不動産業者(営業マン)を決める際に注意したいこと

マンションの売却を依頼する不動産業者を選ぶ際には、少なくとも3社くらいから話を聞いて決めるようにしましょう。
マンションを買う場合には、色々な物件を見て廻って決める人が多いのですが、売る場合には1社の不動産業者と話をしただけで、その業者にすんなり決めてしまう人が多いのが現実です。

マンションを売却する場合も、購入するときと同じように色々な業者の話を聞いてから、信頼できる業者を決めることで満足度の高い売却が可能になります。

そこで今回は、マンション売却を依頼する業者選びのアドバイスをしていきたいと思います。

不動産業者から得た情報を他の業者に話さないこと

同時に複数の不動産業者に査定依頼をしている場合、他の業者に情報を話さないようにしましょう。
例えばA社の査定価格が2500万円だったとして、そのことをB社に話してしまえば当然B社はA社の査定価格を意識した提案をしていくることが想像できるからです。
これでは公平な査定をしていることにはなりませんし、明らかに先に査定額を提示したA社が不利になってしまいます。

これは査定価格に限ったことではありません。A社が仲介手数料を半分にするという提案をしてきた場合なども同じです。
最終的にはA社やB社などの査定を受けて、その内容に基づきながらA社やB社と交渉していくのが一般的です。
ですので、当初の査定段階では他の業者の情報を伏せて査定を出してもらうようにしましょう。

査定依頼をしている全ての業者からの回答を得た時点で、各業者に対してA社はこのようなサービスを提案してくれたけど、御社でも同じようなサービスは可能ですか?というように交渉していくようにしましょう。

「不動産は営業マンで選べ」は本当に正しいのか?

別記事の「不動産業者(営業マン)を決める際に注意したいこと」でも少し書きましたが、新築マンションを購入するのであれば、営業マンの質はあまり関係ありません。
新築マンションの場合、モデルルームへ行けばパンフレットや間取り図面などは揃っていますし、基本的な保証やアフターサービスの内容も販売会社ごとに明確な規定があります。

しかし、これが中古マンションになると話は別です。
中古マンションの場合、「査定価格・販売戦略・広告活動」という3本柱は営業マンに一任されているケースが多いのです。
つまり営業マンによって査定価格も違ってくれば、広告活動や販売戦略にも大きな差が生まれることになります。
そうなれば当然の結果として、経験や知識(スキル)が豊富な営業マンに担当してもらった方が確実に良い成果が期待できます。

数千万円という特別な買い物ですから、売る側も買う側も「愛嬌が良い」や「誠実」というだけの営業マンでは心底信頼することはできません。
やはりそれなりの経験と知識を持っている営業マンに担当して欲しいというのが本音なのです。

完璧な知識がない営業はダメな営業なのか?

どんなことを尋ねても即座に答えてくれる営業マンが優秀な営業マンなのでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。
いくら経験豊富な営業マンといっても、やはり知らないことだったり、即座に答えることができない場合もあります。

不動産は建築に関する知識は当然ですが、他にも「住宅ローン」「減税・相続」「地震や台風の災害」「太陽光発電」「健康被害」など、いろいろな知識が必要な業種です。
当然その営業マンが知らないこともあるでしょう。
しかし、営業マンのなかには知らないことでも「当然知っていますよ」という態度をとる方がいます。それよりも「すいません、わたしの知識不足で解らないです」と素直に答えてくれる営業マンのほうが好感が持てます。

なんでもかんでも「すいません、知りません」ではダメですが、それなりの知識を持ち合わせつつ、知らないことは知らないと素直に言ってくれる営業マンの方が人間味があり好感が持てます。

さらに欲をいえば「すいません、知りません」だけでなく、「私の知識不足で今は回答できませんが、社に戻り次第調べて回答させて頂いてもよろしいでしょうか?」といってくれる営業マンだと100点ですね。
このとき、どれくらいの時間内に回答してくれるかも営業マン選びの基準にすることができます。「後ほど回答します」と言っていたにも関わらず、数日経っても連絡がない営業マンはダメです。
当日中の回答が理想ですが、遅くても翌日までには回答の連絡が望ましいです。

わたしのなかで一番信頼できない営業マンの例を紹介しておきます。

お客様「住宅ローンがまだ残っているのですが、それでも売却できますか?」
営業マン「大丈夫ですよ」

お客様「転勤までに売却したいのですが大丈夫ですか?」
営業マン「任せてください!」

何処が問題なのかわかりますか?
わたしは何でもかんでも「大丈夫です」や「任せてください」という言葉だけで片付けてしまう営業マンほど信頼できないと思ってしまうのです。
何一つ具体的な解決策を提示せず、ただ「大丈夫です」や「任せてください」を繰り返すだけの営業マンは、一見すると頼りがいがあるように思われがちですが、根拠のない「大丈夫です」や「任せてください」ほど信用できないものはありません。

〜まとめポイント〜
・マンション売却の場合も複数の会社に話を聞いてから付き合う業者を決める
・複数の業者に査定依頼している場合は、他の業者に情報を漏らすと公平な査定が期待で 
 きなくなる
・新築なら営業マンの質はあまり関係ないが、中古物件の場合は営業マンの質が大きく関  
 係してくる
・知らないことは知らないと素直に言ってくれる営業マンのほうが信頼できる
・「後ほど回答します」と言われた場合は、回答までの時間も計っておく

高く売りたい人必見!仲介業者選びの2大ポイント

賃貸でマンションを貸すのと売るのはどちらが得か?

不動産業者による「買取」は損か得か?

あなたの売却理由に合わせた達人のアドバイスをチェック!

  • 住み替えのために売りたい
  • 資産整理のために売りたい
  • 住宅ローンが支払えないから売りたい
  • 引っ越し、転勤のために売りたい
  • 離婚のために売りたい
  • 相続したが不要なので売りたい
ページトップ