近くへの引越しと長距離引越しの違い

引越しは距離によって価格が違うというのは知られたことですが、業者によって得意な距離が違うということはご存知でしょうか。

同じ引越し業者でも、近距離は格安なのに長距離になると一気に価格が高くなってしまう。逆に近距離はさほど安くないけれど、長距離はお得になるという業者など、業者にも得手不得手があるのです。

それぞれ得意な距離の業者を利用することで、より安価な引越しが可能です。
どの業者が近距離と長距離のどちらを得意としているのか、まずはそれを知ることが大切です。

近くへ引っ越すなら地元の業者が安い場合も

一概には言えませんが、近距離を得意としている業者は、比較的小さな引越し業者です。
ではなぜ大手引越し業者よりも、中小引越し業者のほうが近距離を得意としているのでしょうか。

その理由はトラックの台数やスタッフの数と関係しています。
まず大手企業はトラックもスタッフもたくさん抱えています。これを維持していくには相当な費用が必要になるのです。

そこで一件一件の引越しが安価になってしまうと、どうしても採算が取れなくなってしまいます。
できれば高額の案件を引き受けたいと思っているため、近距離の引越しでも、見積もりが高くなってしまう傾向があるのです。

一方で中小の業者はトラック数も少なく、スタッフも少なくなります。
この数少ないトラックやスタッフを、長距離で長時間拘束されてしまうのは、中小業者にとっては大きな痛手です。
できれば近距離で多くの案件をこなしていきたいというのが本音。
そのため、近距離案件を格安にして、近距離の顧客を獲得しようと考えているのです。

特に近距離で最も安価になりやすいのは、地域密着の地元の業者です。
その地域にしかない引越し業者は、長距離の引越しを請け負うことはできません。
近距離でできるだけ多くの案件をこなしたいと考えているので、格安の見積もりを提示してくれるのです。

近距離引越しでできるだけ安い業者を選びたいのであれば、大手業者よりも中小業者を、特に地元に根付いた業者を選ぶことがお勧めです。

ただしあまりにも小さな引越し業者では、大型トラックが用意されていなかったり、クレーンや手吊り作業はできないなど、特殊なケースは対応していない場合があります。
もしも近距離であっても、特殊な作業を必要とする場合は、大手に任せてしまう方が安心です。

長距離の場合は大手業者の方が安心

では長距離の引越しはどうでしょうか。
長距離の引越しは、どうしてもスタッフやトラックを長時間使用して運ばなければなりません。
中小企業のようなトラックやスタッフが少ない業者では、長時間トラックやスタッフを拘束されてしまうことは致命的。
そのため、どうしても高額になってしまいます。

逆に大手企業であれば、常にトラックやスタッフがたくさん常駐しているので、長時間の引越しでトラックやスタッフを独占することになっても、それほど困りません。
そこで長距離の引越しは大手企業のほうが安くできるという傾向があるのです。

また長距離の移動には、荷物の輸送に航空機などを使用する場合もあります。
こういった手配はやはり大手業者のほうがしっかりとしています。
安心して任せられるという点でも、中小業者よりも大手業者のほうが、長距離引越しを得意としているということがわかるのです。

絶対に選んでいけないのは地元密着の引越し業者。
そもそも長距離を請け負うこと自体少ないかもしれませんが、万が一請け負ってくれたとしても不慣れな長距離移動はトラブルの元。
安心して任せることができません。

値段だけがすべてではない

近距離が安い業者と、長距離が安い業者について紹介してきましたが、安い=良いというわけではありません。
引越し業者は値段がすべてではないのです。

引越し業者に求められるもの、それは信頼です。
安心して任せられるのかどうか、満足のいく引越しができるのかどうか。
それが最も大切なのです。

家具や家屋に傷をつけられてしまう、人手不足で大型家具の移動が困難、接客態度や対応が悪いなどのトラブルが起こってからでは遅いのです。

業者選びはあくまでも信頼を重視して、値段だけで決めてしまわないように、慎重に選んでいきましょう。

ページトップ