ベッドや食器棚など大きな家具の梱包について

引越し作業の中でも梱包作業は特に骨の折れる作業。
梱包作業を業者にお任せしてしまえば楽に済みますが、その分料金は割高になってしまいます。
ほとんどの人が自分で梱包するのが一般的です。

中でもベッドや食器棚などの大型家具の梱包はとても大変です。
何をどうすればいいのかわからないと戸惑ってしまう人も多いのではないでしょうか。
そこで今回は大型家具の梱包についてまとめてみました。

大型家具の梱包は業者にまかせよう

自分で梱包するプランを選択していたとしても、大型の家具や家電は業者が梱包してくれるのが一般的です。
無理に分解したり段ボールに詰め込む必要はありません。

ただ一つ注意したいのが、分解する必要があるのかどうか、さらに分解できる家具なのかを確かめておく必要があります。

例えば日本製の家具を使用している場合は、ほとんど分解と組み立てが自由にできるように設計されています。
ところが海外製のものは一度組み立てたら分解できないものや、分解してしまうと組み立て直せないものなど、引越しに適さない家具もあるのです。

いざ業者が来た時に分解できなかったとわかると、追加料金を請求される可能性もあります。

大型家具がある場合は、まず下見の際に分解できるかどうかを、あらかじめ確かめてもらうことがお勧めです。

また家具の分解を望まないという人もいるかもしれません。
確かに家具を何度も組み立て直すことは、劣化につながる恐れもあります。
どうしても分解せずに運んでほしいという場合は、見積もりの際にその旨を伝えておきましょう。

ただし分解せずに家具を運ぶという行為は、クレーンなどの特殊な方法が必要となるため、その分料金が割高になってしまうので注意が必要です。

自分でしなければならないこと

大型家具の梱包は業者が引き受けてくれるとはいえ、自分でしなければならないこともいくつかあります。
これをしていなければ引越し作業が大幅に遅れてしまったり、追加料金を請求されてしまうこともあるので、しっかりと確認しておきましょう。

中身をすべて出しておく

大型家具の中に入っているものは、すべて出しておくのが常識。
中身を入れたまま運んでくれれば、引越しが楽に進むことはわかりますが、中身が入ったまま家具を運ぶことは色々なリスクが伴います。

例えば中で物が破損してしまったり、引き出しから中身が飛び出してしまったりなど、不必要な事故が発生してしまうかもしれません。

衣類やタオルなどの柔らかいものだとしても、すべて出して別の段ボールに梱包するように心がけましょう。

布団やマットは取っておく

ベッドの場合でも、布団をのっけたままで運んでくれる引越し業者は、まずありません。
布団は布団袋へ、ベッドマットはマットのみで運ぶのが基本。
きちんと引越しまでに布団やマットを取って、別梱包しておきましょう。

また引き出し付きのベッドの場合も、引き出しの中身をすべて出しておくことを忘れないようにしましょう。

保険の確認

引越しにはどうしても事故がつきものです。
例えば家具や家電を破損してしまうという不測の事態も起こります。
引越しプランにはこういったトラブルに対応してくれる保険が、必ずセットされています。

ただ、保険には上限があり、高級な大型家具の場合は保障が足りない可能性もあります。
そこで保険の上限額をチェックして、もしも足りないと感じたら、自分自身で保険をかけておくなどの工夫も必要です。

写真を撮っておく

引越しで家具に傷がついてしまうというトラブルは、とても頻繁に起きています。
引越し業者も人なので、ミスがあることは仕方のない事なのです。

とはいえ、傷をつけた分はきちんと補償してもらうのが当たり前。
損害を受けた分はきっちり請求したいところです。

ところがいつどこでついた傷かわからない場合、すんなりと補償してもらえなかったりします。
特に運んでいるスタッフも気づかないうちに傷つけてしまった場合、「傷をつけた」「つけてない」の押し問答になってしまいます。

そこであらかじめ家具の写真を撮っておくのがお勧め。
もしも写真にはない傷が増えているのであれば、たとえスタッフが傷つけた記憶がなくても、動かぬ証拠となります。

トラブルを防止するためにも、大切な家具は引越し前に写真に収めておきましょう。

引越し先が遠い場合は買い直すのもあり

大型の家具を業者に運んでもらうということは、その分引っ越し費用は高くなるということです。
特に引越し先が遠方の場合は、かなりの料金を取られてしまいます。

どうしても思い入れのある家具であったり、高級な家具なら仕方ありませんが、そうでない場合は処分を考えるのも一つの手です。

例えば一人暮らしで、ベッドさえなければ単身パックに収まるという場合や、無理やりベッドを運ぶよりも、ベッドは処分して引越し先で新たに買い替えるほうが安く済む場合もあります。

また不要になった家具はリサイクルショップなどで売却もできるので、新しい家具の買い替え費用の足しにすることもできます。

もったいないからと言って、すべての荷物を運ぼうとすれば、逆にお金がかかってしまうこともあるので、臨機応変に対応することが大切です。

処分=捨てる、捨てるのはもったいないという悪循環で損をするよりも、処分=必要な人へリサイクルと考えて、できるだけお得な方法を見つけていきましょう。

ページトップ