不動産業者との契約方法・種類について

一戸建てマイホームを売却する場合、不動産業者に仲介を依頼しなければなりません。
そして不動産業者に売却の依頼をするには、媒介契約というものを締結する必要があります。

今回はこの媒介契約について、簡単に説明していきたいと思います。

媒介契約とは

媒介契約とは、不動産会社に正式に売却を依頼する場合に交わす契約のことをいいます。
媒介契約には、「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」という3種類があり、売主がどの媒介契約を結ぶかを好きに選ぶことができます。

各媒介契約には、それぞれ決まりがありますので各媒介契約ごとの違いを簡単に説明していきたいと思います。

媒介契約の種類と内容

一般媒介契約

一般媒介契約の特徴は、同時に複数の不動産会社に売却依頼ができることです。
たとえ悪質な不動産業者に売却依頼してまっても、複数の不動産業者に売却依頼ができますので大きな問題ではなくなります。
かなり自由度が高い媒介契約ですが「明示型」と「非明示型」があり、明示型を選ぶ場合はどこの不動産業者に依頼しているかを全て伝えておかなければなりません。
もし明示していない不動産業者で売却した場合や成約済みの連絡を怠ると、罰金などのペナルティを受けることがあります。
明示型と非明示型も売主側が好きに選ぶことができますので、できれば非明示型を選択しておくことをお薦めします。
もし、「当社は明示型でしか一般媒介契約はお受け出来ません」という不動産業者があれば、その会社には売却依頼しない方が賢明でしょう。

専任媒介契約

基本的に売却依頼は1社の不動産業者に限定しなければなりません。
そのため依頼された不動産業者も本気で販売してくれる可能性が高いというメリットがあります。自分で買主を探すことも認めれていますし、定期的に依頼している不動産業者から売却状況の報告があります。

専属専任媒介契約

基本的な内容は専任媒介契約とほぼ同じです。
大きな違いは、自分で買主を見つけた場合でも媒介契約を結んでいた不動産業者に違約金を支払うことになります。

各媒介契約の詳しい内容は、「マンション売却の達人」に掲載している「不動産業者との媒介契約の種類とそれぞれのメリット・デメリット」という記事をご覧ください。

家を売るなら必ず知っておきたいチェックポイント

  • 信頼できる業者はどうやって探せばいいの?
  • 家を売りたくても売れない不動産業界の現状を理解しておこう。
  • 不動産業者に家の「買取」をしてもらうのは損?
  • 実家や土地を相続した場合はどうしたらいいの?
ページトップ