銀行、 郵便局などに関する手続き

引越しに伴い、住所の変更手続きをしなければならないものはたくさんあります。
銀行や郵便局、生命保険や自動車保険など、ついつい忘れがちな変更手続きをまとめてみました。
これらの手続きを忘れてしまうと、いざという時困ったトラブルに巻き込まれてしまうかもしれません。
きちんと確認して、しっかりと手続きを行っていきましょう。

銀行に関する手続き

銀行で口座を開設している場合、引越し後もその銀行を使えるかどうかを確認する必要があります。
全国展開している銀行の場合は問題ありませんが、地方銀行の場合は引越し先に支店がない可能性があるのです。

引越し先にも支店がある場合

引越し先にも銀行の支店がある場合は、そのままの口座で住所変更だけを行います。
引越し先の支店に出向き、住所が変更した旨を伝えます。
このとき、通帳、印鑑、住民票、身分証明書などが必要になる場合があるので、あらかじめ用意してから出向くようにしましょう。

また口座開設の支店自体を変更したい場合は、その旨を伝えれば口座を新しい支店に引き継いでくれます。
どちらも手続きはとても簡単なので、引っ越したらすぐに終わらせるようにしましょう。

引越し先に支店がない場合

引越し先に支店がない場合は、そのまま口座を使い続けることは難しくなります。
他銀行のATMで入出金はできますが、手数料がかかってしまったり、通帳記入ができないなどの問題が発生してしまいます。

そこで銀行の支店がない場合は、現在の口座を解約して、新しく口座を作り直しましょう。
現在の口座を開設している銀行に出向き、引っ越しに伴い口座を閉設する旨を伝えます。
そして引越し後、新たに希望の銀行で口座を開設します。

少し手続きが面倒ですが、新居で快適に生活するために、きちんと済ませておきましょう。

郵便局に関する手続き

住所の変更は郵便局にも届け出なければなりません。
郵便局で転居届を提出することで、1年間は旧居あてに送られた荷物が新居に届けられます。

色々な住所変更は引越しと同時に完了するものではありません。
順番に手続きを進めるので、どうしても変更が遅れてしまう場合もあります。

そんな時、郵便物の転送サービスはとても重要です。
これを忘れてしまえば、旧居に郵便物が届いてしまい、個人情報の漏洩にもつながってしまいます。
引越ししたらできるだけ早く、最寄りの郵便局で転居届を提出しましょう。

クレジットカードに関する手続き

クレジットカードに関しても早めに手続きをすることが大切です。
住所変更をしないままだと、カード明細や新しいカードなどが旧居に届き、大変なトラブルを引き起こしてしまう可能性もあります。

クレジットカードの住所変更は、カード会社に電話をするだけで完了できます。
また最近ではインターネットで手続きを行えるカード会社も増えているので、簡単に住所変更ができてしまいます。
とても簡単な手続きなので、引越ししたらできるだけ早く手続きを終わらせるようにしましょう。

保険に関する手続き

生命保険や自動車保険に加入している場合は、それぞれ住所変更を行う必要があります。

住所変更は、保険の担当者に連絡すればすぐに行ってくれます。
担当者がわからない場合は、保険会社に直接連絡しても大丈夫です。

またネット保険の場合は、インターネット上の手続きとなります。
保険のサイトにアクセスして、住所変更を行いましょう。

定期購入に関する手続き

食料や飲料、サプリや化粧品など、定期購入を申し込んでいる場合も、早めに住所変更しなければなりません。
忘れてしまうと料金は払っているのに、品物が届かないなんてトラブルも起こってしまいます。

また引越し先がサービスの対象地域であるかどうかを確認することも大切です。
地域ごとに展開しているサービスに場合は、引越し先は担当エリア外になってしまうこともあります。
引越し先が宅配エリア外の場合、解約手続きが必要なので早めの確認が必要です。

定期購入の場合は引越し後に手続きするのではなく、引越し前に担当者やサポートセンターなどに連絡して、引越し後も購入を続けられるかどうかを一度確認してみるようにしましょう。

ページトップ