大手の引越し業者と地元の引越し業者ではどちらがいいのか?

引越し業者を選ぶとき、名前が通っている大手業者を選ぶべきか、地元で活躍している地元業者を選ぶべきか悩む人も多いでしょう。
確かにどちらにもメリットがあるので、決断を下すのは難しいかもしれません。
もしも迷ったら、自分が求めているものは何かということを重要視してみましょう。
そのためには、まず知ること。そこで大手業者と地元業者のメリットを比較してみました。

大手業者のメリット

全国に名前が知れ渡っているような大手業者のメリットは、とにかく大きいということです。
ここまで大きくなったということは、それだけ多くの人に信頼されてきた証とも言えます。
引越しにおいて信頼はとても大切。大事な家財を届けてもらうのですから、できるだけ信頼できるにこしたことはありません。

また会社が大きければ、当然トラックの数、スタッフの数、支店の数、何から何まで多くなります。
数が多いことで一日に消化できる件数も多く、作業員も充実しているので、作業がスムーズに運ぶというメリットがあります。
全国に支店があるので、長距離の引越しにも対応しやすくなります。
引越し先に支店があることで、作業の時間も大幅に縮小できてスムーズに進めることができるのです。

さらに特殊な引越しにも対応しやすいというメリットもあります。
例えば大型の家具をクレーンで吊り上げなければならないケースや、ピアノや骨董品、ペットなどの特殊な運搬技術を必要とするケースなども、社内に専門の部署があったり、専門業者と提携していたりなど、安心の対応が期待できます。

もちろんプランも充実しています。
ただ運搬だけをお願いするシンプルなプランから、梱包作業や荷解き、掃除や家電の設置まで、すべてをおまかせできるプランなど、色々なプランが用意されていて、必要に応じて利用することができます。
サービス面でも充実しているので、満足のいく理想的な引越しが期待できます。

地元業者のメリット

地元業者のメリットは、地元で活躍しているという点。
細かい裏道なども熟知しているので、引越し先がわかりにくい場所でも迷う心配がありません。

また融通が利きやすいのも大きなメリットです。
大手業者はスケジュール管理が徹底しているので、融通が利きにくい部分がありますが、地元業者はそこまできっちりしていないので、多少の融通には応じてくれるところもあります。
担当者だけでなく責任者にも連絡がつきやすく、細かい相談にも応じてくれるのです。

そして何よりも料金が安いのが最大のメリット。
小規模で活動しているからこそ、無駄な活動費がいらず、料金も安めに設定されているのです。

ただ地元業者は値段の上下が激しいという特徴もあります。
閑散期には思い切った値下げをして、大手業者に比べるとかなり安くなるのですが、繁忙期や長距離引越しとなると、途端に値が上がってしまうこともあるので注意が必要です。

それぞれに向いている引越し例

大手業者と地元業者のメリットを比較して、それぞれどのような引越しに向いているのか、例を挙げてみました。

<大手業者に向いている引越し>

・大家族で荷物の多い引越し
・長距離の引越し
・特殊な運搬が必要な荷物がある引越し
・荷造りや荷解きまでお任せしたい引越し

<地元業者に向いている引越し>

・近距離の引越し
・大型家具・家電のみの引越し
・閑散期の引越し
・作業に融通を利かせたい引越し

一括見積もりが重要

上記に挙げた例は、必ずしも当てはまるというわけではありません。
長距離でも地元業者が安くなるケースもありますし、閑散期でも大手業者が安くなることもあります。

具体的な料金は実際に見積もりを見ないとはっきりとわかりませんし、相見積もりをかけることで料金は全く違う結果になってきます。

自分たちの引越しがどちらに当てはまるかを気にするよりも、まずは一括見積もりで色々な業者から見積もりを取ることが重要です。
自分に合った業者を探し出すためにも、一括見積もりサイトをうまく活用していきましょう。

ページトップ