3ヶ月以上経過しても売れなければ値下げを考える

中古マンションを売り出してから、買い手がみつかるまでの期間は平均すると2ヶ月程度だというアンケート調査があります。
ですので、マンションを売りに出して3ヶ月が経過してもいっこうに買い手がみつからない場合は、売り出し価格の値下げを検討する時期に入っています。

しかし値下げをする前に、もう1度よく検討してみることをオススメします。

・本当にマンションを売るための努力をしましたか?
・もう他にやり残している対策はありませんか?

この2点を再度検討してみてください。
もちろんあなただけではありません、売却を依頼している不動産業者の営業マンと一緒に考えてみましょう。

  • オープンハウスなどは行ったか?
  • 他社への宣伝活動は十分だったか?
  • 売却情報は十分に広がっているか?
  • 不動産業者が連れてくる内覧には協力的だったか?
  • 内覧者が訪問する際の準備は万全だったか?

このようにあらゆる面から再検討し、それでも他に対策がないのであれば値下げも仕方ありません。
どんどん値下げをすれば、いつかは必ず売れます。
しかし、値下げというのは最終手段であることを忘れてはいけません。

値下げの前の必ずやっておくこと

売り出し価格の値下げを決定したのであれば、値下げを実行する前に必ずやっておくことがあります。

それは、これまで内覧に来られたお客様への再アプローチです。

以前に内覧に見えられているお客様は、少なからずその物件に興味をもっている方ばかりのはずです。つまり、あなたの物件を購入してくれる可能性が最も高いお客様であるということです。

現時点で2500万円で売りに出している物件を2350万円まで値下げすることを決めたとしましょう。この場合、値下げする前に内覧済みのお客様へ再アプローチすることを不動産業者にお願いしてください。

このときの注意点としては金額に多少余裕をみて伝えてもらうことです。
2350万円に値下げすることを決定しているからといって、そのまま2350万円という金額を伝えてもらうのではなく、2400万円で再交渉してもらうのが鉄則です。

これには2つの理由があります。
1つ目は単純に2500万円で興味をもってくれたのだから、2400万円で売れれば御の字という考えです。
そして2つ目の理由が、仮に再アプローチしたお客様から値下げの交渉をされても対処できる点です。

値下げのタイミングや値下げ額などについては、別記事の「マンションの適切な売値設定、値下げのタイミング」と「マンションの販売価格を下げる時のコツ」で詳しく説明していますので参照していただければと思います。

高く売りたい人必見!仲介業者選びの2大ポイント

賃貸でマンションを貸すのと売るのはどちらが得か?

不動産業者による「買取」は損か得か?

あなたの売却理由に合わせた達人のアドバイスをチェック!

  • 住み替えのために売りたい
  • 資産整理のために売りたい
  • 住宅ローンが支払えないから売りたい
  • 引っ越し、転勤のために売りたい
  • 離婚のために売りたい
  • 相続したが不要なので売りたい
ページトップ