希望通りの広さ(間取り)の中古物件が売りに出ると、即購入を決断する人が多いのですが、一戸建ての場合はマンションほど単純ではありません。

戸建てを探している人の場合、地域性(利便性)よりも、広さや価格を重視する傾向にあるからです。
つまり、「本当にこの物件で良いのか?もっと良い物件が出てくるのではないか?」という心理が強く働くようです。

ちょっと言い方は悪いのですが、中古分譲マンションを探している人に比べ、中古戸建てを探している人は決断力に乏しい傾向が強く見受けられました。
つまり、中古戸建てを探している人に一番大事なのは、あと一歩の決断をさせる後押しだと思います。

そのことを考えて販売戦略を立てるのが、中古戸建て売却において、とても大切なことです。

マンションよりも戸建てを選ぶ理由

利便性の高いマンションよりも戸建てを選ぶからには、それなりの理由が必ずあるものです。
それを売主側がしっかりと理解しているかが大切になりますので、今回は戸建て住宅を選ぶ主な理由をいくつか紹介しておきます。

広い家に住みたい

一戸建てを選ぶ一番の理由は、やはり広さの問題だと思います。
子供が増えたので広い一戸建てに住み替えたいというのは、ごく自然な考えです。
間取りが広くない戸建ての場合は、リフォームなどによって部屋を増やすことができるかなどを事前に調べておくことも大事です。

庭がある家に住みたい

女性は庭がある家に憧れます。花壇を作ったり、庭でBBQすることを想像したりするものです。せっかく庭がある家であれば、そこを最大限アピールすることも忘れないようにしましょう。

ペットを飼える家に住みたい

ペットを飼うだけのために、戸建て住宅を購入する人は多くありませんが、戸建て住宅を購入するのであればペットを飼いたいと思っている人は多いはずです。

親と一緒に住みたい

親と同居するために戸建てを購入する人もいます。同居むきの間取りであれば、いいのですが、そうでない戸建ての場合は、リフォームなども視野に入れたアピールをしましょう。

騒音に悩まさず静かに暮らしたい

マンションというのは、常に上下左右の住人を気にしながら生活を送らなければなりません。そういう煩わしさか脱出したいと考えている人も少なくありません。
ちょっとオーバーかもしれませんが、内覧時には騒音レベルを計る機器などを不動産業者に用意してもらうのも良い方法です。

ルール(規約や規則)に縛られたくない

マンションというのは基本的に集団生活が大前提です。
集団生活には、必ずルールが必要です。
そんなルールに縛れた生活が嫌で戸建て住宅を購入する人も少なくありません。
その地域では、どのようなルール(掃除当番、町内行事など)があるのかを明確に伝えてあげることが売却への近道にあることもあります。

販売戦略は不動産業者の協力が必要

このような販売戦略は、内覧をしながら突然どうにかなるものではありません。
内覧希望者がどのような理由で戸建て住宅を探しているのか、事前に知っておくことが重要です。
それには、仲介をしてくれている不動産業者の協力が必要不可欠になります。
不動産業者の担当であれば、その内覧者がどのような希望を持っているのか事前に知ることも可能ですし、それが彼らの仕事でもあります。

内覧の申し込みが入った場合、後から折り返し電話を入れ担当者と打ち合わせしておくことをお薦めします。
しかし、多くの売主はそれすらもしません。
このようなちょっとした機転や努力こそが、早期売却のために必要な販売戦略なのです。

~まとめポイント~

  • マンションと戸建てでは、購入理由がまったく異なる
  • 戸建て特有の購入理由を販売戦略に活用する
  • 購入希望者の要望を営業マンに聞きだしてもらう

家を売るなら必ず知っておきたいチェックポイント

  • 信頼できる業者はどうやって探せばいいの?
  • 家を売りたくても売れない不動産業界の現状を理解しておこう。
  • 不動産業者に家の「買取」をしてもらうのは損?
  • 実家や土地を相続した場合はどうしたらいいの?
ページトップ