家の解体工事費用を安くする3つのポイント

家の解体工事を安くすませるコツ

家を建て替える際や、土地を売却する際には、今建っている家を解体して更地にする必要があります。

この解体費用を、相場よりできるだけ安く抑えるためには、次の3つが重要なポイントです。

  • 複数業者から相見積もりを取る
  • 処分できるものは自分たちで処分する
  • 自治体の補助金を利用する

解体費用には定価がないため、業者の言いなりになってしまうと、かなり割高な料金を支払うはめになることも…。

そうならないように、しっかりポイントを抑えて格安で解体を終わらせましょう。

【目次】解体工事を安くするポイント
  1. 複数の業者から見積もりを取る
    1. 一括見積りサイトを活用する
    2. 適正価格を把握しておこう
    3. 値下げ交渉のコツ
  2. 処分できるものは自分たちで処分する
    1. 家具を業者に処分してもらう費用は?
  3. 自治体から解体費用の補助金がでるケースも
  4. まとめ

絶対に複数の業者から見積もりを取ろう

まずは基本中の基本ですが、解体工事のように定価がないものは、複数の業者から同時に見積もりをとる「相見積もり」をすることが一番のポイントです。

一般人だと相場料金がわかりにくいサービスであっても、相見積もりを取ることで相場がわかるので、騙される心配も減ります。

最低でも3社くらいに解体工事費用の見積もりを取り、業者同士の価格を比較しましょう。

一括見積りサイトが便利

相見積もりを取る際は「一括見積もりサイト」を使うのが便利です。一度の申し込みでまとめて比較できるので、急いでいる人には特におすすめです。

また、一社ごとに見積もりを取る場合に比べて、一括見積もりサイト経由で申し込みをすると、業者側に「比較してますよ」ということが伝わるので、値下げ交渉などがしやすくなります。

この時点で、明らかに高い価格を提示してくる業者(いわゆるボッタクリ業者)は弾けるので、利用者にとってはかなりお得なサービスだと言えます。

おすすめの一括見積もりサイトはこちら

適正価格を知っておこう

相見積もりを取って各社の料金を比べることで、解体工事の相場はわかると思いますが、念のため一般的な価格についても確認しておきましょう。

解体費用は、家の構造や立地などによって大きく上下しますが、目安となる適正価格はあります。

木造住宅であれば、平均すると1坪あたり20,000~30,000円と言われているので、この価格を知っておくだけでも悪質な業者を見分ける助けとなります。

家の構造別に、1坪当たりの適正価格をまとめたので、以下を参考にして下さい。

木造住宅 20,000円~30,000円
プレハブ造 12,000円~20,000円
鉄骨造 12,000円~28,000円
鉄筋コンクリート造 25,000円~40,000円

※上記はあくまでも目安なので、接道状況や土地の形状などによって大きく違ってくる可能性があります。

値下げ交渉のコツ

各業者の見積もりが出そろったら、次は値下げ交渉をしてみましょう。

「1円たりとも値引きはできません!」という業者はほとんどないはずです。業者側も多少の値下げ交渉は想定しているので、遠慮せずに交渉してみましょう。

値下げ交渉時のコツですが、一括見積もりを取った中で一番安かった業者の金額を基準として、その他の業者に対して「もっと安くなりませんか?」と問い合わせるのが基本的なやり方です。

もちろん、金額以外にサービス面なども大事なので、どこまで交渉するかは自分自身の判断となりますが、少なくとも上記の流れで一回は値下げ交渉をした方がよいと思います。

もしそれでも費用が高いと思ったら、「依頼したいと思っているのですが、予算をオーバーしていて……もう少し安くなりませんか?」と、直球で交渉してみるのも効果的です。

業者側も、「最後の一押しで契約してくれる」と考えるので、嫌な顔はせずに対応してくれるケースが多いです。

処分できるものは自分たちで処分する

続いて2つ目のポイントですが、解体工事前に自分たちで家財道具などを処分し、できる限り減らしておくと費用が安くなります。

タンスやソファーなど、大きめの家具の処分には費用がかかるので、事前に粗大ごみに出したり、リサイクルショップに売るなどして処分しておきましょう。

家具を業者に処分してもらう費用は?

事前の処分が間に合わず解体業者に依頼した場合、基本的にはトラック1台あたりの単価で費用が請求されます。

相場としては、2tトラック1台で4万円から5万円程度、4tトラック1台で6万円から8万円程度かかります。

この費用を抑えるだけでもかなり節約できるので、できる限り自分たちで処分しましょう。

おすすめなのは、やはりリサイクルショップです。

処分予定の物が売れれば逆にお金がもらえますし、買取金額がほとんどつかなくても、処分費用が浮くのでどちらにせよお得です。

ただし2月や3月などの引っ越し時期の場合、予約が一杯でなかなか来てくれないこともあるので、なるべく早めに予約しておきましょう。

自治体から解体費用の補助金がでるケースも

最後のポイントですが、家を解体する場合、自治体によっては補助金を出してくれるケースがあります。

代表的なものとしては、最近施行された「空き家対策特別措置法」により、特定空き家に指定された物件に対して解体費の補助金が出るケースなどです。

対象となる自治体はそこまで多くありませんが、運良く対象地域に住んでいるならもらわないと損なので、一度自治体の窓口に問い合わせてみましょう。

この手の補助金は、自分から申請しないと一切もらえないので、まさに「知っている人だけが得をする」ケースですね。

まとめ

以上の3つが家の解体費用を安く抑えるポイントです。

もっとも重要なのは、最初に紹介した一括見積もりサイトを利用することです。これだけでもかなり安くなるので、忘れずに活用しましょう。

ちなみに、絶対にやってはいけない解体工事もあります。それは、家を建て替える際に、建て替えを行う建築業者に解体までセットで依頼することです。

この場合、建築業者を通して別の解体業者に依頼がいくので、中間マージンを取られてかなり高くつく可能性があります。

「面倒だから同じ業者に頼めばいいや」と考える人もいますが、確実に損なのでやめておきましょう。

一括見積もりサイトを使えばたいした手間もかからないので、必ず「建築」と「解体」は別の業者に依頼することをおすすめします。

おすすめの一括見積もりサイト

解体工事の一括見積もりサイトはいくつかありますが、その中でおすすめなのは「解体無料見積もりガイド」です。

業界では最大手の一つで、テレビや新聞など色々なメディアで紹介されているので信頼性が高いです。

またこのサイトの場合、相見積もりをして選ばなかった業者に対して、お断りの連絡を代行してくれるなど、利用者側への配慮がしっかりしています。

トラブル対応にも強いサービスなので、初めて家の解体をする人でも安心して使えるのがおすすめの理由です。

公式サイトはこちら

家を売るなら必ず知っておきたいチェックポイント

  • 信頼できる業者はどうやって探せばいいの?
  • 家を売りたくても売れない不動産業界の現状を理解しておこう。
  • 不動産業者に家の「買取」をしてもらうのは損?
  • 実家や土地を相続した場合はどうしたらいいの?
ページトップ