売主を惑わせる5つの価格

売主としては、「一日でも早く」「少しでも高く」で売りたいというのが本音でしょう。
マイホームを売却する側であれば、誰でも同じことを考えるはずです。

しかし、早く売るためには「販売価格を下げる」ことが一番近道ですし、高値で売るためには「条件の良い買手が現れるのをじっくり待つ」ことが理想的です。

つまりどちらかを優先させたいのであれば、どちらかを妥協するしかありません。
このように、不動産売却というのは、自分に対するジレンマとの戦いなのです。

そこでこれからマイホームの売却を考えている皆さんには、ぜひ覚えておいて欲しい「5つの価格」があります。

売主を惑わせる5つの価格とは?

マイホームの売却活動中、つねに売主を悩まし続けるのが以下の5つの価格です。
この5つの価格を理解し、つねに考えながら販売戦略を立てることで、マイホーム売却をより思い通りに進めることができるようになります。

売却希望価格

売主が売りたいと考えている金額です。住宅ローン残債務や新居費用などもこの中に入っていることでしょう。

査定価格

業者が査定で算出した「売れるであろう金額」です。業者側が提示する査定価格の基準は「3ヶ月以内に売却できる」であろう金額というのが一般的です。

売り出し価格

住宅ローン残債務などを考慮して、実際に売り出す価格となります。一度売り出すと値を下げることは出来ても、値を上げることは滅多に出来ないので慎重に考える必要があります。

購入希望価格

あなたのマイホームを買いたいという人が提示してくる金額のことです。もちろん最終的な決定権はあなたにありますので、購入希望価格があなたの考えと一致しなければ断ることができます。

成約価格

価格交渉の末、最終的に売主と買主が合意した金額のことです。一度OKを出すと簡単には取り消せませんので、より慎重に決めなければなりません。

5つの価格の基準には、つねに査定価格がある

マイホームの売却中は、この5つの価格が、つねに売主・買主・仲介業者の間を飛び交っています。
しかし、これら5つの価格の基準となっているのが、「査定価格」であることを忘れてはいけません。

売主は、査定価格を参考に売り出し価格を決めますし、購入希望価格や成約価格も、やはりその源は査定価格にあります。
つまり、少しでも高く売りたいのであれば、「少しでも高い査定額」になるよう努力することがとても大事なのです。

別記事の「マイホームを売る場合の流れと、絶対に知っておきたい査定の違い」で詳しく書いていますが、分譲マンションと違って一戸建て住宅の場合は、査定する業者や算出方法によって、査定額に大きな差が生まれやすいです。

どうしても査定価格に納得ができないという場合は、ネットの一括査定見積もりなどを利用して、少しでも多くの不動産業者に、査定をお願いしてみましょう。

〜まとめポイント〜

  • 「5つの価格」の中心にいるのは、つねに「査定価格」である
  • 査定価格に納得できなければ、他の業者にも査定依頼をしてみる

家を売るなら必ず知っておきたいチェックポイント

  • 信頼できる業者はどうやって探せばいいの?
  • 家を売りたくても売れない不動産業界の現状を理解しておこう。
  • 不動産業者に家の「買取」をしてもらうのは損?
  • 実家や土地を相続した場合はどうしたらいいの?
ページトップ