ウォシュレットの取付け・取り外しを依頼した場合の料金

最近ではウォシュレットの普及が進み、賃貸住宅でも個人的にウォシュレットに付け替えるという人も増えてきました。こういった場合は、引越しの際にウォシュレットを取り外し、元の便座に戻しておく必要があります。

そして引越し先のトイレに再び取り付けたいと考える人も多いでしょう。

でもウォシュレットの取り外しや取り付けは、簡単な作業ではありません。失敗すれば便座を壊してしまったり、トイレが水浸しなんてことも…

確実に取り外し・取り付け作業を行うためにも、専門業者にお願いするのが一番安心です。

実は引越し業者の多くでは、ウォシュレットの取り外しや取り付けを、オプションサービスとして請け負ってくれるところがあります。

引越し業者が引越しのついでに作業してくれれば、わざわざ専門業者を探す必要もありませんし、作業日を調整する必要もないので便利です。

でも気になるのはオプション料金。ただでさえ引越しはお金がかかってしまうので、できるだけ無駄な出費は避けたいですよね。

ウォシュレットの取り外し・取り付け料金の相場は?

引越し業者でウォシュレットの取り外しや取り付けを頼んだ場合、およそ15,000円程度のオプション料金が発生します。この料金は、どの引越し業者でもさほど変わりません。

また専門業者に依頼した際の料金とも、それほど変わらないので、まとめて引越し業者に依頼する方が楽に作業を終えることができます。

ただ注意しておきたいのは、ニーズに合わせて使い分けることができるかという点。例えば、新居にはすでに新しいウォシュレットが用意してある場合、取り外し作業は必要でも、取り付け作業は必要ありませんよね。

ところが、ウォシュレットの取り外しと取り付けがセット料金になってしまっている場合、取り付ける必要もないのに料金だけは支払わなくてはいけません。

一方で、取り外しと取り付けが別料金で設定されている場合は、取り外し料金だけで無駄な出費を抑えることができます。

ウォシュレットの取り外しや取り付けを引越し業者に依頼する場合は、自分の状況に合わせた対応ができる業者を選択するようにしましょう。

そのまま置いていくという選択肢

新居ですでにウォシュレットが用意されている場合、現在のウォシュレットを取り外さずに置いていくという選択肢もあります。

もちろん家主さんとの話し合いのうえで決めることですが、もともとの便座がウォシュレットでない場合、そのまま置いていっても良いと言ってくれる家主さんもたくさんいるようです。

取り外し費用も掛からなければ、かなりのコスト削減になります。新居で必要がないウォシュレットであれば、一度家主さんに相談してみるのもいいかもしれませんね。

ページトップ