新居で荷解きする前に簡単に掃除をしておこう

引越しの掃除は旧居だけではありません。
引越し後の新居も、残念ながら汚れてしまっていることもあります。

ハウスクリーニング済みであったり、新築物件を購入したとしても、引越しまでの間に埃が溜まってしまうのは仕方のない事。
まずは掃除しなければ快適に生活していくことはできないのです。
そこで今回は新居の掃除の方法やタイミングについて、まとめてみました。

最初に軽く掃除をしておけば快適!

新居の掃除は一番最初に行うのがベストです。
特に重要視したいのは、床・畳・壁など。
荷物を運びこんで、荷解きをしてしまったあとでは、掃除しようと思ってもしにくくなってしまいます。

そこで引越しのトラックが到着する前、もしくは大きな荷物を運び入れる前に、気になるところは手早く済ませてしまいましょう。
例えば洗濯機を載せる洗濯パンや、冷蔵庫や食器棚を置くスペースなどは、荷物を運び入れた後では掃除することができません。
業者にお願いして、荷物を搬入する前に軽く掃除させてもらいましょう。

引越し作業終了後は、キッチンやトイレ、浴槽などの掃除に取り掛かります。
このとき間違って荷解きを先にしてしまわないように。
荷物が散乱してしまえば、当然掃除はやりにくく、面倒になってしまいます。
必ず荷解き前に掃除を終わらせてしまうのがポイントです。

また新居に到着して一番にやっておきたいのが、お部屋の換気です。
新築物件やリフォーム物件は、どうしても独特のにおいが籠っています。
換気をしないとにおいで気分が悪くなってしまうこともあるので、到着したらすぐ換気を心がけましょう。

もし気になる点があった場合は写真を撮っておこう

賃貸物件に引っ越した際、どうしてもお部屋の不具合が発生している場合があります。
例えばガラス戸にひびが入っていたり、トイレの蓋が割れている、壁やフローリングが傷ついているなど、新築でない限りどうしても仕方ありません。

ただし、これらを放置してしまうのは絶対にNG。
このままにしておくと、自分が退去する際に、修理を請求されてしまう可能性があります。
まずは引っ越し時にきちんと大家さんに報告しておくこと。そして日付のわかる写真を写しておくことなど、退去時にトラブルに巻き込まれない努力が大切です。

また新築物件を購入した場合でも、工事の不具合などはどうしても起こってしまいます。
この場合は我慢せずに、速やかに建築会社に報告して、相応の対応を取ってもらうようにしましょう。
万が一遅れてしまうと保証外とされてしまう可能性もあるので、素早い対応が肝心です。

ページトップ